キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】激闘制して初防衛&リベンジ成功のバズーカ巧樹「勝って当たり前の試合に勝っただけ」とクール

2021/05/23 15:05
【KNOCK OUT】激闘制して初防衛&リベンジ成功のバズーカ巧樹「勝って当たり前の試合に勝っただけ」とクール

一夜明けて、初防衛&リベンジ成功にもクールなバズーカ

 2021年5月22日(土)東京・後楽園ホールで開催された『KNOCK OUT 2021 vol.2』の一夜明け会見が、23日(日)都内で行われた。

 メインイベント(第9試合)のKNOCK OUT-BLACKライト級タイトルマッチ3分3R延長1Rで、挑戦者・大谷翔司(スクランブル渋谷)から合計3度のダウンを奪い、判定勝ち(30-26、30-25×2)した王者バズーカ巧樹(菅原道場)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。


「勝って当たり前の試合に勝っただけですね」とクールなバズーカ。激しい攻防となり、メインにふさわしい熱闘となったが、「そんなに嬉しいとかはなかった。勝って当然なので」と表情を崩さない。

 大谷は倒されても立ち上がり、前へ向かってきたが「全部分かっていたので全部見えていて効いたのも一発もなかった。集中して戦ったので問題なかった」と、焦りもなかったという。「前にずっと来ると最初から思っていた。そこそこ根性はあったんじゃないですかね」と、バズーカ風に相手を称える言葉も。


 1Rと3Rにダウンを奪った左フックについては「左でも右でもどっちでも倒せるので。左が空いている感じがして出したら全部当たった」とする。「1回目はそんなに効いてもいないと思った。3Rはしっかり効いていた。そこで倒し切れなかった自分が甘かったですね。倒して勝つのが一番だと思っているので。倒し切れなかった自分が今回の反省点です。盛り上がっていたならよかったです」と、3Rの方が手応えがあったとした。

 前回の3Rにダウンを奪われて判定負けした試合との違いは「集中力です。前回負けた一戦があったので集中して戦うことだけ気を付けていた」と、最後まで集中したことが前回とは違う結果を生んだ。


 3Rに大谷の右ストレートで切り裂かれて出血した左耳は縫い跡も生々しく「右のパンチが入ったらしいですけれど。自分もなぜ切れたのか分からない。痛くもなんともなかった。10針くらい縫いました。焦りはなかったですね。3Rだったので」と、何ともなかったとする。

 改めて大谷の印象を聞くと「自分の方が強いな、ということだけです」とそれを証明できてよかったということらしい。


 リング上では2020年2月に行われた無法島GRANDPRIX決勝戦で敗れた、西岡蓮太(龍生塾)との再戦をアピールしたが「やられっぱなしが嫌だったので。最近負けたのが西岡くらいなので、やられっぱなしが嫌でしょうがないだけ。相手は誰でもいいです」と、リベンジマッチはしたいが相手は誰でもいいという。

 次の試合に関しても「いつでもいいです。明日から練習再開します」とした。


 また、K-1で活躍中の同門の島野浩太朗が、計量が終わった後にゴーゴーカレーでカツカレーを食べてリカバリーすると明かして話題となったが(通常は計量直後に胃や内臓に負担のかかる食事はしない)、バズーカはどうなのかと聞くと「一昨日は食べなかったんですが、自分もよく食べます。勝利のカレー、それで勝ってるので。勝利のカツカレーです」と、ゴーゴーカレー効果を語った。

 そして「気合いを入れてもっと強くなるので見ていてください」とファンにメッセージを送った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント