MMA
レポート

【修斗】SASUKEが工藤諒司を下し世界王者に! 女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦・SARAMIが中村未来をTKO、黒部と対戦へ。バンタムで中村倫也が論田愛空隆を左ハイKO!

2021/07/25 17:07
プロフェッショナル修斗公式戦 2021年7月25日(日)後楽園ホール ▼メインイベント 第8試合 世界フェザー級チャンピオン決定戦 5分5R〇SASUKE(同級1位・環太平洋王者/マスタージャパン東京)[5R判定2-0] ※48-47×2、47-47×工藤諒司(同級7位/TRIBE TOKYO MMA)※SASUKEが新世界王者に  メインイベント(第8試合)にて、「世界フェザー級チャンピオン決定戦」(5分5R)として、環太平洋王者のSASUKE(同級1位・マスタージャパン東京)と、7連勝中の工藤諒司(同級7位/TRIBE TOKYO MMA)が対戦する。  前王者で現RIZINフェザー級王者・斎藤裕が、2021年3月末付けでベルトを返上したたため、空位となっていた王座を両者が争う。  SASUKEは、MMA8勝1敗1分。2016年12月に山本健斗デリカットに判定負けしたが、2019年11月に判定勝ちでリベンジ。2021年1月の前戦では内藤太尊を2R リアネイキドチョークで極めるなど、6連勝中だ。  対する工藤は、MMA10勝1敗1分。2020年12月の前戦では、2年前に判定負けした唯一の黒星の相手・山本健斗デリカットにも左右ラッシュで1R4分28でTKO勝ちで雪辱を晴らし、7連勝をマークしている。  右手前腕尺骨骨折から怪我を繰り返し、長期欠場を経ての覚醒。「世界」に王手をかけた環太平洋王者は、対戦相手の工藤についてインタビューで、「必ずどこかのタイミングで当たると思っていた。危険な匂いがする選手。技術、メンタルを超えた所で強い、生物的な強さを感じる」と評価。  試合展開を「向こうは序盤から飛ばしてくるでしょうね。でも僕は長く戦うつもり。僕は後半にかけて調子を上げていくタイプで、しんどい勝負もどんと来いという気持ちでいます」と、5分5Rで競り勝つ自信を語っている。  一方の工藤も、インタビューで「特に組際の強さは自分が勝っていると思う。もつれた展開になると僕が上回れる。この勝負は先に隙を見せた方が負ける」と語る通り、ひとときも気の抜けない試合になることは間違いない。 「僕の強みはグランドでもスタンドでも勝負できる所です。穴を見つけたら、そこをどんどん突いていく」という“格闘忍者” SASUKEは、「皆さんの期待、想像を越える選手にならなければならない」と、抱負を語った。  1R、金髪を編み込んだSASUKE。工藤も顎髭を蓄えて試合に臨む。ともにオーソドックス構え。右を振る工藤。かわすSAUSKE。工藤は右から左、SAUSUKEは時折スイッチし、オーソに戻す。その前足に工藤は左ロー、右ジャブ。SAUSUKEも右ローを当てる。慎重な5R制の1R。SAUSUKEのローに右を合わせる工藤。SAUSKEも跳びヒザ狙い。ワンツーの右を当てた工藤は詰めて来たSAUSUKEにバックフィスト! さらにショートの右でダウンを奪うもブザー。  2R、左の関節蹴りを見せる工藤は、前手の左フックも。SASUKEの詰めに左回りの工藤。工藤の左の蹴りの打ち終わりに右ミドルはSAUSUKE! 大きな右フックはSAUSUKEもかわす工藤。SASUKEはさらに右のバックフィストをガード上に当てる。ジャブのダブルから右を見せる工藤は右ローをヒット。さらに飛び込みの左フック。かわすSASUKE。  3R、右フックで跳びこむSASUKE。工藤も上下にローまで繋ぐ。まだ互いに遠い間合い。初めてSASUKEが低いダブルレッグも切る工藤。左ハイをガード上に当てるSASUKE。さらに左の関節蹴りを前足に、左インローも当てる。ワンツーから右を当てるSASUKEは組んで2度、首相撲からこかす! 立ち上がる工藤。前足に左ローはSASUKE。さらに蹴り足を掴んでこかし組みの強さを見せる。徐々に環太平洋王者のラウンドに。  4R、右ローのSASUKE。そこに右ストレートを狙う工藤。さらに詰めはSASUKEが断ち切る。左ローを返す工藤。さらに右ローも。ワンツーの右を伸ばす工藤だが、かわすSASUKEもパンチの押し返し。常にセンターを取るSASUKEに左回りの工藤。ローを打つがSASUKEは巧みな首相撲ヒザ蹴りに、工藤は離れる。左ロー・右ロー、さらに右フックは工藤!  5R、上から右ローに繋げる工藤。詰めるSASUKEは右クロスから首相撲。離れる工藤。SASUKEは右ロー! さらにワンツーの右! ダブルレッグテイクダウンはSASUKEだが、工藤もすぐに立ち上がり。工藤は左ローを3つ当てる。さらに右ロー。工藤の右が頭をかすめる。右のクロスはSASUKE。SASUKEの入りに下がりながら工藤も右を合わせに行く。スリリングな5Rはブザー。判定へ。最終RにSASUKEはテイクダウンを奪っている。  判定は試合をコントロールしたSASUKEが2-0(48-47×2、47-47)で勝利。修斗世界フェザー級新王者に輝いた。  試合後、ベルトを手にした新王者は、「試合は勝ったんですけど、やっぱり弱い自分が出たなと、口では強がっても、少し慎重になりすぎたなと。勝ちを拾って修斗のチョンピオンになりましたが、これで修斗のチャンピオンでは舐められる。運よく勝ったと思います。ネガティブな言葉ですが、今日は反省だけです。残って応援してくださった皆さん、期待にそえずすみません。ゼロから出直してきます。応援、ありがとうございました」と唇を噛み締めて、ケージを後にした。 [nextpage] ▼セミファイナル 第7試合 女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦5分3R〇SARAMI(同級2位/パンクラスイズム横浜)[2R 2分48秒 TKO] ※バウンド×中村未来(同級4位/マルスジム)  女子スーパーアトム級世界王者“女王”黒部三奈への挑戦権をかけて、SARAMI(同級2位/パンクラスイズム横浜)と中村未来(同級4位/マルスジム)が対戦する。  SARAMIは、2020年11月の修斗初戦でインフィニティリーグ優勝者の杉本恵と対戦し、試合開始から杉本に付け入る隙を与えず、1Rに得意の腕十字で切って落とした。ONEウォリアーシリーズへの参戦や国内外で得た様々な経験を十二分に発揮した結果となった。その後、2021年3月のQUINTETでも吉田綾子を腕十字に極めるなど、組み技の強さを見せている。  対する“北のストライカー”中村未来は、出入りの早い鋭い打撃を得意とするサウスポーファイター。2021年は2月に平田樹に2RにTKO負けも、5月に行われた北野きゅう戦ではシャープなパンチで何度も顎を揺らし2R TKO勝利で再起を遂げている。  組みの得意な選手が多い女子MMA界において、倒せる打撃を持つ中村は希有な存在といえよう。“打投極”のバランスに優れたコンプリートファイターのSARAMIと、組ませずに打ち勝つスタイルを確立しつつある中村。女王・黒部とSARAMIの3度目の対戦はあるのか? それとも中村がタイトルに王手を掛けるのか? それぞれの個性がぶつかり合う次期挑戦者決定戦に注目だ。  1R、サウスポー構えの中村に、オーソドックス構えのSARAMI。中村の右ミドルをつかみ金網に押し込むSARAMI。ボディロックからの崩しに倒れないとみるや、内股で投げてテイクダウン。北岡のように首を抱えてのパス狙いも立ち上がる中村。  すぐに詰めて右で小手に巻き押し込むSARAMI。左差しの四つに持ち込む中村。SARAMIの崩しを残して右前腕を喉元の押し付けて離れる。前手のフックを狙う中村。かわすSARAMIは左ローを前足に。さらに右前蹴りで崩して組んで押し込む。  2R、右で飛び込みつかんで右足で払いこかすSARAMI! ハーフから右で枕に巻きパス、マウント&パウンド。背中を見せた中村のバックにつき、正対際にグラウンドでボディロック。さらにマウントを奪い、パウンド。背中を見せて立とうとする中村の両足を伸ばしてバックマウントからパウンド連打! 打たれるままの中村を見て、レフェリーが間に入った。予告通り、SARAMIが差を見せての一本勝ち。  試合後、ケージインした女王・黒部三奈は、練習仲間でもあるSARAMIに、「SARAMIちゃん、おめでとう。今日は泣かないの? このベルトが欲しい? あげない! 私は格闘家で趣味も格闘技の鉄の女です。もしかしたらハニートラップをしかけかられたらなびくかもしれないけど(笑)。SARAMIちゃんとは3回目になります。お互いレベルが上がって、チャンピオンシップではいい試合をしましょう。ブッ飛ばしにいきます」とベルトを肩にマイク。   挑戦権を得たSARAMIは「黒部さんのベルトを特別狙って修斗に来たわけじゃないですが、気楽に戦った方がいい試合ができるかと。黒部さんは……ベルトがあるから彼氏が出来ないのかなって」と返した。 「たしかに格闘技の神様は嫉妬深いからなあ。一途な私を好きなんだ」と言う黒部に、SARAMIは「私は彼氏もいて、私生活も充実したチャンピオンになりたいと思います!」と強烈な挨拶。その言葉に黒部は「マジ、ブッ飛ばす!」と激闘を告げるのであった。 [nextpage] ▼第6試合 バンタム級 5分2R×論田愛空隆(心技館)[2R 0分20秒 KO] ※左ハイキック〇中村倫也(LDH martial arts)※デビュー戦 2017年U-23世界選手権フリースタイルレスリング61kg級覇者の中村はプロ修斗デビュー戦。シューティングジム大宮を運営した中村晃三氏を父に持ち、LDHの格闘家オーディション「LDH FIGHTER BATTLE AUDITION」に参加。最終審査まで勝ち上がる姿がABEMA『格闘DREAMERS』で配信されるなど、実力を見せている。  オーディションで総監督を務めた高谷裕之、元UFC・現ONE Championshipで活躍中の岡見勇信から与えられる様々な課題を乗り越え、200名を越える応募の中から専属プロ契約を勝ち取った中村は、トライアウトの最終審査となった試合ではプロシューターの新井拓巳を僅か42秒左フックで下している。  メインを見事に締め、自ら志願して挑んだトライアウトで再びLDHとのプロ契約を勝ち取った中村は、修斗と深い縁がある。中村の父である故・中村晃三氏は90年代後半、修斗黎明期を陰から支えた人物で、修斗の中枢を担うセントラルジムの設立から、選手の育成、バーリトゥードジャパンの開催に至るまでその功績は多岐に渡った。  生まれた頃からトップファイターに囲まれ、遊び場所はジムという環境で育った中村は、幼少期から格闘技の基礎となるレスリングを始め、全日本選手権2連覇、U-23世界選手権優勝など世界のトップレスラーとして活躍してきた。  そして2020年からMMAの道を歩み始め、類い稀なる格闘センスで見事にアジャストしている。そんなスーパールーキー中村のデビュー戦の相手は“鋼の拳”論田愛空隆に決定した。論田は修斗を主戦場としながら、ONE Warrior Seriesでも活躍するインターナショナルファイター。米国留学中にはアライアンスMMAでトレーニングを積み、現在のスタイルの礎を築いた。  同地で『格闘DREAMERS』でヘッドコーチを務めた岡見勇信とも出会っており、こちらも浅からぬ因縁を感じないわけにはいかない。論田は2018年5月に修斗で岡田遼に敗れた後、「ONE Warrior Series」(OWS)でモンゴルのシネチャグッガ・ゾルセセグ、米国のマイケル・ウォーカーに連敗。2020年11月に1年3カ月振りに修斗復帰戦に臨み、石橋佳大とスクランブル合戦を繰り広げるも、判定負け。強豪相手に4連敗となっている。  既に大器の片鱗を見せる中村倫也と、キャリアで勝る“逆輸入ファイター”論田愛空隆が7月25日、修斗バンタム級に新たな扉を開けるか。  1R、中村のセコンドには高谷裕之、サウスポー構えの論田の前足に右ローは中村。左で差してテイクダウン狙いの論田をがぶる中村。亀からの立ち際を右でパウンドする。金網に詰め、右でさして小外でテイクダウンは中村。左で小手に巻き立つ論田。  中村のシングルレッグにバックを狙う論田だが、回らせずにテイクダウンしバック奪う中村。しかし立ち上がる論田をなおもテイクダウン、上体を金網に立てる論田をそのままマウント。  バックマウント、リアネイキドチョーク狙いも後ろ手を掴んだ論田は腰をずらして正対。そこを再びマウントに、背中を見せる論田のバック、腕十字狙いもブザー。  2R、中村は左ロー、そこに右ストレートを合わせる論田。中村は鋭い右ジャブを刺し、左ストレートで前へ。近づいて首相撲にとらえ、論田の頭を下げさせると、その放し際。論田が左ジャブを突いて前傾になったところに中村は左利きの左足でハイキック! 論田が崩れ落ち、試合は決した。ケージの中で中村は「モノが違うと言われていましたが、モノは違うくない。運動能力高くないんで、凡才なのは自分が一番分かっています。Vにもある通り、ここが『地獄の入り口』だと思っているので頑張ります。始めて1年ちょいとしてはいいんじゃないですか。これからめいっぱい精進していきます。お父さん、ありがとう!」と語った。 【関連記事】中村倫也インタビュー、レスリングからMMAの頂きへ [nextpage] ▼第5試合 ライト級5分2R×エドモンド金子(BRAVE)[判定3-0]※20-18×3○岡澤弘太(佐山道場) 5月後楽園ホール大会でも話題となった佐山道場勢が再び修斗に参戦する。  前回大会では平沼ヤマトが柔道トップレベルの実力を十二分に発揮し、アマチュア修斗のトップファイター村山大介を相手に組み技以外でも積極的な打撃を見せ、判定勝利。そのポテンシャルの高さを披露している。  今大会では、岡澤弘太(佐山道場)の参戦が決定。岡澤はこれまでにPANCRASEやZSTなどの国内プロモーションで29戦のキャリアを誇り、シュートボクシングでアンディ・サワーとも対戦(1R KO負け)している。またZSTのグラップリングマッチ「GT-F ライト級トーナメント2008」では後の修斗世界王者の川名雄生を腕十字で破っており、今回佐山道場移籍第一戦でどんな試合を見せるか。  迎え撃つエドモンド金子(BRAVE)も約3年ぶりの修斗復帰戦。相撲仕込みの四つ組みの強さと腰の重さ、乱打戦にも付き合うタフさを武器に派手な選手ではないが最後まで諦めずに戦うエンドレスファイトを繰り広げている。 差し合いになった時が勝負の分かれ目となるだろうが、押さえ込みからのサブミッションは柔道二段、柔術黒帯の岡澤が有利だろう。スタンドでエドモンドが乱打戦に持ち込んだ時に試合がどう動くか。岡澤の佐山道場仕込みの打撃にも注目したい。  世界王者・川名雄生を筆頭に環太平洋王者キャプテン☆アフリカ、西川大和、太尊伸光、田中有の上位陣に加え、マックス・ザ・ボディ、菅原政和、ヨシイノウエ、宮路智之などランキング外の選手も充実してきたライト級戦線。岡澤の参戦、エドモンドの復帰でさらに活性化するか。 1R、左フックを効かされた岡澤だが、テイクダウンを奪うと腕十字。回転して逃れる金子。2Rも打撃で優勢に立つ金子だが、テイクダウンを奪われると岡澤にポジションをキープし続けられる。判定3-0で岡澤が勝利。 [nextpage] ▼第4試合 フェザー級 5分2R△仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)[ドロー 判定0-1]※18-20、19-19×2△結城大樹(マスタージャパン福岡) (写真)両者譲らす痛み分けに終わり、結城は泣き崩れた 2020年9月以来の再起戦に臨む前環太平洋フェザー級王者・仲山貴志。対するは、現在福岡で選手育成に励む元ライト級世界王者の弘中邦佳が手塩に掛けて育てた結城大樹。地方大会でキャリアを積み、現在2連勝中だ。“絞め技の名手”仲山といかに戦うか。 [nextpage] ▼第3試合 バンタム級 5分2R×齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)[判定0-3]※18-20×2、17-20○野瀬翔平(マスタージャパン福岡) (写真)1R、2R共に長時間バックをキープし続けた野瀬の判定勝ち 齋藤は髙谷裕之や“鉄人”田村彰敏達等と同じく倒されずに打ち勝つ完全な“津田沼スタイル”。前戦は1月に新井拓巳に判定2-0で勝利している。対する野瀬翔平は2020年、修斗で工藤諒司に破れ、『ROAD to ONE』で吉野光に惜敗し、フェザー級で連敗。今回からバンタム級へ階級を落とし、仕切り直しの一戦となる。柔道仕込みのテイクダウンから寝技の素早い仕掛けを得意としており、師匠の入場曲“Perere”も受け継ぐ“弘中イズム”の継承者だ。 [nextpage] ▼第2試合 フライ級 5分2R○山内 渉(FIGHT FARM)[2R 4分35秒 三角絞め]×植木“令和”新(シューティング宇留野道場)  第6試合に登場する中村倫也と共に『格闘DREAMERS』からもう一人、山内渉は修斗初参戦。極真空手をベースとする山内はLDHとの専属契約を掛けた「格闘DREAMERS」の最終決戦で安永吏成と対戦。初回にビッグヒットをもらい、絶対絶命のピンチを迎えるも、2、3Rで盛り返すシーソーゲームを展開。3-0の判定で激戦を制した。LDHの育成選手としての仮契約を勝ち取った山内のデビュー戦の対戦相手は、植木“令和”新。GRADIATORやGRACHAN、PANCRASEなどで17戦ものプロキャリアを積んできたファイターで、待望の修斗初参戦を迎える。  21歳でプロ格闘家としての歩みを始めたばかりの山内が豊富な試合経験を持つ植木を相手にどんな試合を見せるのか? テイクダウンの奪い合い、めまぐるしく上下のポジションを入れ替えた一戦は、山内が三角絞めを極めて一本勝ち。デビュー戦を勝利で飾った。「デビュー戦ということで緊張したんですけれど、最初なのでこれからトップに上がるためにKOか一本で決めたいと思っていたので極められてよかったです。次も必ずKOと一本を狙って行くので応援よろしくお願いします」 [nextpage] ▼第1試合 トライアウトルール フェザー級 3分2R○村山大介(マスタージャパン東京)[判定3-0] ※20-18、20-17×2×スソン(KRAZY BEE)  1R、カーフを蹴るスソンに村山がシングルレッグからケージに押し込みバックを奪ってテイクダウン。中腰でパウンド狙いから腕十字に行くが、スソンは両足を絡めてディフェンス。立ち上がるスソンを押し込んだままラウンド終了。  2Rもミドルを蹴るスソンを村山がシングルレッグに捉えて押し込みダブルレッグでテイクダウン。立ちあがるスソンのバックを獲りにいく村山は引き込んでの三角絞め狙い。パウンドで応戦するスソンだが時間切れ。判定3-0で村山の勝利となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事