キックボクシング
レポート

【KNOCK OUT】白幡裕星が元ボクシング日本王者・悠斗に最後は打ち合いも見せて完勝、森岡悠樹がヒジでTKO勝ち

2021/06/12 23:06
SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX vol.22021年6月12日(土)東京・新宿FACE ▼第7試合 スーパーファイト KNOCK OUT-RED -53.0kg契約 3分3R延長1R〇白幡裕星(橋本道場/KNOCK OUT-REDスーパーフライ級王者/MUAY-THAI OPENスーパーフライ級王者)判定3‐0 ※30-28、30-27、30-29×悠斗(東京町田金子ジム/プロボクシング元日本ライトフライ級王者)  白幡はアマチュアで多数の経験を積み、2018年10月にプロデビュー。2019年12月1日にはMuayThaiOpenスーパーフライ級王座決定戦に臨み、判定勝ちで見事王座に就いた。2020年2月のREBELSでは老沼との王者対決を行い、延長戦にもつれ込む接戦の末に惜敗。8月大会では老沼に挑戦経験のある濱田巧、12月大会では元REBELS-MUAYTHAIフライ級&スーパーフライ級王者・松崎公則を破り、老沼とのタイトルマッチでの再戦でリベンジを果たした。  対する悠斗こと高橋悠斗は、元々はキックボクサーで2011年に国士舘大学所属として全日本学生キックボクシング連盟のフライ級王者となっている。プロデビュー後はNJKFの上位ランカー(最高2位)として活躍したが、2014年にボクシングへ転向。2019年10月に世界ランカーでもあった王者・堀川謙一を破り、日本ライトフライ級王者となった。しかし、2020年3月に決まっていた初防衛戦が新型コロナウイルスの影響により度々延期に。気持ちが切れてしまい、「自分がベストな状態で試合に挑むことは不可能だと感じたため引退を決めました」と4月3日タイトル返上と現役引退を発表していた。プロボクシングの戦績は11勝(5KO)4敗。  1R、白幡はボクサー殺しのセオリー通りに強烈な左インローを当てる。悠斗は避け切れないながらも飛び込みながらの左右フック。パンチを寸前でかわす白幡は左ミドルを遠い間合いから当ててパンチの距離に入らせないが、右フックを被弾する場面も。  2Rも白幡が左ミドルをテンポよく当てていく。悠斗がパンチで前に出ると、白幡は組み付いてこれを寸断し、そのまま崩しを決めて相手のペースを乱していく。  3Rも左ミドル、テンカオを当てる白幡は組んでのヒザも突き刺してペースを握ったまま。そして逆にパンチ勝負に出た白幡は左ストレートもヒットさせて悠斗の顔がのけ反る。最後は打ち合いにも応じた白幡が危なげなく悠斗を退け完勝した。 [nextpage] ▼第6試合 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級 3分3R延長1R〇森岡悠樹(北流会君津ジム)TKO 3R 2分47秒 ※レフェリーストップ×鈴木貫太(ONE’S GOAL)  森岡は4・4新宿大会で横野洋を、鈴木は2・28後楽園で大川一貴をともに判定で撃破。対する鈴木は昨年12月に壱・センチャイジムに判定負け、今年2月の大川一貴戦では判定勝ちを収めた。現RED王者・小笠原瑛作へのチャレンジを目指す両雄の一騎討ちとなる。  1R、左ジャブを突いてプレッシャーをかける森岡に対し、鈴木は右ローで前進。 2R、さらにプレッシャーをかける森岡は右ストレート、前蹴りを当てていき優勢を印象付ける。 3R、森岡はさらに右ヒジ、右ストレートを次々と当てていき、鈴木を防戦一方に追い込む。鈴木も右ローを返していくが、左の側頭部を森岡がヒジでカットしてドクターチェックが入る。再開後も手数の止まらない森岡の前に、鈴木の出血が激しくなりここでレフェリーがストップ。森岡がTKO勝ちで強烈なインパクトを残した。 [nextpage] ▼第5試合 KNOCK OUT-BLACK女子 -47.0kg契約 3分3R延長1R〇erika(=名前の後にハートマーク/SHINE沖縄/NJKFミネルヴァ・アトム級王者)判定3-0 ※30-27×3×祥子JSK(治政館/NJKFミネルヴァ・アトム級3位)  erikaは昨年8・30後楽園『REBELS』に参戦して平岡琴に判定勝ち。今年1月にはNJKFミネルヴァ・アトム級王座の奪取に成功した。対する祥子は2020年2月の大田区大会でぱんちゃん璃奈に判定負けして以来の『KNOCK OUT』参戦。  1R、erikaがサウスポーからの左ストレート。組んでもヒザを当て、振り回して倒すなどパワーの差を見せ付ける。 2Rも左ストレート、相手が倒れるまで離さないアナコンダのような首相撲で徹底的にヒザを当てながら振り回していく。祥子もパンチを返すが、組まれてしまう。  3R、パンチで前進する祥子に、erikaは徹底したパワフルな首相撲で差を見せ付け判定勝ち。試合後、erikaは練習仲間のぱんちゃん璃奈と共にツーショット撮影に応じホッとした表情を見せた。 [nextpage] ▼第4試合 KNOCK OUT-BLACK女子 -50.8kg契約 3分3R延長1R〇喜多村美紀(テツジム/NJKFミネルヴァ・ライトフライ級1位)判定2‐0 ※29-28、29-29、30-29×梅尾メイ(B9 GYM/J-GIRLSフライ級王者)  喜多村は今年2月のNKBで行われたミネルヴァライトフライ級タイトルマッチで王者sasoriに挑んだがドローで王座奪取ならず。対する梅尾も昨年9月にNJKFで実施されたS1レディース バンタム級ジャパントーナメント一回戦で☆SAHO☆に判定負けを喫し、再起を狙う。  1R、首相撲を仕掛ける梅尾に対し、喜多村は力強いワンツーでペースを握る、終盤には右ストレートをヒット。 2Rも前に出る喜多村に、梅尾も打ち合いながら組み付いてヒザを当てる。3Rも右ストレートを当てる喜多村に対し、梅尾も打ち合いながら組んでのヒザ。有効打の多かった喜多村が僅差の判定勝利を収めた。 [nextpage] ▼第3試合 KNOCK OUT-BLACKウェルター級 3分3R×YUYA(クロスポイント吉祥寺)※高橋佑弥からリングネーム変更判定0-3 ※28-29×2、29-30〇松山 翔(菅原道場)  1R、至近距離で打ち合う両者だがすぐに組み合う展開が続く。2R、YUYAがパンチを振るって前進するが、すぐに松山が組み付いて膠着が続く。組み合う際に松山の偶発性のローブローでYUYAはペースを乱された。 3R、パンチから組み付く徹底した松山の作戦の前に、YUYAはスタミナを完全に消耗する。最後まで松山が攻め続け判定勝ち。 [nextpage] ▼第2試合 KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級 3分3R×飯塚剛志(GONG-GYM坂戸)TKO 1R 2分58秒 ※左ハイキック〇Apollo中山(GOD SIDE GYM)※デビュー戦  地下格で腕を鳴らし、今年3月のKNOCK OUTアマチュア大会のアダルト65kgトーナメント優勝を果たした中山がでデビュー戦。対する飯塚は8戦3勝(1KO)4敗1無効試合の戦績を持つ。  1R、ガードを下げた中山は離れた間合いからパンチを放つ。一気に距離を詰めてパンチ連打を飯塚に見舞った中山は、最後に左ハイを綺麗に決めてKO勝ちした。 [nextpage] ▼第1試合 KNOCK OUT-BLACKバンタム級 3分3R×宮下友樹(team AKATSUKI)判定0-3 ※28-29×2、28-30〇中島隆徳(GET OVER)※デビュー戦  中島はジュニア時代に名古屋BRIDGEで3階級制覇、仙台DBSで2階級制覇したジュニア5冠王。今回がプロデビュー戦。対する宮下は3戦1勝(1KO)2敗の戦績を持つ。  14㎝の身長差のある両者。1R、長身の宮下に対し、中島は離れた距離から右ロー、前蹴り。さらに宮下の右ミドルに合わせて、飛び込みながらの右フックを度々ヒットさせた。宮下が出てきたところに、中島は左ストレートでダウンを奪う。 2R、組み付きを多用する宮下の前に手を焼く中島だが、3Rも左ロー、右フックを当てて巻き返しを許さず判定勝ちした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント