K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】クルーザー級王座決定トーナメントに杉本仁、谷川聖哉、RUI、サッタリ・ウィラサクレック出場

2021/05/21 21:05
 2021年7月24日(土)東京・後楽園ホール『Krush.127』の記者会見が、5月21日(金)都内にて行われた。  今大会では4選手による「第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメント」がワンデーで行われる。初代王者K-Jeeが返上したタイトルを、杉本仁(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)、谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)、RUI(K-1ジム福岡チームbeginning)、サッタリ・ウィラサクレック(WSRフェアテックス・イラン)が争う。  杉本はプロデビューから無敗の快進撃を続けていたが、9戦目でK-Jeeに敗れて初黒星。その後も4勝(4KO)でK-1初代クルーザー級王座決定トーナメントに臨むも準決勝で敗退。2019年のKrush初代クルーザー級王座決定トーナメント準決勝でK-Jeeに敗れて試合から遠ざかり、クルーザー級で戦える身体を作って2020年9月に約1年4カ月ぶりの復帰戦で加藤久輝を延長戦の末に降した。戦績は13勝(9KO)3敗1分。  谷川は2016年正道会館第14回ウェイト制全日本空手道選手権大会重量級準優勝、第1回&第3回真正会全日本空手道選手権大会重量級優勝の実績を持ち、極真会館にも挑戦して2016年第33回全日本ウェイト制空手道選手権大会重量級4位、2016年第48回全日本空手道選手権大会7位入賞の成績を収めた。2017年5月にキックボクシングでプロデビューし、2020年3月よりK-1 JAPAN GROUPに参戦。今年3月にはRUIを判定で破っている。戦績は5勝(2KO)4敗1分。  RUIは193cmの長身を誇るサウスポーで2017年からK-1 JAPAN GROUPに参戦。2019年の初代Krushクルーザー級王座決定トーナメントでは1回戦で愛鷹亮を3R2分31秒、顔面ヒザ蹴りでKO粉砕。5月の準決勝では植村真弥を判定3-0で破り、決勝へ勝ち上がったが元同門のK-JeeにKOで敗れた。その後、2020年1月に中平卓見をKOしたが、11月K-1福岡大会でANIMAL☆KOJIにKO負け。K-1ジム福岡に移籍して臨んだ今年3月の試合では谷川に敗れて連敗中。戦績は13勝(5KO)10敗1分。  サッタリはWAKOアマチュアムエタイ世界ミドル級王者、ムエタイ・プレジデントカップ2012優勝、ムエタイ・アジアンビーチゲーム2014優勝、ムエタイ・アジアインドア&マーシャルアーツ2017優勝などの実績を持ち、プロ戦績は13勝(6KO)1敗。2020年10月のKrushに初参戦を果たすと谷川を右フックでKO、今年3月のK-1では加藤久輝をもヒザ蹴りでKOした。  優勝候補と目されるサッタリは「自分はより強くなるために毎日練習を積み重ねております。このトーナメントに参加できることを嬉しく思っています。K-1のベルトを狙うためのいいスタートだと思っています」と挨拶。  初戦での対戦が決まったRUIは「前回3月から時間が経って復帰戦でトーナメントを組んでいただきありがとうございます。1回戦からいきなり優勝候補。事実上の決勝戦だと思っています。これに勝てば波に乗れると思うのでベルトは俺がつかみます」と、打倒サッタリを宣言する。  谷川は、テレビ中継のゲスト解説を務めていた関根勤が谷川を「貴乃花に似ている」と指摘したことから「K-1の横綱」「K-1の貴乃花」を名乗るようになり、この日も突っ張りで登場。「K-1 JAPAN GROUPに参戦してまだ日が経ってない僕を選んでくれてありがとうございます。ここがゴールではないので、ここでベルトを獲って次のステップにどんどん勝ち進んでいきたいのでまずはここをしっかり獲りたい」と、通過点に過ぎないとする。  初戦での対戦が決まった杉本は「2回目のトーナメントですが、前回獲れなかったのもあって、今回4人の中では一番実績とトーナメントの経験もあるのでここは自分が獲りたいと思っています」と“今度こそ”を口にした。 [nextpage] 記者との質疑応答 ――初戦の相手の印象を。 サッタリ「自分の相手は前回負けているとはいえ、みんな強くなるために日々トレーニングを積んでいる選手だと思っています。それは自分自身も同じでこのトーナメントで勝つために練習を積んできているので対戦相手が誰であろうと必ず勝って優勝したい」 RUI「サッタリ選手はK-1 JAPAN GROUP重量級の中でもスピードがある谷川選手を倒して、一番パワーがある加藤選手も倒して、パワーとスピードにあふれた選手。身体能力が高くてぶっちぎりの優勝候補候補ではないかと。前回のクルーザー級トーナメントも1回戦から僕に優勝候補をぶつけてきているので、自分の持ち味を活かして攻略して決勝へ駒を進めたい」 谷川「何でもできてバランスのいい選手。前回の加藤戦を見たんですが、気持ちも強くて1回戦からタフな試合になる気がしています。ただ、トーナメントは僕の方が絶対に慣れているので自信があります」 杉本「谷川選手はパンチも蹴りもバランスがよくて、最近の試合でもパンチで倒していて、若くて勢いのある選手だと思っています」 ――決勝で当たりたい選手は誰ですか? 杉本「サッタリ選手は今一番勢いがあって強いと思うので楽しみです。やってみたいと思います」 谷川「どっちが来ても僕はいいかなと思っています。多分、何があるか分からないのが重量級だと思うので、どっちの対策もしたい」 RUI「正直、1回戦だけを見ています。谷川選手も杉本選手も対戦経験があって、決勝でやるとなると何年か前にやって負けている杉本選手とやりたいと思う」 サッタリ「誰が決勝に上がるか予想しづらいが、誰が来ても打ちのめすことだけに集中して練習する。リングの中では何が起こるか分からないので、そこは自分も楽しみにしています」 ――ベルトへの想いは? 杉本「前回のトーナメントでも出て負けているので、2度目の挑戦と言うか。それはしっかり獲りたいなと思っています」 谷川「自分はベルトに絡ませていただくのが初めてですが、ジムには偉大な先輩がたくさんいるので、獲る人は一発で獲るので自分が持っているか持っていないかを試されている。ひとつの目標です」 RUI「このベルトに関しては、想いが一番強いのは俺だと思っています。前回目の前で相手に巻かれて凄い悔しい思いをしました。一番じゃないと2位でも3位でも意味がない。過去の栄光にすがっても前へ進めないです。Krushのベルトを巻いてもっと夢に向かって突き進んでいきたいですね。重量級だけじゃなくて、K-1でもKrushでも各階級のトーナメントが盛り上がってきています。その中でも重量級の違いを見せて、4選手がぶつかり合えばおのずとそういう結果が生まれてくる。そういう意味で重量級の今後が試されているトーナメントだと思います」 サッタリ「Krushのベルトは自分のキャリアの中でもとても大事な存在だと思っています。日本へやって来たのはプロとしてのキャリアをより大きくさせるため。そのキャリアを進めていくためにこのベルトは重要だと思っています」 ――サッタリ選手はトーナメントの経験がありますか? また1日2試合は不安ではないですか? サッタリ「以前8人トーナメントで1日3試合を経験した。だから今回のトーナメントは気持ちの上で問題ない。このトーナメントのメンバーを見てもとてもいいトーナメントになるんじゃないかなと思っています。その中でも自分のベストを尽くしていいパフォーマンスを見せたいと思います」 ――谷川選手は「トーナメントは慣れている」と言いましたが、これは空手の大会でトーナメントを多く経験していることで勝ち方を熟知しているということですか? 谷川「そうですね。空手の大会ですが、2日間で7試合とか、世界大会では3日間で8試合とか。相手も無差別なので90kgの制限がないところで僕はずっとやってきた。自分の悪いところでもあるんですが、しり上がりにどんどん(調子が)上がって行くのでその辺を期待してもらえたらと思います」 ――杉本選手は前回も試合期間が空いた時に自分を作り直す時間に当てたと言われていましたが、今回もそうなのですか? 「そうですね。前回の試合で悪かった部分があったので、そことフィジカル面でも全体的に上げていっています」 ――RUI選手は前回の谷川戦の敗戦をどう思っていますか。また、今回がラストチャンスとの想いはありますか? RUI「前回の試合は全く自分の良さが出せず上手くやられた印象です。それだけ谷川選手が上手くて強くて、とてもやりづらかった。今回のトーナメントに関しては先輩のK-Jeeが巻いていたベルトを返上したことによって組まれたトーナメント。このベルトが元々あった場所は福岡なので、福岡から出すわけにはいかない。2代目として必ずベルトを腰に巻きたいですね」 ――最後にファンへ一言。 杉本「いいメンバーが揃っていて激しい試合になると思うので、ぜひ楽しみにしていてください」 谷川「あと2カ月くらい僕は人生を懸けてこのトーナメントに挑みたい。こんな状況の中でもサポートしてくれる方が増えてきて、ファンも増えてきて、ここで獲る獲らないで今後が変わるので全身全霊で練習から取り組んで、7月24日はベルトを獲りに行きたい」 RUI「7月24日は自分の誕生日でもあります。この日にプレゼントを自分に渡す。それくらいの気持ちも込めてリングに上がります。1回戦から強敵サッタリ、誰がどう見てもRUIは1回戦で終わるだろうと捉えている人も少なくないと思う。不利で不安がられている状況で2カ月間、RUIがどういう練習をして強敵に挑んでベルトを巻くかのストーリーも楽しんでいただきたい。厳しい状況の中で自分が頑張ることで見ている人にパワーを与えられる、それがプロ選手だというのが自分の想いでもあります。7月24日は絶対下馬評を覆しに行きます」 サッタリ「自分としてはK-1ファンの皆様、ジムのみんな、サポートしてくれる皆さんにありがとうと言いたいです。応援よろしくお願いします。(日本語で)誰でも大丈夫です」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事