ONEONE
キックボクシング
レポート

【NKB】高橋亮がハイキックで鮮やかKO勝ち「僕の一番の目標は大晦日の舞台で試合をすること」、sasoriは同門対決で苦闘ドロー

2021/02/20 22:02
【NKB】高橋亮がハイキックで鮮やかKO勝ち「僕の一番の目標は大晦日の舞台で試合をすること」、sasoriは同門対決で苦闘ドロー

高橋(左)が左ハイキックでWBC日本王者・山浦からTKO勝ちを収め、RIZIN大晦日大会への出場を目標に掲げた 撮影/安村発

NKB日本キックボクシング連盟「必勝シリーズvol.1」
2021年2月20日(土)東京・後楽園ホール

▼第11試合 メインイベント 60kg契約 3分5R
〇高橋 亮(真門ジム/NKBフェザー級王者)
TKO 4R 0分48秒 ※左ハイキック
×山浦俊一(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者、元NJKFスーパーフェザー級王者)


 高橋は“高橋三兄弟”の次男で、近年は『KNOCK OUT』にも参戦。2017年12月には小笠原瑛作からダウンを奪って引き分け、2018年5月には宮元啓介、9月には瀧澤博人から勝利を奪い、2019年6月にはホームのNKBでバンタム級に続いてフェザー級のタイトルも奪い、2階級制覇に成功。10月には大ベテランの国崇にもTKO勝利。2020年は「ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント」で決勝へ進出したが、村田裕俊に延長戦で敗れて優勝を逃した。今回は61kgで初の試合を行う。サウスポーで戦績は20勝(8KO)7敗2分。


 山浦は15歳でプロデビューするも16歳から21歳まで現役を離れ、22歳で復帰。2019年9月にNJKFスーパーフェザー級王座を奪取している。2020年12月にWBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(マイウェイジム)に挑戦し、判定3-0で王座を奪取した。2019年2月には高橋三兄弟の三男・高橋聖人と対戦し、ダウンを奪われて判定負けしており、高橋兄弟へのリベンジ戦という図式も。戦績は12勝(2KO)8敗2分。


 1R、圧力をかけて前に出るのはサウスポーの高橋。強烈な左ロー、前蹴り、左ミドルを放つ。三浦は右ミドルを返し、高橋の蹴りをキャッチしての左右フックも見せた。


 2Rも強い左ローを蹴る高橋はいきなりの左ハイ。さらに左ローを蹴っての左ミドル、そしていきなりの左ストレートと攻撃を散らして相手の意表を突く。三浦もローを蹴るが手数が少ない。


 3R、高橋は左、三浦は右を狙い合って相手の空振りを誘う展開。待つ時間が増えてそのまま終わるかと思いきや、残り10秒のところで高橋の左三日月蹴りが突き刺さってダウンを奪う。


 4R、三浦はパンチを出しつつ高橋をコカしていくが、高橋は前蹴りで吹っ飛ばした後、今度は左フックを放ってきた三浦に左ハイキックを炸裂させて三浦はバッタリと倒れる。レフェリーが即座に試合をストップし、高橋のTKO勝ちとなった。


 高橋はマイクを持つと「2021年のNKB、いいスタートを切れたんじゃないですか。めっちゃ言いたいことがある。このカードが組まれた時に聖人が勝っている相手なのでめちゃナメられていると思った。でも(前回)負けて文句が言える立場じゃないので。僕の一番の目標は大晦日の舞台で試合をすることなので、大晦日の試合ができるように応援してください。それと三浦選手、悔しくてリベンジしたいのだったら緑のベルト、WBCのベルトを懸けてやってくれるんだったら考える。僕はどのリングで戦ってもNKB出身なのは変わらないので、渡邊代表、どんどんやらせてください」とアピールした。


(写真)フィニッシュとなった高橋の左ハイキック

 試合後、高橋は「今日のテーマはレベルの違いを見せることでした。最終的にKOで締められてレベルの違いを見せられたと思います。本当はローで1・2回ダウンを取りたかったんですが、思っていたより反応が良くて効かせられると思ったんですができなかったですね。足、腹、顔、全部効かせてやろうと思っていました。腹が効いたので絶対にハイキックが入ると思って。ボディのフェイントをしてからハイを蹴りました」と、圧倒するとのテーマを達成できたと振り返った。


「(弟の聖人に負けている相手なので)最初は断ろうと思ったんですが、村田戦で負けているので発言権はないので倒して勝って言いたいことを言わせてもらおうと思って受けました」と言い、「また山浦選手がやりたいなら今度はWBCのベルトを懸けてくれるならやります。真門ジムにフェザー級の後輩がいて、僕がNKBフェザー級のベルトを返さない限り獲れないので、その枠を譲らないといけない。だから別のベルトが欲しい。いろいろ挑戦していきたいですね」と、NKBフェザー級王座は後輩に譲って別のタイトルを獲りたいとした。

 また、RIZIN大晦日大会への出場アピールは「一番の目標はそこ。大晦日の舞台で試合をするのが格闘家の夢なのでそれは叶えたいです、絶対に。でもまだその舞台に立てるレベルにいないので、そういう選手になりたいのでいろいろな団体のオファーを待っています」と、大晦日を目指していきたいと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事