キックボクシング
ニュース

【REBELS】定期演奏会に参加する予定が試合をすることになった松﨑公則「全国の中年の皆様方、私に力を送ってください」=全選手コメント

2020/12/05 21:12
 2020年12月6日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.68』(昼興行)の前日計量&記者会見が、5日(土)都内にて正午より行われた。夜の部の『REBELS.69』も合わせて全38選手が1回目の計量で見事パス。  計量後の会見では、メインイベントとセミファイナルの選手を除いて(別に会見を行ったため)全出場選手がそれぞれ意気込みを語った。 ▼第6試合 52.7kg契約 3分3R延長1R REDルール 白幡裕星(橋本道場/MuaythaiOpen スーパーフライ級王者)=左「明日は対戦相手が急遽になったんですが、受けてくれた松崎選手ありがとうございます。相手は変わりましたが目標は変わっていないので、明日は松崎選手の試合をさせずに僕が倒して勝ちたい」 松﨑公則(STRUGGLE/元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者、元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)=右「今回出場する予定ではなかったので(泰史欠場のため急遽出場)、明日はこの格好(タキシード)で東京経済大学グリークラブの定期演奏会(男声合唱)に参加する予定だったんですが、こっちの方へ出させていただきます。白幡選手はめちゃくちゃ強いので、逆境を跳ね返して私がMVPを獲りたいと思います。全国の中年の皆様方、私に力を送ってください」 ▼第5試合 55.5kg契約 3分3R延長1R REDルール 壱・センチャイジム(=いっせい/センチャイムエタイジム)=左「職業イケメンでマリアパファイターの壱です。多く語っても口では何とでも言えるので多くは語らず、明日はいっちゃんのキラキラ復活ロード第一章です」 鈴木貫太(ONE’S GORL)=右「壱選手は強い選手ですが、勝つためにたくさん練習を積んできたので明日は自信をもって戦いたいと思います」 ▼第4試合 REBELS-RED 53.5㎏級王座決定リーグ戦 3分3R延長なし REDルール 安達浩平(team AKATSUKI)=左「53.5kgリーグ戦で2戦目になります。お互い2点同士なので、ここで勝ってタイトルマッチに行きたいと思います」 響波(=きょうは/Y’s glow)=右「この試合が10代最後の試合なので、しっかり決めて、ベルトに一歩近づけたらと思う」 ▼第3試合 71.5kg契約 3分3R延長1R REDルール 津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)=左「今年は2戦やって2戦とも王者とやらせてもらって、3戦目がラウェイの王者ということで楽しみにしています。以前にもREBELSのタイトルに挑戦させてもらいましたが、スーパーウェルター級のベルトが欲しいので今回勝ってそれにつなげたいと思います」 渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)=右「僕のパンツスポンサーさんでもある清水工業株式会社さんのスポンサーをメインにとられてしまいました。それは僕が前回負けてしまったからだと思います。スポンサーを取り戻すためにも絶対に勝ちたい。あと、(年間表彰の)MVPもまだ決まっていないので、僕は9月、10月、12月に試合に出ていて、前回は負けましたが、その負けを忘れるくらいの試合を明日見せてMVPのボーナスをもらって、笑顔で2021年に乗り込もうかなと。僕は来年引退するので1試合1試合を見逃さないように」 ▼第2試合 55.5kg契約 3分3R延長1R REDルール 森岡悠樹(北流会君津ジム)=左「前回55.5kgトーナメント出場というチャンスをいただけたのにモノにできなかったので、古村選手は古村兄弟とトライアウト生で名前が通っているのでしっかり勝って来年につなげたいと思います」 古村 光(FURUMURA-GYM)=右「1年1カ月ぶりの、KNOCK OUTぶりの試合で1年以上試合がなかったんですが、もっと強くなっているところを見せられたらと思います。明日はムエタイを見せたい」 ▼第1試合 ミネルヴァ スーパーフライ級王座挑戦者決定戦 2分3R延長1R ミネルヴァ公式ルール 佐藤”魔王”応紀(PCK連闘会)=左「こんな大きな大会に出場できるのを嬉しく思います。自分がすべきことをしっかりできるように頑張りたいと思います」 IMARI(LEGEND GYM)=右「勝ったらベルトに挑戦ということなので、まずはこの試合に勝ってしっかり上がりたいです」 ▼オープニングファイト第2試合 60.0kg契約 3分3R延長なし REDルール 角谷祐介(NEXT LEVEL渋谷)=左「ウルフ選手とは過去試合したことがありますが、2年以上前の話なので気を引き締めて臨みたい。年内にまだ数名はジムの仲間が試合を控えているので、僕が勝って彼らの士気を高めていきたい」 ウルフタツロウ(アントジム)=右「相手とは2年前に試合をして負けています。すでに勝利しているにも拘わらず試合を受けていただいてお礼を申し上げたい。お昼の部のREDルールの初めの試合なので、僕はヒジ・ヒザ・首相撲を武器にしてきたくらい好きなので、ムエタイらしい技を使ってREDのオープニングとして盛り上げつつリベンジさせて欲しいと思っています」 ▼オープニングファイト第1試合 女子46.0kg契約 2分3R延長なし BLACKルール川島えりさ(クロスポイント吉祥寺)=左「約2年ぶりのリング、楽しみにしています。前回のデビュー戦よりも練習量・質、全てにおいて最高の状態で明日を迎えられるので、ねこ太選手も気持ちの強い選手ですが、私も思い切りぶつかるのでアツい試合になると思います。オープニングファイトから注目お願いします」 ねこ太(トイカツ道場)※コメント時は欠席
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事