SirikaSirika
MMA
インタビュー

【追悼】古賀稔彦さんがKID戦前の宮田和幸にアドバイスしていた“勝負の際”

2021/03/24 12:03
 柔道のバルセロナ五輪男子71kg級金メダリストの古賀稔彦さんが24日、死去した。53歳だった。死因は不明も、関係者によると2020年にがんの手術を受け、その後療養していたという。  古賀さんは背負い投げを武器に、1988年ソウルから五輪に3大会連続出場。1992年のバルセロナ五輪柔道男子71kg級で金メダル、1996年アトランタ五輪では78kg級で銀メダルを獲得。世界選手権は1989、1991、1995年の3度優勝した。身長170cmの小柄な身体ながら、鮮やかな背負い投げで「平成の三四郎」と呼ばれた。  総合格闘技にも理解があり、本誌『ゴング格闘技』にも再三登場。2006年4月には、翌月にHERO'Sミドル級(70kg)で山本“KID”徳郁戦を控えた宮田和幸(45歳・BRAVE GYM主宰)と、乱取対談を行っている。  ともにオリンピアンで、小・中と柔道家だった宮田は、当時をこう振り返る。 「自分はレスリングの前に柔道をやっていたのですが、僕たちの世代の一番、凄い人でした。お会いしたときは、自分がKID戦前で、直に組んでいただき、貴重なアドバイスをいただきました」  対談前に「古賀塾」の畳の上で古賀と組んだ宮田。内股を仕掛けたが、びくともしなかった。 「組んだ瞬間に強さを感じました。子供のときに大人の先生と組んだ感じ。大人になってからその感覚を味わうことはなかったので驚きました」 “ヘラクレス”と呼ばれた宮田をもってしても、動かない古賀。 「古賀さんはすべてが強くて、もちろん力もあるんですけど、やっぱりタイミングが抜群。格闘技はすごい力があることや運動神経がいい、ということ以上にタイミングが重要なんです。そのタイミングが力を凌駕する。それが柔道の神髄なんだと思います。古賀さんはもちろん全部を兼ね備えたなかで、力でねじ伏せるんじゃなくて理合があり、様々な布石を打ってその一瞬のタイミングで入ってくる。ただ、やっている人から見るとあれはなかなか出来ない。斬り合っているような感じです」 [nextpage] 古賀「宮田君がタックルに入る前の、ひと手間がカギ」  撮影用の乱取後、対談では、当時10連勝中で“神の子”と呼ばれたKIDとの決戦を前にした宮田に、古賀は自身の勝負論を語っている。 「自分の持っているものを再確認することの方が大事だと思いますね。対策、対策、っていうのは結局、後手に回るんですよ。KIDがこうきたら、自分はこう受けるっていうんじゃなく、自分の攻撃がどうすればうまく入るか、そこだけを考えていけばいいと思います。KIDワールドvs.宮田ワールドですよ。ある程度、相手のやることを頭に入れておけば、防御は自然に出来ますから。宮田選手は五輪の舞台を経験してるんで分かるでしょう。何を考えて戦っていたか思い出せばいい。自分の攻撃を最優先にしていた自分がいたはずです。総合のリングを五輪に置き換えればいいんですよ」 「自分の攻撃を最優先に、後手に回らず」と語った古賀は、試合を予見するように、宮田にこんなアドバイスを送っていた。 「KID戦でいえば、宮田君がタックルに入る前の、ひと手間がカギなんじゃないですか。KIDもレスリング経験者だし、当然、宮田君がタックルで来るのは想定しているでしょう。その対策も練っているはずですから、宮田君が何か一つ、KIDの想定外の技を出してからタックルに入ることが出来れば、相手のリズムも崩せて、自分の世界に持っていけるでしょうね」  しかし、試合はプロMMA16戦目のKIDと、プロ6戦目の宮田の経験の差があらわれる結果に。ゴングと同時にグローブタッチ無しに、いきなり走り込んできたKIDに対し、宮田は思わずタックルに入ろうとするが、そこにKIDは跳びヒザ蹴り──4秒でゴングが鳴らされた。 「いま思い出して、ハッとしたんですけど、自分はいきなり入りましたね、タックルに……。試合前に古賀さんに言ってもらったことも全部吹き飛んでしまったのか……勝負師として、勝負の際を、古賀さんは忠告してくれていたんだと思います」  以降、宮田は白星の数を増やし、2018年大晦日の山本アーセン戦での一本勝ちで5連勝をマーク、マットにグローブを置いている。  古賀さんは、2000年に現役を引退してからは全日本女子柔道コーチや全日本柔道女子強化委員としても活躍。川崎市で「古賀塾」を開くなど柔道の普及に尽力し、近年は環太平洋大でも総監督を務めていた。 「古賀さんは、ただ強いだけじゃなくて、誰が見ても完璧に投げていると分かる技で、中量級でも大きな人を投げてしまう、柔道の“柔よく剛を制す”を体現した人だと思います。いろんな意味で憧れの人でした。ゆっくりしてもらいたいと思います」(宮田)。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事