SirikaSirika
MMA
レポート

【ONE】青木真也がフォラヤンに1R一本勝ちで秋山に対戦呼びかけ! デ・リダーがンサンとの再戦制し二階級制覇、レユンがアルバレスからダウン奪い判定勝ち

2021/04/29 09:04
 2021年4月29日(木・祝)朝9時30分からシンガポール・インドアスタジアムにて「ONE on TNT 4」が開催された。  第3試合のライト級で、エドゥアルド・フォラヤンと3度目の対戦に臨んだ青木真也は、フォラヤンに1R 腕十字で一本勝ち。フォラヤンに「もう一度やろうね」と伝えて握手し、試合後、「 彼に負けてからの僕の人生にいろんなことがあって、それは彼も同じだろうし、また一緒に頑張って、どこかで交わろうよって気持ちです。ありがとう」と語った。 ▼第6試合 ONE世界ライトヘビー級選手権試合 5分5R×アウンラ・ンサン(米国/ミャンマー)王者 101.35kg[判定0-3]○ライニアー・デ・リダー(オランダ)挑戦者(※ミドル級王者)96.85kg※デ・リダーが新王者に。二階級制覇  2020年10月以来の再戦。前回はミドル級王座を賭けて両者が対戦し、二階級王者のンサンが1Rにデ・リダーのリアネイキドチョークで一本負け。ミドル級王座から陥落している。  今回はヴィタリー・ビグダッシュが欠場のため、6日前の緊急オファーを受けた無敗のデ・リダーが、ンサンの虎の子のベルト、ライトヘビー級王座に挑戦する。  ンサンは、2017年6月のビタリー・ビグダッシュとの再戦で判定勝利し、ミドル級世界王座を獲得。さらに、2018年2月にアレクサンドル・マチャドを1R TKOに下し、ライトヘビー級王座も獲得、二階級同時王者となった。2019年10月の日本大会では、ブランドン・ヴェラに2R TKO勝ちでライトヘビー級王座防衛に成功。ONE7連勝をマークしていた。うち2018年6月と2019年3月大会では、日本の長谷川賢をいずれもTKOに下している。  階級を変えた今回の再戦で雪辱を晴らすことが出来るか。  対するデ・リダーは、5歳から始めた柔道の投げを武器に、柔術でも黒帯の寝技、そして193cmの長身を活かした打撃を誇る。13勝無敗でONEでは4連勝中。  2019年1月にロン・ファンをダースチョーク、6月にジルベルト・ガルバオをグラウンドヒザで下し、2020年2月には、5度のブラジリアン柔術世界王者に輝くレアンドロ・アタイジを判定で下し、王座挑戦の機会を獲得すると、前戦でンサンを予告通りのリアネイキドチョークで一本勝ち。ライトヘビー級のベルトを巻いた。再戦で初防衛なるか。  1R、先にダブルレッグテイクダウンはデ・リダー。すぐにバックテイクから引き込み、スクランブルするンサンにハーフで上に。さらにマウントへ。  背中を見せるンサンにリアネイキドチョーク狙いで足を4の字に巻くデ・リダー。背後からパウンドし、右腕を首下に巻こうとするが、右首をガードするンサン。ならばと左腕でフェイスロック気味に極めを狙い、マウントから肩固め狙い。ここも凌いだンサン。  亀になるンサンにバックマウントのデリダーを前方に落としたウサンは、スタンドから下のデリダーに蹴り。ガードの中に入っていくとデリダーは腕十字狙いも、外すンサンは立ち上がり蹴りでゴング。  2R、シングルレッグのデリダーは金網に詰めてダブルレッグに移行しテイクダウン。ンサンの立ち際にバックテイクし、中腰のンサンに右足をかけにいく。正対し引きはがすンサンに、なおもシングルレッグテイクダウンはデリダー! 小手に巻いて立つンサンに小外がけテイクダウンはデリダー! 背中を着かせる。  マウントを奪うデリダー。しかしンサンはケージウォークで後転し亀から立ち上がりに成功。シングルレッグかrバックテイク狙い、さらに小外で引き込みテイクダウンはデリダー! シングルバックから正対し、レッグドラッグ、サイドを奪うデリダーがヒザ蹴りを突く。  3R、サウスポー構えになり、オーソのンサンの左前足にシングルレッグテイクダウンはデリダー。バックテイクから引き込み、ボディトライアングルに足を4の字に組むデリダー。ブリッジするンサンの立ち際にダースチョークを狙うデリダー! ケージ背に中腰で耐えるンサンは首を抜き立ち上がり。しかし、そこにデリダーは休まずダブルレッグに入る。片ヒザを立てるンサンが立ち上がりゴング。  チャンピオンシップラウンドへ。この4Rもすぐにテイクダウンはデリダー! 荒い息遣いのなか、マウントを奪うデリダーに亀で立ち上がるンサン。その背中に乗るデリダーはバックマウントへ。  シングルバックのときに腰をずらし上体を立てて正対を狙うンサンだが、4の字ロックに戻し、際でマウント奪うデリダー。金網を蹴って体を入れ替えようとするンサンだが、デリダーはマウントをキープし、細かいパウンド。拍子木に上体を立てて強いパウンドを放ち、ンサンはガードを固めてゴング。  5R、さきに詰めてシングルレッグ、金網に詰めて右で差して大内刈テイクダウンはデリダー! ハーフガードのンサンをパスガードし、またもマウントへ。ブリッジから後転しついにリバーサルしたンサン!  クローズドガードの中に入れるデリダーは下から抱きつき大きな打撃を打たせない。細かい鉄槌のンサンにオーバーフックし、腕十字を狙うデリダー。ンサンが上から細かく鉄槌を打ち、ゴング。ンサンは勢いよく両手を挙げたが……。  判定は3-0で王者デリダーが勝利。ミドル級に続き、ライトヘビー級の再戦でもンサンを制したデリダーは、これで二階級制覇。4月23日の緊急オファーを受けて、王座戦で勝利し、戦績を14戦無敗としたデリダーは、ヘビー級王者のブランドン・ヴェラに対戦を呼び掛けた。 [nextpage] ▼第5試合 ライト級 5分3R○オク・レユン(韓国)76.95kg[判定3-0]×エディ・アルバレス(米国)77.10kg  アルバレスは、元UFC&Bellator世界ライト級王者。2013年にマイケル・チャンドラーを破りBellator世界ライト級王者となると、2016年にはUFCでハファエル・ドス・アンジョスをTKOに下し、UFC世界ライト級のベルトも腰に巻いた。その後、ジャスティン・ゲイジーをKOに下し、ダスティン・ポイエーに敗れ、ONEに移籍。  2019年3月のONEデビュー戦でティモフィ・ナシューヒンにTKO負けを喫するも、2019年8月にはエドゥアルド・フォラヤンを逆転のリアネイキドチョークで極めて一本勝ちしている。  2021年4月の「ONE on TNT 1」ではユーリ・ラピクスと対戦。先にテイクダウンを奪ったアルバレスが、両足を束ねてパウンドも、それがラピクスの後頭部に入り、試合続行不可能に。レッドカードが出され、アルバレスの反則負けとなっていた。しかし、後日の検証でイエローカードが妥当とされ、試合結果が「ノーコンテスト」に変更。アルバレスは今回の「ONE on TNT 4」にも出場となった。今回勝利し、クリスチャン・リーが持つベルトに挑戦を望んでいる。  オク・レユンは韓国ライト級最強ファイター。HEATでもトム・サントスを苦しめるなど実力者ぶりを示しているオク・レユンは、韓国Double Gで、モンゴルのブレンゾリグ・バットムンクとの再戦をリアネイキドチョークで一本勝ちすると、Gladiatorライト級王者のキ・ウォンビンにも判定勝ち。  2021年4月の「ONE TNT 3」でONEデビューを果たし、ダゲスタン出身のマラット・ガフロフ(ライト級5位)に判定勝ち。アルバレス戦が有力視されていた。ONEライト級2位のラピクスに優勢だったアルバレス越えで、一気に上位進出を狙う。  1R、ともにオーソドックス構え。左右を振ってシングルレッグに入るアルバレス。両足を引き出しテイクダウンを狙うが、足を抜いて右で小手に巻くレユン。左で差すアルバレスは再びシングルレッグへ。  上からヒジを突くレユン。右で差しに変えてアルバレスはアゴ下に頭をつけて前に振って引き出しテイクダウン! しかし、すぐに立つレユン。離れるアルバレス。右を振るアルバレスに、レユンは右を打ち抜きダウン!  ガードに入れるアルバレスだが、鉄槌連打のレユン。レフェリーが間に入りそうになるも、アルバレスの動きに様子を見る。レユンはスタンド勝負に戻すと、右を当てる! アルバレスも左、右を返しゴング。  2R、シングルレッグから右で差すアルバレスだが、突き放すレユン。アルバレスは右ロー、そしてダブルレッグ&小外がけテイクダウンも、すぐに金網背に立つレユン。再び右で差すアルバレスだが、突き放すレユン。  ヒザ着きのダブルレッグに入るアルバレス。金網まで詰めると右で差し上げ、右ヒザをボディに突く。離れて左右を振り、再びダブルレッグも切るレユン。  左右のローを突くレユンに、アルバレスはなおもダブルレッグへ。脇を潜りバックを狙うアルバレス。離れるレユンになおも金網に詰めて右を振るアルバレス。  3R、右ローを突くアルバレス。詰めるとダブルレッグへ。切るレユンにアルバレスは右アッパー。さらにカウンターの左フック! またも休まずダブルレッグに入ると、尻を着かせるも、すぐに立つレユン! 右ローを当てるアルバレス。何度もテイクダウントライを続けるアルバレス。レユンの走り込んでのヒザをかわし、右カーフキックを当てるアルバレス。レユンは右前蹴りも、その打ち終わりに詰めるアルバレスは声を上げながらテイクダウンを狙う。右を打つレユンは右アッパーも。  アルバレスも右を首もとに返すと右ハイをガード上に。金網背にするレユンも左を振るが手数はアルバレス。判定へ。1Rにダウンを奪ったレユン。2R以降、回復させてテイクダウントライ、手数も出したアルバレスだが、決定打は奪えず、テイクダウンもすぐに立たれ、判定は3-0でレユンが勝利した。 [nextpage] ▼第4試合 ヘビー級 5分3R○キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)112.50kg[2R 5分00秒 TKO]×オマール・ケイン(セネガル)116.3kg “ログログ”ことオマール・ケインは、パンチ有りのセネガル相撲の英雄でMMA3勝無敗。2019年12月に27歳でMMAデビューし、ONEファイターのモハメド・アリに勝利しているソフィアヌ・ブキシューを相手に2R TKO勝ち。  2021年1月のONEデビュー戦では、立ち技のスペシャリストで柔道経験もあるアライン・ンガラニをシングルレッグから小内刈でテイクダウンしパウンドアウト。続く、2021年4月の「ONE on TNT 1」では、MMAデビュー戦のキックボクサー パトリック・シミッドを1RにパウンドでTKO勝ちしている。  対するベラルーシのキリル・グリシェンコもMMA3勝無敗。世界レベルのレスラーで、2017年のレスリング世界選手権グレコローマン130kg級5位、2019年欧州大会では優勝の実績を持つ。2020年にMMAデビューし、地元ローカル大会のBFC、NFGで3戦ともにフィニッシュしている。  セネガル相撲vs.グレコローマンの組みの戦いにも注目だ。  1R、向き合うとデータと異なりグリシェンコの方が長身。ともにオーソドックス構え。詰めるグリシェンコは左前蹴りから詰めるが、そこにケインも四つに。ここで相撲のように差した右手で思わずパンツを掴む反則のケイン。  しかし両脇を差すグリシェンコはヒザを突き上がる。左は差し返したケイン。その左脇に右ボディを突くグリシェンコ。再び両脇差して突き放す。  大きなワンツーをかわされたケインは右カーフを当てる。しかし圧力をかけるグリシェンコは右ハイから組んで右で差す。体を入れ替え離れるケインは息が荒い。右ローを突くグリシェンコ。さらにバックフィストもかわすケインが詰めてヒザを折り、ゴング後にテイクダウン。  2R、ハイキックのグリシェンコに、左右を振るケインは、詰めるグリシェンコの後ろ廻し蹴りの空振りで尻餅を着いた後に右で差して押し込みも、突き放すグリシェンコ。右ローのケインに、右のスーパーマンパンチのグリシェンコ。  そこで体を入れ替え左で差して押し込むケイン。グリシェンコはゴング後にパンチ。抗議するケインはマットに倒れこむ。そのまま3Rのスタートに応じず。グリシェンコのTKO勝ちとなった。 [nextpage] ▼第3試合 ライト級 5分3R○青木真也(日本)74.60kg[1R 4分20秒 腕十字]×エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)76.75kg  当初、青木真也と対戦予定だった元UFCのセージ・ノースカットが新型コロナウィルス感染症の治癒後の後遺症により欠場。また、フォラヤンと対戦予定だった秋山成勲も怪我により欠場したため、今回、青木とフォラヤンが対戦することになった。  青木とフォラヤンは1勝1敗。  初戦は2016年11月にONE世界ライト級王者としてフォラヤンの挑戦を受けた青木が、3Rに跳びヒザを受けてダウン。さらに追撃のヒザ蹴り・パウンドでTKO負け。青木が3度目の防衛に失敗し、王座から陥落した。   2度目の対戦は、2019年3月。王者フォラヤンと打撃で渡り合った青木が、1Rに右で差して腰に乗せてテイクダウン。パスガードから肩固めを極めてフォラヤンに失神一本勝ち。王座を奪還している。  フォラヤン戦後、青木は現王者のクリスチャン・リーに敗れるも、その後はホノリオ・バナリオ、江藤公洋、ジェームズ・ ナカシマを相手に3連勝中だ。  対するチームラカイのフォラヤンは、2019年3月に青木真也に肩固めで一本負け後、同年8月にもエディ・アルバレスに逆転のリアネイキドチョークで一本負け。2019年11月にツォゴーフ・アマルサナに3R負傷判定勝ちで再起を飾るも、2020年1月にピーター・バウシュトに判定負け、10月にアントニ・カルーソにもダウンを奪われての判定負けと2連敗中だ。  ラバーマッチに向け、ライト級4位の青木に勝利することで、再び王座戦線浮上を狙う。青木のセコンドには盟友・北岡悟。  1R、サウスポー構えの青木がじりじりと詰める。オーソドックス構えのフォラヤンは右から長い左をかすめて当てる。青木は左ミドルを返す。さらに左ミドルハイをガード上に当てる。右ローを軽く返すフォラヤン。  レベルチェンジからシングルレッグに入る青木。金網に詰める青木に体を入れ替え、左で差したフォラヤンに、右でオーバーフックし、いったん跳びつきガードの動きを見せながら着地し、フォラヤンに体を入れ替えさせず上体を立たせて小外がけテイクダウンは青木!  すぐに両足を自身の足で4の字に束ねて背中を着かせる。細かいパウンドからマウントに移行する青木はヒジ打ち。左で枕に抱き、寝かせながら、ハーフに戻そうとするフォラヤンに、両足を外側から巻きマウントをキープし、さらにヒジ! 出血するフォラヤン。  ガードで腕を伸ばすフォラヤン。脇を開けさせた青木は、手前の足ではなく奥の右足を抱えながら壁側に身体を倒して、さらに壁から横のマットにズラして腕十字へ! タップを奪った。  試合後、フォラヤンは「MMAは何でも起こる。彼は蛇のようにとてもタイトだった。やってきたことを出せなかった。おめでとうシンヤ」とコメント。  続けて、4連勝を決めた青木は、「相手が変わって、フォラヤンありがとう。同じくらいの歳で、もう1回チャンスがあればやりましょう。あなたに5年前に負けていろいろと苦しいことがあったけど、皆のおかげで僕もここまでやってきました。また一緒に頑張りましょう」とフォラヤンに対して返答。  そして、インタビュアーのミッチ・チルソンから戦いたい相手を問われ、「2人います。1人はセージ・ノースカット、必ずやりましょう。そして、いま日本の放送席にいる秋山、秋山! 適当なことやってんじゃねえよ、試合で穴空けたこと分かってんだろ? 次はお前だ、首洗って待っとけ」と、試合が飛んだノースカットと、ここ数年試合の話が上がる秋山との戦いを望んだ。  そして、最後に「一言だけ、ありがとう。それだけです」と語り、ケージを降りた。  放送席の秋山は、「絶対言ってくると思っていた。普段は『秋山さん』て言うのに、呼び捨てですよ?」と苦笑しながらも、青木の対戦要求について、「青木選手は自分を引っ張って救ってくれている。ありがたい。憧れの選手ですし、いろんな人の協力があってどういう形か分からないけど、いいパフォーマンスになると思っています。実現できることを願っています」と返答した。 [nextpage] ▼第2試合 女子ムエタイ ストロー級 3分3R○ジャッキー・ブンタン(米国)55.95kg[判定3-0]×エカテリーナ・バンダリーヴァ(ベラルーシ)55.70kg  ブンタンは米国・カリフォルニア州ロサンゼルス出身で、20勝5敗という戦績を引っ提げてONEとの契約を獲得。ジュニア時代には国際アマチュアムエタイ連盟(IAMTF)フェザー級王者などのタイトルを獲得し、シニアではカリフォルニア州のムエタイ王者にも輝いた。また、『SHEfights』など、1日で優勝者を決める形式のワンナイト・イベントも何度も制覇している。  現在、アトム級キックボクシング世界王者のジャネット・トッドの練習パートナーで、2021年2月にはスタンプ・フェアテックスと同門のワンダーガールと対戦し、左フックでダウンを奪い、勝利している。  対するバンダリーヴァは、2010年と2011年のWKN女子54kg級世界王者。WMF、IFMAでも王座を獲得しており、2011年11月には、WKNワールドGPでムエタイ時代のヨアナ・イェンジェチックに判定勝利している。2019年10月のONE両国大会では、後にスタンプを撃破するジャネット・トッドのハイキックに敗れているため、トッドの練習パートナーのブンタンには負けられないところだ。  長身で長いリーチを保つバンダリーヴァにブンタンは、左前手を巧みに使い、中に入り内側から右すとレートをヒット。右ヒジ、さらにバンダリーヴァの打ち返しをかわして左をヒット。判定勝利した。 [nextpage] ▼第1試合 女子キャッチウェイト(60.6kg)5分3R○コルビー・ノースカット(米国)60.45kg[1R 2分28秒 腕十字]×コートニー・マーティン(豪州)58.65kg  元UFCで現在ONEに参戦中のセージ・ノースカットを弟に持つ姉のコルビー。アンジェラ&クリスチャン同様に姉弟でONE参戦を果たしている。  首里流空手の世界王者でキックボクシングの経験も持つコルビーは、大学を卒業後、2017年にLFAでMMAデビューも2R TKO負け。テキサス州からカリフォルニア州に引っ越し、TJ・ディラショーが所属する『Treigning Lab』で練習し、コーチはマーク・ムニョス、サム・カラビッタ、フアン・アーチュレッタ、そして夫のレイモンド・ダニエルズらと練習を積んでいる。  2019年11月にONEデビューし、インドネシアのプトゥリ・パドミに判定勝ち。今回が1年5カ月ぶりの試合となる。  対する豪州のマーティンはアマチュアMMA8勝1敗。GAMMAシンガポール大会で3連勝中で、今回がプロデビュー戦となる。  1R、先に詰めるマーティン。右で差して小外がけテイクダウン。ハーフガードから右で脇差し立ち上がるコルビー。しかしマーティンは今度は大内刈でテイクダウン。下のコルビーは腕十字へ。タップを奪った。  試合後、コルビーは「ストライカーだと思われてるけどMMAファイターであることを示したかった」と笑顔で語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事