シュートボクシング
レポート

【シュートボクシング】未奈がKINGレイナの挑戦を退ける、MISAKIはタイトルマッチ前哨戦に快勝、ユリカが杉本恵に判定勝ち

2021/07/29 19:07
【シュートボクシング】未奈がKINGレイナの挑戦を退ける、MISAKIはタイトルマッチ前哨戦に快勝、ユリカが杉本恵に判定勝ち

SHOOT BOXING Girls S-cup2021 -road to tournament-
2021年7月29日(木)東京・浅草花やしき・浅草花劇場

▼第5試合 65.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級王者)
判定3-0 ※29-28、30-29×2
×KINGレイナ(フリー)

 未奈は女子大生ファイターとして2010年10月にプロデビュー。“東北の剛腕美女”の異名を持ち、女子離れしたパンチ力で連続KOを飾ったとともにその端正なルックスでも注目され、雑誌グラビアを飾ったこともある。2011年8月からはSBを主戦場とし、対戦相手を“フルボッコ”にするスタイルで現在6連勝中、戦績は15勝(5KO)8敗。昨年11月のSB日本女子ライト級初代王者決定戦でホーストカップ王者・溝口孝湖に圧勝し、悲願であったSB王座に就いた。今回が王者としての初戦となる。

 これまで杉山しずか、藤野恵実など国内MMAトップファイターとSBルールで戦って勝利を収めているほか、2018年の『GirlsS-cup』ではペットローイエットとMMAルールの試合を行って初回TKO勝ちを収めている。



 レイナは小学校1年生から柔道を始め、インターハイ東京予選女子70kg級3位などの戦績を残し、サンボでも2015年にプーチン大統領杯全日本選手権大会にて女子68kg級で優勝。2016年11月にMMAデビュー後は、DEEPJEWELS、RIZINの女子重量級戦線で活躍。デビューから7連勝を飾ったが、前戦では6月に東陽子と激闘の末に敗れた。MMA戦績は12勝4敗。SBのリングには、2018年8月の『GirlsS-cup』に参戦したことがあり、韓国のキム・ヨンギを相手にシュートボクシングルールでバチバチの殴り合いを見せて判定勝ちしている。また、キックボクシングルールでも熊谷麻理奈と1勝1敗。


 1Rが始まると同時に打ち合う両者。さっそくレイナが投げを狙うがこれは未奈が防ぐ。未奈は右ローを蹴り、レイナが蹴り返してくると右ストレート。終盤、未奈の右ストレートで大きく仰け反るレイナ。

 2R、左右ストレートで前進する未奈に組み付くレイナだが、なかなか投げの体勢に持ち込めない。未奈は左右の連打で突進すると肩固めの体勢になるが、レイナが投げで返す。またも未奈のワンツーに仰け反るレイナ。素早い投げで未奈を投げるが高さが足らずシュートポイントにはならず。


 3R、未奈が前蹴り、右フック。レイナの右フックで未奈がバランスを崩すが、これはスリップ判定。すかさずパンチを連打したレイナが投げに行こうとすると、未奈がしゃがんでしまいイエローカードが提示される。レイナの右フックへワンツーを返す未奈。レイナに組まれると未奈は倒れてしまう。スタンドでは未奈がワンツー、左右フックをほぼガードしないレイナに浴びせる。レイナは構わず組み付いて投げを狙ったが、投げることはできず時間切れ。

 判定3-0で未奈がSBの牙城を守る結果となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事