ラウェイ
レポート

【LETHWEI×UNBEATABLE】渡慶次幸平が激しい打ち合いで壮絶KO勝ち、頭突きで逆転KOした東修平は「俺が頭突き王だから皇治選手とやらないといけないのかな」

2021/07/22 23:07
【LETHWEI×UNBEATABLE】渡慶次幸平が激しい打ち合いで壮絶KO勝ち、頭突きで逆転KOした東修平は「俺が頭突き王だから皇治選手とやらないといけないのかな」

長身のバイエスに右フックを見舞い、KOした渡慶次(右)撮影/安村 発

LETHWEI×UNBEATABLE
2021年7月22日(木)東京・新宿FACE

▼第5試合 ラウェイルール -75kg契約 3分5R
○渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)
KO 3R 0分38秒 ※右ストレート
×ジョナタン・バイエス(アメリカ/パラエストラ沖縄)


 渡慶次は2012年5月にプロデビューし、パンクラスを主戦場とするMMAファイターだったが、2017年からミャンマーの超過激格闘技ラウェイに参戦。現在まで6勝4敗6分と本場ミャンマーの選手を相手に勝ち越しており、その勝利の中には2018年6月にミャンマーの英雄ソー・ゴー・ムドーをKOした試合や、同年12月にミャンマーで開催された国際大会の『KBZ グランドファイナル』でKO勝ちして日本人2人目の同大会王者に輝いた試合も含まれる。『LETHWEI IN JAPAN』の活動休止後はキックボクシングの試合に出場していた。MMA戦績5勝6敗、キックボクシング戦績1勝3敗。


 対するバイエスは米国カリフォルニア州出身。2017年7月に沖縄の格闘技大会『TENKAICHI』でプロデビューし、MMA戦績は2勝3敗。2018年から2019年は修斗に参戦。得意技はアームバーだという。渡慶次の身長170㎝を13㎝上回る183㎝の長身。


 1R、サウスポー同士。渡慶次は序盤から左ローを狙い撃ち。バイエスは左ストレートを連打して前に出るが、深追いはせず離れる。バイエスが打ち下ろしの左ストレート、振り下ろす左ヒジ。渡慶次は左ロー、左カーフを蹴っていく。渡慶次が左ローから左フック、そして左ロー。上下の波状攻撃でバイエスを苦しめる。


 2R、圧をかけながら左ローを蹴る渡慶次。左ローでバイエスの身体が大きく流れる。左ローを蹴り、左右フックにつなぐ渡慶次だが、バイエスの左フックをもらって後退。バイエスが詰めてきたところへ渡慶次が右フックを見舞ってダウンさせるが、バイエスがすぐに立ち上がったためダウンにはカウントされず。その後も打ち合う両者。バイエスの左フックに吹っ飛びながらも、渡慶次は伸びあがるような左右フックを打ち、左ローを蹴る。バイエスも左フックで前に出る。互いに顔面にパンチを何発も浴びた。


 3R、左ローを蹴る渡慶次にバイエスは前蹴りで距離を取り、渡慶次が入ってくるところに左ストレートを合わせる。一気に前へ出てパンチで攻めていくバイエスだが、渡慶次の右ストレートがカウンターで強烈にヒット。キックボクシングなら即KOの倒れ方だったが、ここでラウェイ独自のルールであるタイムが入る。


 しかし、ダメージを回復することは出来ず試合終了。渡慶次のKO勝ちとなった。


 渡慶次はマイクを持つと「久しぶりにラウェイが出来て凄く楽しかったんですが、これはたくさんの人が協力してくれたからで、僕のラウェイをやりたいという気持ちに賛同してくれてありがとうございます。僕と東君はこれからもラウェイに命を懸けて、こんなヤバいことをやっているヤツらがいるのかと認めてもらえる人生にしていきたいと思っているので、10月6日(後楽園ホール)に次回大会があるので、まずは僕にダイレクトメールでチケットを申し込んでいただいて、ぜひ皆さん渡慶次の試合を1試合でも多く見に来てください。いつか僕、ぽっくり行くと思うので、それまでに僕の試合を1試合でも多く見に来てください」とアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事