K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】トーナメント準決勝・決勝、優勝候補の玖村修平「両方1Rで終わらせてレベルの差を見せたい」

2020/11/26 17:11
 2020年11月27日(金)東京・後楽園ホール『Krush.119』の前日計量&記者会見が、26日(木)都内にて13:00より行われた。 第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント準決勝・決勝戦に臨む岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は57.3kg、対戦する森坂陸(エスジム)は57.4kg、玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)は57.4kg、対戦する新美貴士(名古屋JKファクトリー)は57.5kgでそれぞれ一度目でクリアーした。  調印式に続いて行われた会見で、新美は「前回は不戦勝になって試合を見せられなかったんですが、かなりレベルアップしていると思うので明日の試合をお楽しみに」、玖村は「明日はしっかり2試合倒して僕がフェザー級のチャンピオンになる練習をしてきました。準備は整ったのであとはやるだけです」、森坂は「とりあえず体重を落とせてホッとしています。今まで以上に練習してきて最高のコンディション、身体に仕上げてくることが出来ました。練習できたことを出せれば優勝できると思っています。明日は俺がチャンピオンになります」、岡嶋は「明日は2試合しっかり勝ちます。そのためにまず準決勝を勝ちます」と、それぞれ意気込んだ。  以下、記者との質疑応答。 ――1日2試合へ向けてどんな練習をしてきましたか? 新美「練習はいつもキツいけれどトーナメントってことで会長に持ってもらうミットもいつもよりキツかったです。本当にキツい練習をしてきたのでスタミナも全然問題ない。準決勝で全部出し切っても決勝も普通に戦えると思っています」 玖村「前回の試合が終わってからすぐに2試合戦えるスタミナを強化してきました。2試合なので2回分の追い込み、いつもより2回分の練習をしてきました。なので明日はスタミナも十分あるので両方延長戦にいっても大丈夫なスタミナをつけてきましたが、両方1Rで終わらせてレベルの差を見せたいです」 森坂「別にトーナメント用には練習していなくて、ワンデートーナメントは1回やっているので感覚は分かっています。スタミナも問題ない。前回得た課題をもとにやって来たので、2試合のことを考えるより目前の1試合のことだけを考えて課題をもとに練習してきました」 岡嶋「たくさん練習してきました。2試合やれば絶対にスタミナは切れますが、どっちみちスタミナが切れても自分が勝ちます」 ――Krushのチャンピオンにふさわしい勝ち方とは、どんな勝ち方だと思いますか? 新美「やっぱり倒して勝てれば一番いいかな。もしポイントを取られても最後に僕が倒してチャンピオンになりたいと思います」 玖村「KOで終わらせたいとみんな思っているだろうけれど、KOするけれどレベルの差を見せて、間違いなく玖村だと明日思わせます」 森坂「Krushのチャンピオンと言ったらKO出来る人というイメージだけれど、今までの人たちとは被りたくないし、自分のスタイルがあるので新しいスタイルで王者になります。もちろん倒したい気持ちはあるし、倒す練習はしてきたけれど、今までにないチャンピオンに俺はなります」 岡嶋「今までのような試合ではなく、みんなに認めさせる試合をします」 ――改めて決勝戦で戦いたい相手は? 新美「どっちでもいいけれど、リベンジを兼ねて岡嶋選手がいいかなと思っています」 玖村「僕はK-1のLINE LIVEのPR大使をしているので、岡嶋選手とPR大使2人で戦えば盛り上がる。2人が決勝に上がったらLINE LIVEで配信して欲しいです。でも森坂選手が決勝で僕と戦いたいとコメントしてくれたので、決勝で戦ったらレベルの差を見せます」 森坂「僕は断然玖村選手とやりたい。このトーナメントで一番注目されているし、つながっているところが個人的にはあるので、一番注目されている玖村選手を倒せば一気に評価が上がるので。差を見せると言っていますが、眼中にないと思われているかもしれませんが、強かったと思わせたいですね。明日の準決勝で勝って玖村選手に上がってきてもらいたいです」 岡嶋「僕はどちらともやりたくないです(場内笑いに包まれる)。でもベルトが欲しいのでどっちが上がってきても僕が倒します」 ――ファンへメッセージを。 新美「2試合ともしっかり倒して勝ちます」 玖村「明日は僕が新チャンピオンになるのでぜひ会場で見れない方もABEMAで見てください。その瞬間を見逃さないように」 森坂「俺が今までにいないチャンピオンになってみせます」 岡嶋「自分がバッチリ獲ります。そしてトーナメントに出ていない選手の中にも強い選手がいるので、その中でも俺が一番強いのを見せたいです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事