MMA
レポート

【ONE】高橋遼伍が「格闘代理戦争」出身のONEスター候補チャンミンをKO「キャリアが倍なので勝って当たり前」

2020/11/20 22:11
【ONE】高橋遼伍が「格闘代理戦争」出身のONEスター候補チャンミンをKO「キャリアが倍なので勝って当たり前」

(C)ONE Championship

 2020年11月20日(金)、ONE Championship「ONE:Inside the Matrix 04」シンガポール大会が配信された。フェザー級では、日本の高橋遼伍が韓国のユン・チャンミンと対戦した。

▼フェザー級(※70.3kg)5分3R
○高橋遼伍(日本)
[2R 2分52秒 KO]
×ユン・チャンミン(韓国)

 2019年1月10日の前戦では、タイ大会でタン・リー(ベトナム/米国)に1R KOで敗れた高橋。「格闘代理戦争」出身で4連勝中のスター候補生のチャンミンといかに戦うか。

 試合前に高橋は、「ONEに囲われテレビの企画で出てきたぽっと出のファイターに、修斗の叩き上げとして負けられない」と、急成長のチャンミンを止めることを宣言。

 対するチャンミンは2019年12月の前戦で、ファビオ・ピンカの代役として出場したフィリピンのロディアン・メンチャベスに2R 一本勝ちしている。試合前には「高橋選手のスタイルは古い」「カーフキックだけ」「レベルの違いを見せる」と豪語している。

 1R、ともにオーソドックス構え。左前蹴りから入るチャンミン。互いに右が交錯する。左を振るチャンミン。高橋もカウンターの左を狙う。左のカーフキックを当てる高橋。さらに左前足に右ロー。

 左から右で入るチャンミン。そこに右を狙い、左カーフキックを当てる高橋! 嫌ったか組んでいくチャンミンは左で差すが、右は差す高橋は崩されず。チャンミンから離れる。

 ワンツースリーを強振するチャンミン。右で差して投げる高橋に耐えるチャンミン! 逆に足払いから崩すがすぐに高橋も立て直す。

 2R、右ローを前足に打つ高橋。チャンミンの左をバックステップでかわし右を狙う。前蹴りを打つチャンミン。かわして右ローを打つ高橋は右ストレート! さらに左のカーフキックでダウン奪い詰めるが、スクランブルからすぐに立つチャンミン。チャンミンの左にまたも右を狙う。

 さらにチャンミンの左に高橋は右のスイングフック! ダウンしたチャンミンは立ち上がり組みにくるが、高橋はその後ろ首を掴み、右アッパーのダブル! さらに右ストレート、続く左にチャンミンのアゴが上がり崩れ、レフェリーが間に入った。

 試合後、高橋は「いつでもKO出来る準備は出来てました。それがたまたた2Rだったということです。キャリアは倍くらいあるので勝って当たり前。また次の試合から勝っていきます」と笑顔でマイクで語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事