シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】MISAKIの対戦相手決定、原口健飛率いるFFTから坂田実優が参戦「必ず私が勝つ」(MISAKI)

2021/07/13 00:07
 2021年7月29日(木)東京・浅草花やしき内にある浅草花劇場にて開催される『SHOOT BOXING Girls S-cup2021 -road to tournament-』の追加対戦カードが発表された。『Girls S-cup』は“女子格闘技の真夏の祭典”として2009年から毎年夏に開催されている。  出場が決定していたSB日本女子ミニマム級1位・MISAKI(TEAM FOREST)の対戦相手は、坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM)に決定。  現在19歳の坂田はジュニア時代からグローブ空手やアマチュアキックボクシングの試合に出場。2018年5月にRISEでプロデビューし、1年に1回の試合で3連敗を喫したが、今年1月に島田美咲に3R判定勝ちでプロ初勝利をあげた。第6代RISEライト級王者・原口健飛率いるFASCINATE FIGHT TEAMに所属し、現RISEアトム級1位・小林愛理奈のスパーリングパートナーとして「いつも坂田とはバッチバチでスパーリングしてるんで」(小林)という。  坂田は自身のSNSにて「こんなチャンスめったにない。全力で倒しに行きます」と、名前のあるMISAKIとの対戦に燃えているコメント。  迎え撃つMISAKIはシュートボクシングの女子トップ選手で、2016年3月にプロデビュー、“猪突猛進女子”の異名通り、最初から最後までガムシャラに攻め続ける驚異のスタミナを武器に勝ち続け、2017年12月に無敗の女子高生・寺山日葵を破ってJ-GIRLSミニフライ級王座に就いた。同年7月のGirls S-cup -48kg世界トーナメントでは3位に。同年12月に寺山とのリマッチでJ-GIRLS王座を失い、2019年7月のSB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント決勝戦で女神にまさかのTKO負けを喫し、負傷から長期欠場へ。  再起戦となった2020年8月には『REBELS』のリングでぱんちゃん璃奈とREBELS-BLACK女子46kg級初代王座決定戦を争うも判定負け。2021年2月のSBで祥子JSKを破りようやく白星を飾ると、6月大会ではRISE QUEENミニフライ級5位・ERIKOから2度のシュートポイント(投げ)を奪って大差の判定勝ちを収めた。戦績は16勝(2KO)7敗1分。  年内にSB日本女子アトム級(46kg)のタイトルマッチを実現させるために今回も重要な一戦を迎えるMISAKI。自身のSNSでは「多彩で技術の高い選手です! が必ず私が勝ちます」と必勝を宣言している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事