SirikaSirika
MMA
レポート

【UFC】キャリア3年のガーヌが元RIZINのホーゼンストライクを破り8勝無敗に! ダゲスタンのアンカラエフが6連勝

2021/02/28 10:02
 2021年2月27日(日本時間28日)、『UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Gane』が開催された(ヘビー級戦線に異状あり!)。  メインイベントでは、ヘビー級4位のジャルジーニョ・ホーゼンストライク(32・スリナム)が254.5ポンド(約115.44kg)、同7位のシリル・ガーヌ(30・フランス)が247ポンド(112kg)で、共に計量をパスしている。  なお、ライトヘビー級で戦う予定だったマキシム・グリシン(ロシア)が95.48kgで体重超過。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のダスティン・ジャコビー(米国/92.76kg)に報奨金の30%が支払われる。  2月20日大会では、ハファエル・アウベス(ブラジル)が、11.5ポンド(約5.21kg)のUFC史上最悪の計量オーバーで没収試合となるなど、4選手が体重超過だったが、今回はグリシン1人がクリアできず。  しかし、新型コロナウイルス感染症検査で陽性判定を受けたため、ウィリアム・ナイトvs.アロンゾ・メニフィールドのライトヘビー級マッチは3月27日(日本時間28日)に開催予定の「UFC 260」に延期に。  また、女子ストロー級のアンジェラ・ヒルvs.アシュリー・ヨーダーも、計量後にヨーダ陣営から新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、3.13『UFC Fight Night 187: Edwards vs. Muhammad』に延期となった。  また、ランディ・ブラウンの欠場により直前のオファーを受けてアレックス・オリベイラと対戦することになっていたラマザン・クラマゴメドフが、「医学的に試合に適した健康状態にない」と判断されたため、オリベイラ対クラマゴメドフ戦は中止となっている。 UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Gane 現地時間2021年2月20日(土)、日本時間21日(日)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX 【メインイベント】 ▼ヘビー級 5分3R○シリル・ガーヌ(フランス)247lbs/112.04kg[判定3-0] ※50-45×3×ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)254.5lbs/115.44kg  公式身長ではともに193cmながら、向かい合うとガーヌが大きく、リーチでは198cmのホーゼンストライクに対して、ガーヌが211cmと大きく上回る数値となっている。  キックボクシング出身のホーゼンストライクは、2018年5月のRIZINでアンドレイ・コヴァレフにスプリット判定勝利。19年2月にUFCデビューし、ジュニオール・アルビニを2R、アレン・クロウダーを1R、アンドレイ・アルロフスキーを1R、そしてアリスター・オーフレイムを5R、いずれもKO・TKOに下している。  2020年5月にフランシス・ガヌーに1R KOで敗れ、初黒星を喫するも、前戦となる同年8月にジュニオール・ドス・サントスを2R TKOで下し再起を果たした。MMA戦績は11勝1敗(UFC5勝1敗)。  対するガーヌは、父親が元フランス1部のサッカー選手というアスリート一家生まれ。2018年8月にカナダTKOでデビュー後3連勝、2019年8月にUFCデビューし、ラファエル・ペソーアを肩固め、ドンテール・メイズをヒールフックに極め、タナー・ボーサーに判定勝ち。前戦となる2020年12月にジュニオール・ドス・サントスを2R TKOで下すなど、UFC4連勝で、MMA7戦全勝をマークしている。うち判定勝利が1つというフィニッシャーだ。  1R、ともにオーソドックス構え。大きな右のオーバーハンドを振るホーゼンストライク。かわすガーヌは細かいステップから高速の右ジャブ!  いったんサウスポー構えにスイッチし、左インローを放つガーヌ。5R戦で手数は少ない慎重な立ち上がり。ガーヌの蹴り足を取って右で詰めるホーゼンストライク。 左ストレート、左ミドルからスイッチして右を放つガーヌ! 続けてダブルレッグに入ると、差し上げるホーゼンストライク。しかしガーヌはダブルレッグテイクダウン! ホーゼンストライクは背中を着けずに金網に上体を立ててブザー。  2R、サウスポー構えから入るガーヌ。ホーゼンストライクの右は遠い。オーソドックス構えからインロー、さらに左ジャブ、右ローの対角線攻撃。サウスポー構えから右ジャブとアウトボクシングで戦う。  手数が少ないホーゼンストライクは右を振り左ロー。ガーヌはサウスポー構えから右前足でホーゼンストライクの前足を蹴る。  いったん下がるガーヌを追うホーゼンストライク。そこにダブルレッグで押し込むガーヌが金網に押し込み、左で差して崩すとすぐにリアネイキドチョークへ! これを外したホーゼンストライクは近距離で打ち合いを望むが、距離を取るガーヌ。  3R、サウスポー構えから左ストレートはガーヌ。出入りでオーソドックス構えから左ジャブ、サウスポー構えに戻し、ホーゼンストライクのステップインと同じ歩幅でバックステップする。  大きな右のオーバーハンドを見せたガーヌ。しかしそこに右を合わせに行くホーゼンストライク。カウンター狙い。右の関節蹴り、右ジャブと散らすガーヌ。右ジャブも。右ローから連続の右ストレートも、ここはオープンハンドとなり注意。  オーソドックス構えから左ジャブのガーヌ。ホーゼンストライクもローから詰めに行くが、そこにシングルレッグに入るガーヌ。  4R、オーソドックス構えから左ジャブ、右の前蹴りで牽制するガーヌ。さらにサウスポー構えとなり、右の跳びヒザ! 打撃数ではガーヌが上回る。サウスポー構えから右ジャブでホーゼンストライクに金網を背負わせるガーヌ。左のヒザを突き刺すがローブローに。中断後再開。右ジャブから左ストレートはガーヌ! ホーゼンストライクは金網背に。  5R、武器に差がある両者。サウスポー構えから左インローはガーヌ。最終ラウンドも自ら圧力をかける。詰めて左ハイはガーヌ。ブロックするホーゼンストライクだが、金網背に。ヒジ打ちから組むガーヌは右で差して押し込み左ヒザ。頭を掴み体を入れ替え離れるホーゼンストライクだが、すぐにガーヌの圧力を受ける。  いつの間にか金網背にするホーゼンストライク。ガーヌのワンツーには右のカウンターを狙うが、そこに両差しで押し込むガーヌ。差し上げるホーゼンストライク。。いったん離れたガーヌはなおもダブルレッグから脇を潜りバックテイク。ホーゼンストライクを崩して手を着かせ、立ち上がったホーゼンストライクを押し込んでブザー。右手を挙げた。  判定は3-0(50-45×3)のフルマークでガーヌが勝利。4位のホーゼンストライクを下した7位のガーヌは、試合後、「すごいタフでデンジャラスな相手で警戒してたけど、やろうと思っていたことができた。ホーゼンストライクはもっとハードアタックでプレッシャーをかけてくると思ったけど、自分の方がプレッシャーをかけられたよ。とにかくハッピーだ」と笑顔でコメント。  今後については、「MMAの経験は3年で少ないけど、もう自信がついた。(ヘビー級上戦線について聞かれ)これで8勝無敗だし、いい試合を組んでもらえたら、僕はここいますよ」と、控え目に王座挑戦をアピールした。 [nextpage] 【コ・メインイベント】 ▼ライトヘビー級 5分3R○マゴメド・アンカラエフ(ロシア)205.5lbs/93.21kg[判定3-0] ※29-28×3]×ニキータ・クリロフ(ウクライナ)205.5lbs/93.21kg  ライトヘビー級8位のクリロフと、11位のアンカラエフが対戦。  MMA14勝1敗のアンカラエフは、ダゲスタン国立大学時代にグレコローマンレスリングを学んだ後、コンバットサンボを始め、スポーツマスターの称号を授与された。アマチュアMMAでロシア国内選手権、世界選手権で王者となり、プロでローカル大会を経て、2018年3月にUFCデビュー。ポール・クレイグ相手に優勢に試合を進めるも、3Rに三角絞めに捕まり、残り1秒でタップしMMA初黒星。しかしその後は5連勝(4KO)をマークしている。  2020年2月にイオン・クテラバに38秒 TKO勝ちも、レフェリーのストップが早すぎたと論争が起こり、2020年10月に再戦。1R 4分19秒、KOでクテラバを返り討ちにしている。  対するクリロフは、ヘビー級からライトヘビー級に落として連勝していたが、ミーシャ・サークノフに敗れリリース。2018年に再契約してからは2勝2敗で、現王者のヤン・ブラホヴィッチと、グローヴァー・テイシェイラに敗れるも、2020年3月の前戦ではジョニー・ウォーカー相手にデビュー以来初となる判定勝ちをマークしている。  1R、サウスポー構えのアンカラエフに、オーソドックス構えのクリロフは強い右を打ち込み、組んですぐにスタンドバックテイクへ。引き出して崩して右の足首を使い、左足を両足で挟んでコントロール。しかし、足を抜いたアンカラエフは金網を使い立ち上がる。  なおも右で差してハイクラッチのクリロフだが、小手に巻いて差し上げるアンカラエフは切る。右から左ハイを狙いクリロフに、強い圧力をかけるアンカラエフは左ミドル、しかしクリロフも右を当てる。  ワンツーから前蹴り、そのまま歩いて打撃を放つ、極真空手出身のクリロフ。組んで行くアンカラエフは右で差すが、クリロフは凌ぐ。  2R、組んで押し込み右を当てるアンカラエフ。サウスポー構えながら前手の右が強いアンカラエフ。クリロフは回りながら左ミドルを返す。圧力をかけるアンカラエフは右ハイ。クリロフの左ミドルを掴んで首相撲ヒザはアンカラエフ。さらにクリロフの入りにアンカラエフは右を合わせる。  クリロフのハイ、さらに後ろ廻し蹴りをかわして組んでテイクダウン。クリロフは下から右手おオーバーフックしてスイープ狙い。さらに頭をつけてダブルレッグに入るが、ここは潰したアンカラエフ。下のクリロフはニーシールドで手首を持つが、そこにヒジ打ちはアンカラエフ。  3R、ワンツーから左ミドルに繋ぐクリリフ。前蹴りから前に出るアンカラエフ。クリロフの右ローに右ストレートを合わせるアンカラエフ! なおも右で差して組んでいくアンカラエフは、前方に崩して小外がけテイクダウン! 左を小手に巻き立ち上がるクリロフ。右で差してバックを狙うアンカラエフだが、小手に巻き金網背にするクリロフ。脇を潜りそうになるが、外足を越させないクリロフに、ダブルレッグテイクダウンはアンカラエフ! 相手のふくらはぎをニーオンするアンカラエフ。そのまま細かくパウンドし、ブザー。  判定は3-0(29-28×3)でアンカラエフが勝利。  UFC6連勝を飾ったアンカラエフは、試合後、「ありがとう。彼とレスリングするつもりはなかったけどそうなってしまった」と淡々と語った。 [nextpage] 【メインカード】 ▼女子フライ級 5分3R△モンタナ・デ・ラ・ロサ(米国)126lbs/57.15kg[判定1-0] ※28-28×2, 28-27△マイラ・ブエノ・シウバ(ブラジル)125.5lbs/56.93kg  女子フライ級。前戦2020年9月に元PANCRASE女王のヴィヴィアニ・アラウージョに判定負けしたモンタナ・デ・ラ・ロサ。夫のマークとともにUFC初の夫婦UFCファイターだったが、マークはリリースに。レスリングと柔術の組み技をベースとする。  対するシウバは、「DW's Contender Series 2018」からUFC入りし、2勝1敗。白星はジリアン・ロバートソンとマラ・ボレラにいずれも腕十字で一本勝ち。マリーナ・モロズには判定負けでMMA7勝1敗。  1R、ともにオーソドックス構え。右のカーフキックを狙うシウバ。そこに長い右を狙うデ・ラ・ロサ。首相撲&ヒザを蹴るシュートボクセのシウバに、首を抜いたデ・ラ・ロサは、シングルレッグからダブルレッグテイクダウン。立ち上がるシウバは、なおもデ・ラ・ロサのシングルレッグを金網を掴んで防御し、イエローカードで減点が出される。  距離を詰めて首相撲&ヒザはシウバ! シングルレッグで押し込むデ・ラ・ロサの下がった頭にヒジを突く。左ジャブで前に出るシウバにダブルレッグはデ・ラ・ロサ。シウバのバックエルボーをかわしてなおも組み付く。  2R、シウバの打撃にカウンターで、ダブルレッグに入り、ボディロックに切り替えるデ・ラ・ロサだが、小外も耐えたシウバが押し倒し上に。パウンドで体を離すシウバにデ・ラ・ロサは立ち上がる。  右ハイを打つデ・ラ・ロサ。足を獲りに行くデ・ラ・ロサを切り、首相撲にとらえ、ヒジはシウバ。下に下がりダブルレッグに行くデ・ラ・ロサはついにテイクダウン。パスガードからマウント、パウンド。肩固めも狙えるが、ブリッジで外すシウバ。デ・ラ・ロサが上のままブザー。  3R、ハイキックのダブルはシウバ、さらに首相撲&ヒザに、さらに左ミドルを当てる。デ・ラ・ロサはシングルレッグに入り、金網に押し込み、両足の間に挟むが、シウバはニンジャチョークへ。首を外すデ・ラ・ロサは何とかシウバに尻を着かせるが、足を抜いたシウバは立ち上がる。なおも右で差して詰めるデ・ラ・ロサ。足を抜いて離れようとするシウバをなおも追いかけダブルレッグへ。差し上げてヒジを打つシウバ。シングルレッグで押し込むデ・ラ・ロサだが、切る。  中央で再開。すぐにシングルレッグでテイクダウンを奪うデ・ラ・ロサ! しかし、シウバが下から腕十字をしかけ、デ・ラ・ロサが担いだところでブザー。判定1-0(28-27、28-28×2、28-27)でドローとなった。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R○ペドロ・ムニョス(ブラジル・8位)135.5lbs/61.46kg[判定3-0] ※30-27×2, 29-28×ジミー・リベラ(米国・9位)135.5lbs/61.46kg  2015年11月以来、5年3カ月ぶりの再戦は、右カーフキックを効かせたムニョスが、足を殺されても覚悟のリベラの右を被弾しながらも、判定3-0(30-27×2, 29-28)でリヴェンジ。ムニョスは「ATTで毎日、月曜から土曜まで4年半、練習をしてきたおかげだよ」とコメントした。 ▼女子ストロー級 5分3Rアンジェラ・ヒル(米国)116lbs/52.62kgアシュリー・ヨーダー(米国)116lbs/52.62kg※ヨーダ陣営から新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、3.13『UFC Fight Night 187: Edwards vs. Muhammad』に延期。アンジェラは「こんな状況ですぐに3月にリスケされたのは幸運なことだと思う」とのコメントをSNSに投稿。 ▼フェザー級 5分3R○アレックス・カサレス(米国)146lbs/66.22kg[判定3-0] ※30-26×2, 30-27×ケビン・クルーム(米国)145.5lbs/66.00kg [nextpage] 【プレリム】 ▼ライト級 5分3R○ティアゴ・モイゼス(ブラジル)155.5lbs/70.53kg[判定3-0] ※30-27×2, 29-28×アレクサンダー・ヘルナンデス(米国)156lbs/70.76kg ▼女子バンタム級 5分3R○アレクシス・デイビス(カナダ)135lbs/60.78kg[判定3-0] ※30-27×2, 30-26×サビーナ・マゾ(コロンビア)135.5lbs/61.46kg ▼バンタム級 5分3R○ロニー・ローレンス(米国)135.5lbs/61.46kg[3R 2分38秒 TKO] ※パウンド×ビンス・カチェロ(米国)135.5lbs/61.46kg ▼ライトヘビー級 5分3R○ダスティン・ジャコビー(米国)204.5lbs/92.76kg[判定3-0] ※29-28×3×マキシム・グリシン(ロシア)※210.5lbs/95.48kg※グリシンは規定体重をオーバー。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のジャコビーに報奨金の30%が支払われる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事