グラップリング
ニュース

【UNRIVALED ALTANA】藤野恵実が参戦、アンディ・コングvs.谷口実も。グラップリングの最大公約数か!?『UNRIVALED』配信=5月22日(土)

2021/05/20 11:05
 2021年5月22日(土)にGENスポーツパレスにて無観客で行われるピュアグラップリング大会『UNRIVALED(アンライバルド)』のアマチュア大会『UNRIVALED ALTANA(アンライバルド オルタナ)』が開催される。  UNRIVALEDはあらゆる競技者が集うグラップリング大会。レスリング、柔道、サンボ、柔術など、それぞれの特性が生かせるルールとポイント制で、あらゆるグラップリングの可能性を追求する。  試合は、8m四方のマットを使用し、階級別で競う。サブミッションによる一本の他に、投げ技やテイクダウンでの加点、引き込みによる減点などのポイント制を導入し、あらゆる競技がイーブンになるようにルールを設定している。  ナンバーシリーズと、アマチュア育成を目的としたオルタナシリーズで構成。そのアマチュア部門「UNRIVALED ALTANA」(三部構成)の概要および、対戦カードが発表された。   YouTube UNRIVALED公式チャンネルで無料視聴が可能で、エキスパートの第一部は14時45分より配信。  後半の第三部では、MMAやレスリング、柔道、柔術、サンボの実力者がエントリーし、UNRIVALEDのコンセプトを体現するマッチメイクとなっている。  18時から配信される「EXPERT」メインカードでは、PANCRASE女子ストロー級王者の藤野恵実(FIGHT FARM)が参戦。2018年全国社会人レスリングオープン選手権女子50kg級優勝のアマチュアエリートレスラーにてBJJ紫帯の山田海南江(IGLOO)と対戦する。  メインカード第2戦は柔道vs.柔術対決。柔道全日本Jr.優勝経験もある宮川太暉と、柔術本場ブラジルで修行経験のある堤宏太が対戦。オフィシャルでは「全日本Jr.を制した宮川の右一本背負いか、堤のバルボーザ仕込みのサブミッションか。一本決着必至!!」と紹介している。  メインカード第1戦は下前快喜と、深澤新の道衣マッチ。「UFC GYM JAPAN INVITES」でチョークを極めた下前と、柔道国際大会でも入賞歴がある投げ技の深澤と、関節技の下前、こちらも柔術vs.柔道の戦いとなる。  パラエストラ小岩のアンディ・コングは、全日本選手権で2018年紫帯スーパーヘビー級優勝、2019年茶帯オープン優勝入賞。2021年4月のHEATではイゴール・タナベを相手に3度目のオーバータイムの末にスパイダーウェブからの腕十字で敗れている。  谷口実は、ZSTのグラップリングトーナメント「GTF.4」1回戦で、CARPE DIEMの強豪レダ・メブトゥシュを相手に、ディープハーフから両足でレダの足首を極めるアンクルホールドでタップを奪い、大番狂わせを起こした選手。2020年8月のZSTでは、キックルールで信一と時間切れドローに持ち込んでいる。 ◆UNRIVALED ALTANA5月22日(土) GENスポーツパレス第1部 ビギナー 13試合 11:30試合開始第2部 エキスパート 14試合 14:45試合開始 第3部 エキスパート 6試合 18:00試合開始 【公式ルール】※公式HPより 関節技や絞め技による一本勝ち タックルや投げ技によるテイクダウン。+2ポイント マウント、サイドポジション、バックマウント。+2ポイント 抑えこまれた状態から脱出。+1ポイント 自ら座って相手を引き込む。-2ポイント サブミッションを仕掛けられている状態から腰上まで持ち上げる→ブレイク 投げ技で背中から着地した場合、IPPON。それ以外は+2ポイント ガードポジションからトップポジションに移行。+2ポイント
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事