ONEONE
MMA
インタビュー

【ONE】フォラヤンとの3度目対戦で一本勝ちの青木真也「実は若い選手とやっていきたいなって気持ちがあります」

2021/04/30 11:04
【ONE】フォラヤンとの3度目対戦で一本勝ちの青木真也「実は若い選手とやっていきたいなって気持ちがあります」

(C)ONE Championship

 2021年4月29日(木・祝)朝9時30分からシンガポール・インドアスタジアムにて「ONE on TNT 4」が開催され、第3試合のライト級で、エドゥアルド・フォラヤンと3度目の対戦に臨んだ青木真也が、1R 腕十字で一本勝ち。試合後に囲み取材に応じた。

 一本勝ち後、フォラヤンに「いつかもう一度やろう」と伝えた青木は、今後戦いたい相手として、今回試合が流れたセージ・ノースカット、秋山成勲の名前を挙げたが、同時に「実は若い選手とやっていきたいなって気持ちがあります」と、レジェンド枠に収まることのない、枯渇しない格闘技への思いも表している。

青木真也「日本で、秋山とやりたいかな」

──1Rでの一本勝ち、おめでとうございます。試合を終えたばかりの率直な気持ちをお聞かせください。

「早い時間に試合して、早い時間に終わったので、一日ゆっくり使えるなって。どう過ごそうかなって思っています」

──3度目の対戦で何かフォラヤン選手がやってくるんじゃないかというような恐怖感はなかったでしょうか。それとも、グラウンドに持っていけば極められるという自信を持って臨めましたか。

「怖かったですね。試合は誰とやっても怖いものですよね。やりたくないなって思っていました」

──フォラヤン選手との一勝一敗での3戦目だったと思うのですが、思った以上にすんなり行きましたか。それとももう少しチャレンジングな試合になると思っていましたか。

「もうちょっとハードな試合になると思っていたんですけれども、グラウンドでコントロールして、エルボーが良いタイミングで入ったので、それで試合が傾いたかなと思います」

──フォラヤン選手に2連勝です。そんな中で試合後にフォラヤン選手に「またやろう」と伝えたと思うんですが、それはどういった気持ちだったのでしょうか。

「『また何年か後にもう一回やろう』って言いました。なんか、一生懸命やってきてくれたのも分かるし、お互いこのコロナ禍において相手が変わったし、これで辞めて欲しくないというか、もっともっと一緒に頑張りましょうよっていう気持ちですね」

──興味深いですね。それはONEチャンピオンシップでですか? それとも別のステージでしょうか?

「またONEで。やっぱり5年前に彼に負けて、色々苦しいこともあったけど、そっから頑張って来れたので。今回、彼も負けていて苦しい時だと思うけど、また一緒に頑張っていきましょう、みたいな気持ち、仲間みたいな気持ちがあるから。またやりましょう!という感じです」

──フォラヤン選手とのラバーマッチで勝利を収めたことについて、どのような達成感がありますか。

「誰に勝ったかというより、試合がすごく怖かったので、それを乗り越えれてホッとしています」

──青木選手は現在37歳で4連勝をマークしたことについてはどう感じていますか。

「連勝しているというか、格闘技が好きで、ただ単純に楽しいだけなので。ずっと楽しくてただやっているだけです」

──試合後に「今後に戦いたい相手」として秋山成勲選手の名前も出しましたが、それは彼が同じ日本のスターでもあるから対決を実現したいという意味でしょうか。

「そうですね。これは日本では大きなマッチメイクだから、やるなら日本の人に盛り上がって欲しいから、やっぱりやりたいなと思いますけどね」

──セージ・ノースカット選手が試合後にツイートをしていたのですが、彼はその後に削除していました。そこでやりとりがあったようですが、このことについて少し教えて下さい。

「なんか、“次は俺だ”みたいなこと言うから。あんたコロナで試合できなかったのに、次は俺だって、お前どの口が言うねんみたいな。このバカ、うんこ食ってろみたいなことをちゃんとやっていました」

──ONEもセージ選手も青木戦をやりたい、そんな感じがするのですが、青木選手的にはどうですか。

「別に、全然やれって言ったら誰でもやりますよ、僕。だって、セージ・ノースカットがダメだからフォラヤンとやって下さいって言われてやっているんで」

──エディ・アルバレス選手がオク・レユン選手に負けました。どう感じましたか。

「なんだろうな。彼(アルバレス)ってもういっぱいお金も持っているし、立場もあるし、別に試合をしなくてもいい人じゃないですか。それでもまだやっているので、そう言う意味でシリアスというか、ハングリーになれないところはあると思うので、この結果を僕はちょっと予想していましたけどね」

──青木選手から見て、エディ選手はどうしたらまた強いエディを取り戻せると思いますか。また、今のエディ選手の敗北を見て、秋山選手やセージ選手との試合の方が興味があるという考えもありますか。

「僕は、次エディ、みたいなことは全く思っていなくて。エディがどうやったら元気になるかとか、俺知らないっすよね。なんか元気になる薬とかあったら良いですけどね、みたいなことは思いますけど(笑)。僕は、(秋山選手って言いましたけど)実は若い選手とやっていきたいなって気持ちがあります」

──秋山選手かセージ選手のどちらかと戦いたいとおっしゃっていたと思うのですが、次にやるならどちらが良いですか? もし選べるとすれば。

「日本で、秋山とやりたいかな」

──それは、さいたまスーパーアリーナですか?

「イエス! サイタマ! サイタマ OR 武道館!」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事