MMA
レポート

【Bellator】サイボーグが5R TKO勝ちで王座防衛!コールドウェルが体重超過のイーゴに敗れる、ヴァンダーフォードが11戦無敗に、ローレダ敗れる

2021/05/22 10:05
【Bellator】サイボーグが5R TKO勝ちで王座防衛!コールドウェルが体重超過のイーゴに敗れる、ヴァンダーフォードが11戦無敗に、ローレダ敗れる

(C)BELLATOR MMA / LUCAS NOONAN

 2021年5月21日(日本時間22日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて「Bellator 259: Cyborg vs. Smith 2」が開催された。

 6月11日の「Bellator260」より有観客となる同団体にとって、区切りとなる無観客試合のメインは、世界女子フェザー級(145ポンド・65.8 kg)選手権試合(5分5R)。王者クリス・サイボーグ(ブラジル)とレスリー・スミス(米国)の再戦がメインとなる。

 両者は2016年5月の「UFC 198」で対戦。サイボーグが1R 右フックからパウンドでTKO勝ちしている。

 前日公開計量では、先に登場した挑戦者スミスはマスクを着けて、143.6ポンド(65.13kg)で計量をパス。右手でガッツポーズを作ると、「私の方がより成熟したファイターで、より高い能力があり、このベルトを獲るための強い決意がある」と笑顔。

 迎え撃つ王者サイボーグは、144.6ポンド(65.58kg)でこちらもパス。両腕で力強くガッツポーズを見せると、右手で天を仰いだ。ショウタイムのアナウンサーのマウロ・ラナーロから意気込みを問われたサイボーグは、黒のBellatorマスクを外し、「ハードなトレーニングをしてきた。みんな私のベルトを持っていこうとするけど、誰にもそれは出来ない」と、防衛に自信をみせた。

 また、メインカードでは、2018年12月のRIZINと2019年6月のBellatorで2度、堀口恭司に敗れているダリオン・コールドウェル(米国)が登場。

 階級を上げて参戦したフェザー級ワールドGPではヘンリー・コラレスに判定勝ちし、新星アダム・ボリッチにもリアネイキドチョークで一本勝ちしたコールドウェルだが、準決勝でAJ・マッキーJrのショルダークランクで一本負け

 今回の再起戦では、バンタム級(135ポンド・61.2kg ※王座戦以外は1ポンドオーバーまで認められる)に戻し、2連勝中のレアンドロ・イーゴとトップ戦線生き残りを賭けて戦うこととなったコールドウェルは、135.6ポンド(61.50kg)でパス。

 しかし、対するレアンドロ・イーゴ(ブラジル)が137.5ポンド(62.36kg)で体重超過。それでもスチームパンク風の黄金マスクでコールドウェルに左手を突き出してフェイスオフを繰り広げたイーゴに、コールドウェルも怒りの表情で顔を近づけ、互いにマスク越しに禁止用語でまくし立てた。試合はキャッチウェイトで行われる。

 ほか、UFCファイターのレオン・エドワーズの実弟ファビアン・エドワーズ(英国)が登場するほか、プレリムでも、ウェールズ柄のマスクをつけたUFC5勝2敗のブレット・ジョンズ(英国)とTitan FC連勝・MMA10勝1敗のダニー・サバテーロ(米国)のバンタム級戦、ライト級の親子鷹アビブ・ゴザリ(イスラエル)、LFA王者対決のマイコン・メンドーサ(ブラジル)vs.ジェリール・ウィリス(米国)などがラインナップ。

 さらに、女子フライ級では、Bellator3勝無敗のヴァレリー・ロレーダ(米国)が、Bellatorデビューのハンナ・ガイ(米国)と対戦するなど、注目選手が並んでいる。

 Bellatorは、日本でも公式YouTubeチャンネルにて視聴が可能だ。

Bellator 259: Cyborg vs. Smith 2 速報

【Main Card】

▼Bellator世界女子フェザー級選手権試合 5分5R
○クリス・サイボーグ(ブラジル)王者・144.6lb/65.58kg
[5R 4分51秒 TKO]

×レスリー・スミス(米国)挑戦者・143.6/65.13kg

“世界最恐女子”サイボーグはStrikeforce、Invicta FC、UFCで王座を手にした後、2020年にBellator参戦。1月にジュリア・バッドを4R TKOに下し、4つ目のベルトとなるBellator世界女子フェザー級のベルトを手にした。2020年10月の前戦では、挑戦者のアーリーン・ブレンコウに2R リアネイキドチョークで一本勝ち、初防衛に成功している。

 対するスミスは女子フェザー級4位。2016年3月のUFCでは中井りんに判定勝利を収めている。2019年からBellatorに参戦し、2勝1敗。2020年9月の前戦では、アマンダ・ベルに判定勝利を収めている。

 両者は2016年5月の「UFC 198」で対戦。サイボーグが1R 右フックからパウンドでTKO勝ちしている。

 1R、ともにオーソドックス構え。詰めるサイボーグはワンツー。右に回るスミス。右ローを当てるサイボーグはボディ打ち、さらに右ミドルをヒット。突き放すスミスになおも詰めるサイボーグは左フック! 

 スミスの右フックの打ち終わりに右を返すサイボーグ! さらに右ボディストレートと上下に散らす。左を振るも戻しが遅いスミスに打ち返しはサイボーグ。

 ワンツーを当ててスミスに尻餅を着かせたサイボーグは上からパウンドしてパスガード。サイドを奪うと、亀になって立つスミスのバックからクラッチして背後にスープレックス!

 そのまま鉄槌連打もここはスミスが立ち上がり、力を使ったサイボーグに前に詰める。ここで右を差して押し込むサイボーグ。スミスは突き放してゴング。

 2R、左ストレートはサイボーグ。さらに右ミドル、左ボディストレートも。ジャブを打つスミスだが、その打ち終わりを狙うサイボーグが詰める。右回りのスミスを追うサイボーグは左ジャブのダブル。さらに頭を振って飛び込む左フック。

 左右前蹴り、左ジャブのスミスをさばき、右ストレート! 右ローも当てる。ワンツーから右ローに繋ぐサイボーグ。さらに左インローも前足に突く。

 スミスの右にサイボーグが右を返して右ミドルを腹に当てると、スミスが後退。ここにダブルレッグテイクダウンのサイボーグだが、スミスもすぐに立ち上がる。右ハイも打つサイボーグ。

 3R、オーソから左の蹴りはスミス。しかし続く左ミドルを掴んでテイクダウンはサイボーグ。ここはスミスがスクランブルで立ち上がる。左ミドルを打つスミスは左ボディも。しかし、サイボーグはワンツー! 右ハイも。スミスは押し戻す。左ジャブを当てるサイボーグ。スミスは右ストレートを返すが、サイボーグも左フックを狙う。左ミドルを突くスミス。詰めるサイボーグに左回りも左の打ち終わりはサイボーグが右を返す。

 右ボディストレート、左インロー、右ローを前足を打つサイボーグが前へ。ジャブのダブルから右ストレート。しかしスミスもブロック。スミスの蹴り足を掴んで倒したサイボーグに、立ち上がり際でキムラを狙うスミス。サイボーグはこれを潰して上になりゴング。

 4R、チャンピオンシップラウンド。オーソから左ミドルはサイボーグ。詰めるスミスに圧力をかけなおし、左ローを打つサイボーグ。スミスも左右のミドル。左ミドルも。右から左アッパーはサイボーグ。左ジャブを突くサイボーグ。シャープなワンツーにスミスの右は大振りに。サイボーグのワンツーの右にスミスのアゴが上がる! スミスの右ミドルを脇下で掴んで右ストレートで倒したサイボーグ! 立ち上がるスミスは手数が減るなか、ダブルレッグテイクダウンはサイボーグ! 残り30秒。サイドにパスし、パウンドする。

 5R、左ジャブ&右ローのサイボーグ。さらに左ジャブから今度は左ハイ。ブロックするスミスも右の蹴りを変える。さらにジャブから左ハイをかすめると、打ち気になって打ち返してきたスミスにサイボーグがダブルレッグテイクダウン。

 立つスミス。互いに右オーバーハンドを振るなか、右で差して組むサイボーグがバックテイク。キムラクラッチを組むクミスを潰すも、スミスも立ち上がる。スミスの左の蹴りに右ローで軸足を打ってバランスが崩れたスミスに、サイボーグは左から右ストレート! 

 ダウンしたスミスにいったんは体を離しながらもラッシュで飛び込んだサイボーグがパウンド連打で、残り9秒でレフェリーを呼び込んだ。

 試合後、サイボーグは「スミスはとてもタフだったけど、私には16年の経験がある。柔術の黒帯も白帯から。猫からG.O.A.T.(Greatest Of All Time)になる」と語った。

 また、次の防衛戦の相手にBellator2連勝中の元UFCファイターキャット・ジンガーノの名前を挙げた。

7月16日大会で女子フライ級王者ジュリアナ・ヴェラスケスとデニス・キーホルツの王座戦が決定。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント