MMA
レポート

【Bellator】サイボーグが5R TKO勝ちで王座防衛!コールドウェルが体重超過のイーゴに敗れる、ヴァンダーフォードが11戦無敗に、ローレダ敗れる

2021/05/22 10:05
 2021年5月21日(日本時間22日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて「Bellator 259: Cyborg vs. Smith 2」が開催された。  6月11日の「Bellator260」より有観客となる同団体にとって、区切りとなる無観客試合のメインは、世界女子フェザー級(145ポンド・65.8 kg)選手権試合(5分5R)。王者クリス・サイボーグ(ブラジル)とレスリー・スミス(米国)の再戦がメインとなる。  両者は2016年5月の「UFC 198」で対戦。サイボーグが1R 右フックからパウンドでTKO勝ちしている。  前日公開計量では、先に登場した挑戦者スミスはマスクを着けて、143.6ポンド(65.13kg)で計量をパス。右手でガッツポーズを作ると、「私の方がより成熟したファイターで、より高い能力があり、このベルトを獲るための強い決意がある」と笑顔。  迎え撃つ王者サイボーグは、144.6ポンド(65.58kg)でこちらもパス。両腕で力強くガッツポーズを見せると、右手で天を仰いだ。ショウタイムのアナウンサーのマウロ・ラナーロから意気込みを問われたサイボーグは、黒のBellatorマスクを外し、「ハードなトレーニングをしてきた。みんな私のベルトを持っていこうとするけど、誰にもそれは出来ない」と、防衛に自信をみせた。  また、メインカードでは、2018年12月のRIZINと2019年6月のBellatorで2度、堀口恭司に敗れているダリオン・コールドウェル(米国)が登場。  階級を上げて参戦したフェザー級ワールドGPではヘンリー・コラレスに判定勝ちし、新星アダム・ボリッチにもリアネイキドチョークで一本勝ちしたコールドウェルだが、準決勝でAJ・マッキーJrのショルダークランクで一本負け。  今回の再起戦では、バンタム級(135ポンド・61.2kg ※王座戦以外は1ポンドオーバーまで認められる)に戻し、2連勝中のレアンドロ・イーゴとトップ戦線生き残りを賭けて戦うこととなったコールドウェルは、135.6ポンド(61.50kg)でパス。  しかし、対するレアンドロ・イーゴ(ブラジル)が137.5ポンド(62.36kg)で体重超過。それでもスチームパンク風の黄金マスクでコールドウェルに左手を突き出してフェイスオフを繰り広げたイーゴに、コールドウェルも怒りの表情で顔を近づけ、互いにマスク越しに禁止用語でまくし立てた。試合はキャッチウェイトで行われる。  ほか、UFCファイターのレオン・エドワーズの実弟ファビアン・エドワーズ(英国)が登場するほか、プレリムでも、ウェールズ柄のマスクをつけたUFC5勝2敗のブレット・ジョンズ(英国)とTitan FC連勝・MMA10勝1敗のダニー・サバテーロ(米国)のバンタム級戦、ライト級の親子鷹アビブ・ゴザリ(イスラエル)、LFA王者対決のマイコン・メンドーサ(ブラジル)vs.ジェリール・ウィリス(米国)などがラインナップ。  さらに、女子フライ級では、Bellator3勝無敗のヴァレリー・ロレーダ(米国)が、Bellatorデビューのハンナ・ガイ(米国)と対戦するなど、注目選手が並んでいる。  Bellatorは、日本でも公式YouTubeチャンネルにて視聴が可能だ。 Bellator 259: Cyborg vs. Smith 2 速報 【Main Card】 ▼Bellator世界女子フェザー級選手権試合 5分5R○クリス・サイボーグ(ブラジル)王者・144.6lb/65.58kg[5R 4分51秒 TKO]×レスリー・スミス(米国)挑戦者・143.6/65.13kg “世界最恐女子”サイボーグはStrikeforce、Invicta FC、UFCで王座を手にした後、2020年にBellator参戦。1月にジュリア・バッドを4R TKOに下し、4つ目のベルトとなるBellator世界女子フェザー級のベルトを手にした。2020年10月の前戦では、挑戦者のアーリーン・ブレンコウに2R リアネイキドチョークで一本勝ち、初防衛に成功している。  対するスミスは女子フェザー級4位。2016年3月のUFCでは中井りんに判定勝利を収めている。2019年からBellatorに参戦し、2勝1敗。2020年9月の前戦では、アマンダ・ベルに判定勝利を収めている。  両者は2016年5月の「UFC 198」で対戦。サイボーグが1R 右フックからパウンドでTKO勝ちしている。  1R、ともにオーソドックス構え。詰めるサイボーグはワンツー。右に回るスミス。右ローを当てるサイボーグはボディ打ち、さらに右ミドルをヒット。突き放すスミスになおも詰めるサイボーグは左フック!   スミスの右フックの打ち終わりに右を返すサイボーグ! さらに右ボディストレートと上下に散らす。左を振るも戻しが遅いスミスに打ち返しはサイボーグ。  ワンツーを当ててスミスに尻餅を着かせたサイボーグは上からパウンドしてパスガード。サイドを奪うと、亀になって立つスミスのバックからクラッチして背後にスープレックス!  そのまま鉄槌連打もここはスミスが立ち上がり、力を使ったサイボーグに前に詰める。ここで右を差して押し込むサイボーグ。スミスは突き放してゴング。  2R、左ストレートはサイボーグ。さらに右ミドル、左ボディストレートも。ジャブを打つスミスだが、その打ち終わりを狙うサイボーグが詰める。右回りのスミスを追うサイボーグは左ジャブのダブル。さらに頭を振って飛び込む左フック。  左右前蹴り、左ジャブのスミスをさばき、右ストレート! 右ローも当てる。ワンツーから右ローに繋ぐサイボーグ。さらに左インローも前足に突く。  スミスの右にサイボーグが右を返して右ミドルを腹に当てると、スミスが後退。ここにダブルレッグテイクダウンのサイボーグだが、スミスもすぐに立ち上がる。右ハイも打つサイボーグ。  3R、オーソから左の蹴りはスミス。しかし続く左ミドルを掴んでテイクダウンはサイボーグ。ここはスミスがスクランブルで立ち上がる。左ミドルを打つスミスは左ボディも。しかし、サイボーグはワンツー! 右ハイも。スミスは押し戻す。左ジャブを当てるサイボーグ。スミスは右ストレートを返すが、サイボーグも左フックを狙う。左ミドルを突くスミス。詰めるサイボーグに左回りも左の打ち終わりはサイボーグが右を返す。  右ボディストレート、左インロー、右ローを前足を打つサイボーグが前へ。ジャブのダブルから右ストレート。しかしスミスもブロック。スミスの蹴り足を掴んで倒したサイボーグに、立ち上がり際でキムラを狙うスミス。サイボーグはこれを潰して上になりゴング。  4R、チャンピオンシップラウンド。オーソから左ミドルはサイボーグ。詰めるスミスに圧力をかけなおし、左ローを打つサイボーグ。スミスも左右のミドル。左ミドルも。右から左アッパーはサイボーグ。左ジャブを突くサイボーグ。シャープなワンツーにスミスの右は大振りに。サイボーグのワンツーの右にスミスのアゴが上がる! スミスの右ミドルを脇下で掴んで右ストレートで倒したサイボーグ! 立ち上がるスミスは手数が減るなか、ダブルレッグテイクダウンはサイボーグ! 残り30秒。サイドにパスし、パウンドする。  5R、左ジャブ&右ローのサイボーグ。さらに左ジャブから今度は左ハイ。ブロックするスミスも右の蹴りを変える。さらにジャブから左ハイをかすめると、打ち気になって打ち返してきたスミスにサイボーグがダブルレッグテイクダウン。  立つスミス。互いに右オーバーハンドを振るなか、右で差して組むサイボーグがバックテイク。キムラクラッチを組むクミスを潰すも、スミスも立ち上がる。スミスの左の蹴りに右ローで軸足を打ってバランスが崩れたスミスに、サイボーグは左から右ストレート!   ダウンしたスミスにいったんは体を離しながらもラッシュで飛び込んだサイボーグがパウンド連打で、残り9秒でレフェリーを呼び込んだ。  試合後、サイボーグは「スミスはとてもタフだったけど、私には16年の経験がある。柔術の黒帯も白帯から。猫からG.O.A.T.(Greatest Of All Time)になる」と語った。  また、次の防衛戦の相手にBellator2連勝中の元UFCファイターキャット・ジンガーノの名前を挙げた。 7月16日大会で女子フライ級王者ジュリアナ・ヴェラスケスとデニス・キーホルツの王座戦が決定。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R○レアンドロ・イーゴ(ブラジル)137.5lb/62.36kg ※体重超過[判定2-1] ※29-28×2, 28-29×ダリオン・コールドウェル(米国)135.6lb/61.50kg  1R、サウスポー構えのコールドウェルとオーソドックス構えのイーゴ。スイッチするコールドウェルは左ハイ、さらに跳び蹴りで牽制。イーゴも右ローを返す。レベルチェンジからダブルレッグテイクダウンはコールドウェル。頭を外に出すコールドウェルにAJマッキーのようにネッククランクを取るイーゴ。  頭を抜いたコールドウェルはインサイドから右ヒジ! イーゴは額から出血! しかしなおもクローズドガードのイーゴは頭を抱え、下から腕十字、三角絞め狙い。  担いで外したコールドウェルがサイドを取ろうとすると下からヒールフック狙い。ここも足を外したコールドウェルが上のままゴング。コールドウェルのラウンドに。  2R、オーソドックス構えで入るコールドウェル。イーゴの額は止血されている。サウスポー構えに戻して左インローはコールドウェル。コールドウェルの蹴りの打ち終わりに足払いでこかすイーゴはバックを狙うと腕十字に。  すぐに落としたコールドウェルは上も。ガードに入れるイーゴは下からヒジ! ボディトライアングルでコールドウェルをガードの中に入れて下から叩く。  コールドウェルが頭を下げるとヒジを突くイーゴ。中央にステイするコールドウェルだが、4の字ロックがキツいか、頭を上げることが出来ない。三角を狙ったところでゴング。この回のガードでは手数は下のイーゴだが。  3R、金網際でバックテイクはコールドウェル。引き込もうとするが、倒れないイーゴは正対。コールドウェルのシングルレッグをスプロールして切ると、イーゴのヒザが頭から肩に。ブレーク。  スタンドから詰めるイーゴにカウンターのダブルレッグはコールドウェル。しかしそこにギロチンを合わせるイーゴ。コールドウェルが頭を抜くと、際でバックを奪うイーゴが両足をフックしバックで引き込むが、正対したコールドウェルが上になりパウンドでゴング。すぐに立ったイーゴはゴングに咆哮。コントロールはコールドウェルだが……。  判定は2-1で体重超過のイーゴが勝利した。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R○オースティン・ヴァンダーフォード(米国)185.3lb/84.05kg[判定3-0] ※30-27×3×ファビアン・エドワーズ(英国)185.5lb/84.14kg  1R、右を振って金網に詰めて組んでダブルレッグテイクダウンはATTのヴァンダーフォード。エドワーズの両足を束ねるが、エドワーズは右で差してブリッジから立ち上がる!  サウスポー構えから左ハイはエドワーズ。ブロックするヴァンダーフォードは右インロー。エドワーズはスイッチしてからの左ハイ、右ジャブ。レベルチェンジから右を振り詰めてダブルレッグテイクダウンはヴァンダーフォード。  2R、サウスポー構えのエドワーズの左インローがローブローとなり中断。再開。ヴァンダーフォードは右エルボー。ヴァンダーフォードは詰めてダブルレッグも切るエドワーズ。ヴァンダーフォードの入り際に奥手の左ストレートを当てる。  ニータップからクラッチし持ち上げテイクダウンはヴァンダーフォード! エドワーズの右手首を掴み外してボディロックテイクダウン。背中を着いたエドワーズは蹴り上げから立とうとするが、ついていくヴァンダーフォードは再び背中を着かせてインサイドからヒジを打ち下ろしてゴング。  3R、右を振ってそのままニータップでテイクダウンはヴァンダーフォード! 背中を着けるエドワーズはハーフガード。パスガードの動きに跳ね上げてスイープを狙うが、ヴァンダーフォードが上に。エドワーズは一瞬背中を見せて立とうとするが、そこにバックを狙うヴァンダーフォードの動きに再び正対しガードで下に。  べったり背中を着かされるエドワーズ。ハーフから細かいパウンドのヴァンダーフォード。エドワーズはハーフからヒジで削ると、エドワーズも下から左ヒジでヴァンダーフォードを出血させる! 大出血のヴァンダーフォードが上のままゴング。  判定は3-0(30-27×3)のフルマークでテイクダウン&パウンドのヴァンダーフォードが勝利。「DW's Contender Series 2018」からBellator5連勝。戦績を11勝無敗とした。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R○ジェリール・ウィリス(米国)170.3lb/77.24kg[判定3-0] ※29-28, 29-28, 30-27×マイコン・メンドーサ(ブラジル)170.9lb/77.51kg  1R、ともにオーソドックス構え。長身のメンドーサは右ロー。ウィリスはレベルチェンジから金網まで押し込みリフトしダブルレッグテイクダウン! そのままサイドを奪う。片足を戻したメンドーサは金網を使い立ち上がる。なおもボディロックするウィリスは、引き出して尻を着かせるが、すぐに立ち上がるメンドーサは四つに持ち込む。しかし、ボディロックするウィリスはインサイドトリップで崩しに。メンドーサは右で小手に巻き崩れない。  2R、強い左ミドルをガード上に当てるメンドーサ。跳びヒザ蹴りはかわすウィリス。メンドーサは右ストレート、さらに右のブラジリアンキックをガード上に当てる。右オーバーハンドで前に出るウィリス。互いに右ローを打ち合うと、メンドーサは右を振り左ヒザ! しかしそこにダブルレッグを合わせたウィリスがテイクダウンを奪い上に。  すぐに立ち上がるメンドーサの尻下でクラッチしたウィリスがリフトし、テイクダウン。1Rともに力を使うが、ウィリスは恐るべきスタミナを見せ、ゴングにも走ってコーナーに戻る。  3R、メンドーサの左ローがローブローになり中断。再開。左ミドルを当てるウィリス。大きな左で前に。ステップバックするメンドーサは右ローをカーフに当てる。さらに左ローも、再び金的に。これはまともに当たりウィリスは股間を押さえ中断。再開。  メンドーサは右のバックフィストもそれをかい潜ったウィリスが組み付く。突き放すメンドーサだが、前に出るとそこにウィリスはボディロックテイクダウン! ここもすぐに立ち上がるメンドーサは離れる。  ワンツーの右を当てるウィリス。メンドーサの左の打ち終わりに右! メンドーサは後ろ蹴りをヒット。右でウィリスの腰を落とさせるが、ウィリスもそのまま組みに。それを突き放したメンドーサが跳びヒザで詰めてゴング。  判定は3-0(29-28, 29-28, 30-27)でダイナモパワーでテイクダウンを狙い続けたウィリスが勝利。LFA時代から数えて6連勝を飾った。 [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R○ハンナ・ガイ(米国)125.2lb/56.78kg[判定3-0] ※30-27, 29-28×2 ×ヴァレリー・ローレダ(米国)125.8lb/57.06kg  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーで前に出るガイに、下がりながらの右から左フックでダウンを奪うローレダ! ガイのダブルレッグを右で差し上げて上になるローレダ。しかし、ガイは下から腕十字へ!   前転からズラして腕を抜いて立ち上がるローレダ。なおも詰めるガイは首相撲&ヒザ。突き放すローレダは後ろ廻し蹴りもガイも避ける。  2R、ワンツーで前に出るガイ。ダブルレッグをいったんは差し上げて上になるローレダだが、ハーフからスイープしたガイは、声を挙げながらパウンド。マウントを奪うとヒジ! 三角に固めてヒジを打つが、リバーサルしたローレダが足も外し上に。クローズドガードのガイはガードからなおも腕十字! ヒジを抜いたローレダは右のバックヒジ! 左の蹴りは詰めるガイに距離を潰される。  3R、ローレダの圧力に下になるガイ。その仕掛けに自ら離れるローレダ。左ミドルを当てるローレダ。すぐに詰めるガイだが、体を入れ替えたローレダが左フック! ガイはダウン気味に引き込み下に。上から蹴りを入れ、スタンド勝負を望むローレダ。詰めて組むガイは首相撲ヒザ。  突き放すローレダは二段蹴り。詰めて左で差して組むガイだが、体を入れ替えたローレダはバックスピンキックに。これを詰めて潰したガイがテイクダウン! ガイが腕十字を狙ったところでゴング。  判定は1Rにダウンを奪われたものの、ポジションで圧倒し、腕十字のニアフィニッシュ、パウンド・ヒジも当てたガイが3-0で勝利した。ガイはMMA3勝1敗に。ローレダは4連勝ならず。 [nextpage] 【Preliminary Card】 ▼ライト級 5分3R○サッド・アワッド(米国)155.1lb/70.35kg[1R 3分16秒 TKO]×ネイト・アンドリュース(米国)155.7lb/70.62kg 1R、ボディロックするアワッド。正対したアンドリュースは突き放し、サウスポー構えから左の蹴り、しかしアワッドは右ストレートでケージに釘付け。アワッドの後頭部への攻撃で中断。  アンドリュースは大振りの右アッパーにカウンターを浴び、ダウン。ガードを取るアンドリュースだが立ち上がるとテレフォンパンチ気味に大振りに。アワッドと頭が当たったか。ダウンしたアンドリュースは立ち上がれず。戦意喪失でレフェリーが試合を止めた。 [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R○グラント・ニール(米国)204.4lb/92.71kg[1R 42分20秒 リアネイキドチョーク]×タイリー・フォーチュン(米国)205.3lb/93.12kg ▼ライト級 5分3R○スミコ・イナバ(米国)125.5lb/57.06192[3R 3分35秒 TKO]×クリスティーナ・キャッツキーズ(米国)125.8lb/57.06kg ▼ライト級 5分3R○アビブ・ゴザリ(イスラエル)155.7lb/70.62kg[1R 1分17秒 ヒールフック]×ショーン・フェルトン(米国)154.3lb/69.98kg ▼ヘビー級 5分3R○デヴィオン・フランクリン(米国)264.8lb/120.11kg[1R 2分02秒 KO] ×タイラー・キング(米国)246.3lb/111.71kg ▼女子フェザー級 5分3R○リア・マコート(米国)149.4lb/67.76kg ※体重超過[2R 2分42秒 三角絞め]×ジェネイ・ハーディング(米国)145.1lb/65.81kg ▼バンタム級 5分3R○ダニー・サバテーロ(米国)135.6lb/61.50kg[判定3-0] ×ブレット・ジョンズ(英国)135.4lb/61.41kg ▼ライト級 5分3R○アルフィー・デイヴィス(英国)155.1lb/70.35kg[判定3-0]×アレクサンデル・シャブリー(ロシア)154.8lb/70.21kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント