MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来が再起について語る「やり返すっていうのは永久に忘れない」3部門の専門家も募集

2020/12/04 19:12
【RIZIN】朝倉未来が再起について語る「やり返すっていうのは永久に忘れない」3部門の専門家も募集

再起について、そして再起へ向けてのプロジェクトについて語った朝倉未来(写真は11・21RIZINでの試合後)

 朝倉未来(トライフォース赤坂)が12月3日(木)に自身のYouTubeチャンネルを更新。その動画の中で斎藤裕(パラエストラ小岩)に敗れた反省を踏まえ、次に向けて動き出すことを明かした。

 朝倉は「(格闘技に対する本気度が)増したよね。負けた時が一番強くなると思う、俺は。今までの人生もそうだったから。やり返すっていうのは永久に忘れないから、俺。やり返すまで。そういう執念深さみたいなのは異常なとこあるから」と、斎藤へのリベンジを再度誓う。


 練習は再開しているのかと聞かれると「明日から練習を再開。手がなんか痛くて。だいぶ腫れていたんだけれど、でも腫れは引いてきたから。もしかしたらヒビが入っていたかもしれん」と言うが、怪我をしていても練習はするという。

「次の試合を早くしたい」という朝倉は、この動画は寿司の大食い企画だったのだが「大晦日とかもしかしたら出るかもしれないじゃん。こんなところでこんな体重増やしていいのっていう」と、大晦日出場も視野に入れていると話した。

 さらに、「今回の(試合)さ、減量失敗したじゃん。その動画を見てなんか栄養士とかそういう専門家の知識を取り入れた方がいいみたいなことが書いてあったから、確かにそんなYouTubeとかで稼いでるんだったらそこに使いたいじゃん」と、斎藤戦の反省点を踏まえて「栄養士」「整体師」「ウェイトのパーソナルトレーニング」の3つの専門家が必要だとし、募集をかけた。


「あと今回の試合に足らんかったのは、自分からの入り込みだと思うんだよね。その技術と、あと覚悟みたいなのは次の試合絶対KOだから、ここを揃えたら世界とかと戦っていけるかなって。この3つ何かあったら(連絡を)頂けたらなと思いますんで」と、3つの専門家の力を借りることで世界と戦っていけるようになれると語った。

 逆に「ボクシングも行った方がいいって話はあったんだけれど、ボクシングは通わない方がいいと思うんだよね」と、ボクシングトレーナーから本格的にボクシングを学ぶことは自分にとってマイナスになるのではないか、としている。

 大晦日までの短い期間にチームの体制を整え、朝倉未来の大晦日登場はあるのか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント