ONEONE
グラップリング
ニュース

【QUINTET】桜庭和志がAACC来訪、浜崎朱加&RENAも出場候補に。3月12日(金)女子3チームの巴戦で開催

2021/01/21 19:01
 2021年3月12日(金)EX THEATER ROPPONGIにて「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」の開催が決定した。  2019年4月の「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO Female Open Team Championship2019」以来、2回目となる女子大会は、QUINTETでは初となる「3チームの巴戦」により優勝が争われる(※5人の合計体重は280kg)。  今回、出場3チームのうち、まずは阿部裕幸氏が主宰するAACCが「TEAM AACC」として参戦することが決定。 “日本女子格闘技の虎の穴”とも呼ばれるAACCは、第3代RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加を筆頭に、DEEP JEWELSストロー級王者・本野美樹、DEEP女子ミクロ級王者の大島沙緒里、修斗インフィニティリーグ2019優勝の杉本恵らを擁しており、さらに、出稽古でSB世界女子フライ級王者のRENA(シーザージム)も練習に参加している。  AACCを訪れた桜庭和志プロデューサーは、大学レスリングで同期(桜庭は69年生まれ・中央大レスリング部、阿部は70年生まれ・拓大レスリング部)だったという阿部代表とともに浜崎朱加、RENAと面談。  浜崎には、「(RIZINで山本美憂に)洗濯バサミで勝った人? 見ました。今度、洗濯バサミを教えてください」と勧誘。阿部代表も「RIZINの試合が無ければ」とプッシュした。  立ち技女王のRENAについても、阿部代表からの「寝技メッチャ練習してるから、普通にデキる子なんですよ。チャンスがあったら、チャレンジしてほしいなと」との推薦を受け、桜庭Pは「とりあえず2人は候補で、5人お任せします」と、さらなるAACC勢のチーム編成に期待を寄せた。 【写真】本誌『ゴング格闘技』2019年11月号で練習対談したRENAと桜庭和志。  果たして浜崎&RENAのQUINTET参戦はあるのか? 現在、残り2チームは調整中で、出場選手も含め、決定次第、発表される。なお、3.12「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」のチケット先行発売は2月1日(月)10時から、各プレイガイドにて受付開始となる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事