MMA
レポート

【修斗】マックス・ザ・ボディが環太平洋王者キャプテン☆アフリカからダウン奪い判定勝ち、山本ケントデリカットが判定勝ち、ケージキック-54kgTは匠朗、有井渚海、田渕神太、寺山遼冴が準決勝進出

2021/07/04 12:07
◆プロフェッショナル修斗公式戦PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.4 in OSAKA Supported by ONE Championship 第1部2021年7月4日(日)メルパルクホールOSAKA第1部[開場]12:30[開始]13:00ABEMA「格闘チャンネル」生中継※写真・詳細は後ほどアップ ▼メインイベント 第8試合 72kg契約 5分3R×キャプテン☆アフリカ(同級環太平洋王者/総合格闘技道場コブラ会)[判定0-3] ※28-29×3〇マックス・ザ・ボディ(BRAVE)  2020年12月の大阪大会で田中有をVクロスアームバーで下し、涙の初戴冠を果たした環太平洋ライト級王者キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会)が、“元祖ヘラクレス”宮田和幸が送り込む“レスリングモンスター”マックス・ザ・ボディ(BRAVE)を地元で迎え撃つ。  マックス・ザ・ボディは倒されずに倒してトップでの削り、スタンドでは剛腕スタイルだけに、キャプテン☆アフリカが苦戦を強いられる可能性も否めない。  キャプテン☆アフリカがこれまでに黒星を喫した試合では、スタンド、グランドともに相手のパンチを被弾した事が敗因になっており、マックスは苦手なタイプと言っていいだろう。  しかし、打撃を掻い潜り、テイクダウンから一気にサブミッションを極められるのがキャプテンの強味。ボクシングテクニックにも磨きがかかっており、レスリングモンスターをどうさばくか、王者として進化したキャプテン☆アフリカに注目だ。  対するマックスは、2020年に大澤伸光、西川大和相手に連敗も、2021年3月に上原平を相手に判定勝ちで再起を遂げている。母国出身のフランシス・ガヌーがUFCヘビー級でカメルーン人初のUFC世界王者に輝いているだけに、自身も飛躍の一戦としたいところだ。  1R、サウスポー構えのアフリカ、オーソドックス構えのマックス。アフリカの左ローに前手の左フックをカウンターで狙うマックス。続くアフリカの左ミドルにも右から左を振る。左ヒザで飛び込むアフリカをキャッチするマックス。  アフリカは大外刈から払い腰に変化して首投げでテイクダウン。袈裟固めからマックスの左腕を掴んで両足に挟みアームロックを狙う。ケージを蹴りながらうつ伏せになって腕を抜いたマックス!  すぐに立ってアフリカのスタンドサイドにつくと右で差して押し込んでいく。左で小手に巻くアフリカは内股で崩して首投げテイクダウン。ハーフからパスしてサイドに回るとマウントへ。股を潜るマックスにバックへ回るアフリカ。右足をかけるアフリカは右腕をのどもとに巻くが、マックスは腕を手繰り立ち上がり正対してゴング。  2R、左を振るマックスに左の前蹴り、ローはアフリカ。左を振るとマックスも左を強振。それを潜るアフリカ。右ジャブで踏み込むアフリカの打ち終わりにマックスは右フック! アゴにもらい後方にダウンするアフリカ。サイドバックから鉄槌するマックスの腕を巻き込んで前転するアフリカだが、まだ下に。  クローズドガードに入れるアフリカのインサイドからマックスは鉄槌! 下から抱き着くアフリカ。三角の仕掛けも切るマックスだが、アフリカは首を引き寄せ左足で脇を煽ってスイープ! その際で両手でアフリカを押して飛ばすマックス。互いに立ち上がる。  シングルレッグはアフリカ。それを潰したマックス。左右で金網に押し込むが投げを警戒し離れる。アフリカの右に右アッパーを狙うマックス。アフリカはシングルレッグへ。顔をはがしパウンドするマックスはハーフのままギロチンチョークへ。しかし首を抜くアフリカが上に。すぐにヒザを越えてサイドを奪うと、ニーオンからヒジ打ち。脇を潜ろうとするマックスを小手に巻くアフリカ。ケージウォークするマックスは亀にまでなると、立ち上がり、ブザー間際にワンツーをアフリカの顔面にヒットさせる。  3R、左前蹴りはアフリカ。右を突くマックス。シングルレッグから金網まで押し込むアフリカは左で差してボディロックテイクダウン。背中を着いたマックス。上からヒジを落とすアフリカに、下から蹴り上げ&シングルレッグで立ち上がるマックス! アフリカは腹固め狙い、さらに巻き込み前転も、潰したマックスが背後からパウンド!  正対し、下になるアフリカ。ハーフから上体を金網に立てる。マックスは右で差して金網に押し込み細かいパウンド。左で腕を抱えて狙うアフリカ。マックスはハーフから脇腹にパウンド。右肩で押し込んでブザー。  判定3-0(29-28×3)でマックスが勝利。環太平洋王者を下したマックスは歓喜の雄叫びをあげた。 [nextpage] ▼第7試合 フェザー級 5分3R○山本ケントデリカット(同級世界9位/総合格闘技道場コブラ会)[判定3-0]※29-28×2、30-27×高橋孝徳(同級環太平洋9位/リバーサルジム 新宿Me,we) 7月25日後楽園ホール大会で、空位となっている世界フェザー級タイトルを、SASUKE(マスタージャパン東京)と工藤諒司(TRIBE TOKYO MMA)が争う事が発表され、ざわつきはじめている同級で、世界8位の山本ケントデリカット(総合格闘技道場コブラ会)と、高橋孝徳(リバーサルジム 新宿Me,We)の対決が決定した。  山本は、2020年12月のTTF大阪大会で工藤に1R TKO負けでリベンジを許す手痛い敗戦を喫した。勝者の工藤がタイトル戦に駒を進めただけに、悔しい思いを次戦にぶつけてくるだろう。  一方、高橋は2020年2月にYOKOSAIにリアネイキドチョークで一本勝ち後、12月のTTFでも名田英平に判定勝ちと2連勝中。連敗は許されない山本と世界ランク入りを目指す高橋。フェザー級の下克上と生き残りをかけた戦いが大阪夏の陣からスタートする。 [nextpage] ▼第6試合 バンタム級 5分2R〇ダイキライトイヤー(修斗ジム神戸)[判定3-0] ※20-18×2, 20-17×高岡宏気(トイカツ道場香川支部)※前川大輔(総合格闘技道場コブラ会)は左膝前十字靭帯断裂、内側側副靭帯断裂及び半月板損傷と診断され負傷欠場 ▼第5試合 バンタム級 5分2R〇青柳洸志(修斗ジム神戸)[判定3-0] ※20-18×3×キシシ(MIBURO) [nextpage] ◆全日本新空手道連盟CKC2021 -54kgトーナメント─新世代王者決定戦─(CAGE KICK CHAMPIONSHP2021 -54kgトーナメント) ※24歳以下の選手対象の8名による1DAYトーナメント※一回戦4試合を第一部※準決勝、決勝を第二部で実施 【CKC2021-54kgトーナメント見所】 ▼第4試合 CKC2021-54kgトーナメント1回戦 第4試合 3分3R○寺山遼冴(TEAM TEPPEN)[判定3-0]※30-29×2、30-27×内藤啓人(BELL WOOD FIGHT TEAM)※寺山が準決勝へ進出。 最年少・17歳の寺山は、有井vs大森とは反対の山になり、一回戦で内藤啓人と対戦する。 “神童”那須川天心率いるTEAM TEPPENが送り込む寺山は、RISE女子部門を引っ張る“女帝”寺山日葵を姉に持ち、那須川天心、白鳥大珠など日本を代表するトップファイターと最高の環境でキックに打ち込んでいる。  5.2 3RISE後楽園ホール大会ではキャリアで大きく上回る京谷祐希と対戦し、互角以上の試合を展開し引き分けたばかり。短い期間でのエントリーとなるが、参加理由はやはり“打倒”有井渚海。そして無敗の有井が唯一引き分けたのがこの寺山遼牙だ。1回戦を勝ち上がり、有井の前に立ち塞がることができるか。  内藤との対戦に向け寺山は、「気持ちが強い選手なので、その気持ちに負けずに勝ちます。(決勝の相手は?)有井選手がいいです。最年少ですが、圧倒的に優勝します!」とコメント。  対する内藤も、2020年12月のプロ修斗大阪大会で有井と激突。一進一退の攻防で会場を盛り上げるも有井が判定勝利している。寺山を下して有井にリベンジを果たすことが出来るか。  寺山との対戦に向け、内藤啓人は「寺山選手は上手くて速い選手。1回戦でいきなりかっていう気持ちです。決勝で有井選手と対戦したいので、キツい一日になると思いますが、その分得るものも大きいので、しっかり掴み取りたいと思います。応援よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。  BELL WOODD所属の内藤は、2020年の大阪大会でケージの試合は経験済み。また、同じジムの鈴木博昭も現在ONE Championshipで活躍中で、シュートボクシング時代には数々のワンデイトーナメントを制している。ケージ&トーナメントの双方を経験している鈴木がセコンドにつくのは、内藤の強味となるだろう。  22歳の内藤は5勝8敗の戦績、17歳の寺山は3勝1敗3分の戦績。  1R、サウスポーの寺山は長い右のジャブを伸ばし、左ミドルを蹴る。内藤は右ストレートからの左フックを叩き込むが寺山のガードは固い。  2R、内藤が打ちに行ったところで寺山が左フックから右フックの返しでヒットを奪う。寺山はワンツー、右ジャブを伸ばしての左ミドル。内藤もジャブを繰り出して寺山が入ってくるところに左フックを合わせる。寺山が左ボディも入れるなど手数を多く出した。  3R、寺山は右フックを多用。内藤が下がると左ミドルを蹴る。内藤が一発出すと寺山が複数発返し、手数で優る。寺山はボディからバックハンドブロー。内藤は前へ出てパンチを繰り出すが、寺山はかわしてパンチを返す。判定3-0で寺山が準決勝へ駒を進めた。 [nextpage] ▼第3試合 CKC2021-54kgトーナメント1回戦 第3試合 3分3R○田渕神太(拳聖塾)[判定2-1]※30-29×2、28-29×鷹介(魁塾)※田渕が準決勝へ進出。 地元・大阪から22歳ながら既に30戦のキャリアを持つ田淵神太が、DEEP KICK推薦の魁塾所属の21歳・鷹介と対戦する。  田渕は「鷹介選手は一緒に練習した事もある選手だったので、正直楽しみな気持ちの方が強かったです。パンチが凄く強くて、KOもたくさんしてる選手なので、警戒はすると思います。ですが、撃ち負ける気はないので、しっかりと撃ち合って会場盛り上げたいと思います!」と1回戦を語り、決勝では「決勝まで上がってくる選手に弱い選手はいないので、誰が来ても倒すつもりで戦います。名前を挙げるとしたら、空手出身の大森選手が凄く気になってるので、上がってきて欲しいと思っています」と大森との対戦を希望。  さらに「誰が相手でも倒すつもりで練習してるので、1日に3試合は未知の世界ですが、誰と当たっても全員に勝ちます。1度も負けなかった選手になって優勝を獲ります」と決意を示した。  対する鷹介も18戦のキャリアを持ち、勝つときは1R KOが多い。より早く倒した方が有利なワンデートーナメントにはピッタリのファイトスタイルと言えるだろう。負けている試合も倒されずに判定まで持ち込むタフなファイターだ。  鷹介は「田渕選手は一緒に練習もした事あるので、敢えて当たりたいと思ってなかったので少しびっくりしました。空手ベースで足腰がしっかりしてるので、打ち合いにはもってこいの相手です」と印象を語り、決勝について「誰が来てもおかしくないと思うので、あまり考えていません。一試合一試合全力を注ぎ込んで盛り上がる試合をして優勝します!」と語っている。  5.16「RISE on ABEMA」では、その鷹介と大森隆之介が対戦し、大森が判定で勝利を収めている。場所を大阪に変えて再戦の機会はあるか。  リベンジに燃える者、打倒・有井で一気に名前を売ろうとする者……今回のトーナメントにエントリーしている全員が意識する選手として有井渚海の名前を挙げており、有井本人も「敵は自分自身」と語っている。本命は、ライバル達の更に上をいくモチベーションでトーナメントに臨めるか。  21歳の鷹介は6勝11敗の戦績、22歳の田渕は19勝9敗2敗と両者とも参加選手の中ではキャリアがある者同士。  1R、互いにジャブとロー。田渕のジャブが伸びる。鷹介の右ストレートをかわして田渕が左フックをヒットさせる。左を上手く使っていく田渕に鷹介は右ストレートを狙っていく。  2R、田渕は左インローを蹴って右ストレートにつなげる。田渕が左フック、左ミドルと単発ながらヒットを奪う。鷹介も右フック。田渕は要所でヒザも入れるが、この試合も両者慎重。  3Rも田渕は左を上手く使い顔面とボディに打ち分ける。田渕も右フックからの左ボディに鷹介は右ストレートを返す。田渕がバックハンドブローを出せば鷹介も出す。田渕は後ろ蹴り。終盤、鷹介が左フック、右ストレートをヒットさせるが、判定2-1で田渕が辛勝した。 [nextpage] ▼第2試合 CKC2021-54kgトーナメント1回戦 第2試合 3分3R○有井渚海(及川道場)[判定3-0]※30-29×2、30-28×大森隆之介(EX ARES)※有井が準決勝へ進出。  有井は、キック界新世代筆頭。キックボクサーとして活躍するかたわら『ABEMA』の恋愛リアリティショー「恋する週末ホームスティ」に出演し、ティーンから絶大なる支持を受けている。未だ無敗の快進撃を続け、優勝候補の筆頭である事は間違いない。  カード決定に有井は「1回戦から決勝のつもりで全力でやってやろうと思いました。大森選手は勢いがある選手。決勝の相手では誰でもいいです。誰がきてもやることは同じなので、自分が1番だという事を証明します。このトーナメントに全て賭けて戦います」と意気込む。  対する大森は、RISE推薦の大阪出身の21歳。175cmの長身から繰り出されるパンチとバックスピンキック、カーフキックと多彩な技を持ち、時にはサウスポーにも変化する。KO率は75%を誇り、わずか4戦ながら既に試合巧者振りを発揮して未だ無敗。今回のトーナメント中、有井と並ぶ無敗の新星だ。本命は有井だが、大森はまさにダークホース。注目の選手がトーナメントにエントリーしてきた。  有井戦の決定に大森は、「純粋に燃えました。僕ら2人がやらないと何も盛り上がらないと思っていたのですごく嬉しい。最高のものを作りたい。有井は攻守、バランスの取れた選手。ただそれだけ、怖さはないです。決勝では寺山選手と戦いたい。僕は今の自分の位置を証明するためにも、強い選手とやりたい。やるしかないと思っています。ここは通過点。優勝。それは最低条件です。ここを勝って次の段階に進みます」と、自信を見せている。  21歳の大森は4戦全勝3KOと負け知らず。19歳の有井は7勝(3KO)無敗1分。  1R、大森はスイッチを多用して蹴っていく。有井は踏み込んでの右ストレート、ワンツー、バックハンドブローも。有井は踏み込んで一発入れて組み付く。  2R、有井は左ミドルを使い始め、右ローも蹴る。大森はパンチで仕掛けていくが、有井は回り込んでかわす。有井は飛び込んでのワンツーからヒザ蹴り。終盤にもワンツーからヒザを決める。大森がパンチで前へ出てくると有井はクリンチ受け止め、離れ際にヒザを入れた。  3R、有井が飛び込んでのワンツー、そしてヒザ蹴り。大森は後ろ蹴りを放つが有井はかわす。有井の踏み込んでのワンツーが入り、左フックもクリーンヒット。有井はいいタイミングでのテンカオを決める。大森はワンツーで前へ出るが有井を捉えることはできない。残り30秒で打ち合いとなり、大森が前へ出ていくが両者クリンチで打ち合いは長く続かない。  判定は3-0で有井が準決勝へ駒を進めた。 [nextpage] ▼第1試合 CKC2021-54kgトーナメント1回戦 第1試合3分3R×木下悦志(KICK LAB)[判定0-3]※29-30×3○匠朗(KSS健生館)※匠朗が準決勝へ進出。 有井vs.大森と同じブロックでは、ABEMA『格闘DREAMERS』にエントリーしていた木下悦志(KICK LAB)と匠朗(KSS健生館)の関西勢同士の一戦が決定。  木下は2019年に行われた新空手「全日本グランプリ関西地区予選」の決勝で有井と対戦し敗退。アマチュア時代に計2度の敗北を喫している。格闘DREAMERSにも参加し、第一次オーディションを通過するも二次オーディションで篩にかけられている。  トーナメントの組み合わせ決定で木下は、「メンバーは決まっていたので特に何も変わりません。対戦相手の匠朗選手はアマチュア時代から知っていて技術がある選手だと思います。今回のトーナメントで決勝を見据えての戦い方をしても、決勝まで上がれないと思うので、決勝の相手はあまり気にしていません。全員強い選手なので、目の前の試合を1試合1試合ワンマッチと思って戦い、優勝を狙いに行きます!」と意気込み。  対する匠朗は、2020年7月のプロ修斗大阪大会で内藤と対戦し、匠朗がKO負けを喫している。木下に勝利し、内藤にも借りを返すことができるか。 「結構ドキドキしてましたが、トーナメント組み合わせが決まって更に気合いが入りました。木下選手はアマチュアの時から知っていますが、アグレッシブで勢いのある選手だと思います。リベンジしたい内藤啓斗選手と決勝で戦いたいので、一回戦から気を抜かずに自分を信じて戦います」とコメントしている。  24歳の匠朗は5勝4敗の戦績、20歳の木下は2勝4敗の戦績。  1R、右ローの蹴り合いから始まり、左フックも打ち合う。匠朗は左ボディからの右ローなど右ローを狙い撃ちも両者とも慎重な出足。  2R、木下も右ローを繰り出していき、匠朗は左ミドルとヒザ、右ボディストレートも織り交ぜる。木下のワンツーに左フックからの右アッパーを返す匠朗。終盤になってパンチの打ち合いが見られたが、両者ともまだ慎重な様子。  3Rは序盤から打ち合い。匠朗はヒザも織り交ぜる。ヒザの蹴り合いから木下が左フックで勝負をかけるが、匠朗は右ミドル、右ローを蹴る。判定は僅差で匠朗の勝利となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事