SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】金原正徳の「カーフキック時代終焉」論とは?

2021/02/24 21:02
【RIZIN】金原正徳の「カーフキック時代終焉」論とは?

 元UFCファイターの金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)が、自身のYoutubeで「カーフキック時代終焉!? 実践的カーフキック対策!!」を公開。格闘技界に一大ムーブメントを巻き起こしているカーフキックのMMAでの対処法と危惧を表明した。

 大晦日に堀口恭司(アメリカントップチーム)が朝倉海をTKOに下したことで話題となっているカーフキック(足裏の筋肉・ふくらはぎへのキック)。立川ALPHAを主宰する金原は、キッズクラスの子供たちから「カーフキックはどうやって蹴るんですか?」と聞かれることが多くなったという。

 そんなキッズたちに金原は、こう回答している。
「そんな卑怯なことをせずに、“裏の筋肉”を蹴るんじゃなくて、“表の筋肉”を蹴りなさい」と。その意図はどこにあるのか。金原に訊いた。

 まずは、相手に対して、どんな距離や位置取り、リズムで戦うべきか。そのなかでカーフキックを含むローキックをどう使うか。

「しっかりとしたローを蹴れるようになってからカーフキックを蹴る。これがすごく重要。受け手もしっかりカットできるようになること」と、基本ができた上でバリエーションが生きると、金原は説く。

 本誌の取材にも「カーフキックに限ったことではありませんが、ずっと自分が言ってきたことは、相手に対してリズム感や距離感が合わなければ、パンチも蹴りもテイクダウンも合わせることはできないということ。カーフキックも、そもそもきちんとローをカット出来ないとカーフにも対応できない。蹴る方も、しっかりローキックを蹴ることが出来る“タイミング”を掴まないと、怪我をします」と、前提を語る。

 動画では、「なぜ、キックボクシングではカーフによるKOが少ないのに、MMAでは主流になるのか」を、その構えから解説をしている。

 まずは前足重心になりがちなMMAについて、「MMAは絶対的に体重の比率が前が6で、後ろが4。それは、相手のテイクダウンへの耐性を高めるために前重心になる。あるいは、パンチ重視のボクシングスタイルでもそうなる」と説明。

 対してキックボクシングやムエタイの場合、「アップライトの構えで後ろ重心が6で、前が4。カーフキックを蹴っても(足が)流れて(ダメージを逃がされて)しまうか、あるいは、ヒザを外に向けて脛カットができる。だから立ち技でのカーフによるKOは少ない」と、MMAとの構えの違いがあるという。

 ただし、近年、キックボクシングでもカーフキックが試合の流れを変えることがあるのは、パンチ重視の構えになっているからだと指摘。蹴りを掴むことがNGで、3分3Rの試合ではキックをカットするよりも、受けてパンチで攻撃する方が勝つ確率が高くなるため、蹴りをカットする文化が廃れつつあったからだという。

 MMAでも、ムエタイのように後ろ足重心の6対4で構えることが出来れば、カーフキックでダメージを負わされることはないが、青木真也のような“綺麗な構え”でMMAを戦うには技術が必要だ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事