SirikaSirika
MMA
レポート

【ONE】若松佑弥が106秒KO勝ち! ウェルター級王者アバソフが無敗ナカシマに逆転TKO勝利、メン・ボーが衝撃KO

2020/11/06 21:11
 2020年11月6日(金)、ONE Championship「ONE:INSIDE THE MATRIX II」シンガポール・インドアスタジアム大会が放送された。  10月30日に同所で行われた「ONE:INSIDE THE MATRIX」では4つの世界タイトルマッチ+2試合が放送され、日本人選手の試合は入らなかったが、6日の中継では、日本から若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)が出場した(photos by ONE Championship)。 ▼ONE世界ウェルター級選手権試合 5分5R○キャムラン・アバゾフ(キルギス)王者[4R 3分27秒 TKO]×ジェームス・ナカシマ(米国)挑戦者※アバゾフが王座防衛  メインイベントはONE世界ウェルター級タイトルマッチ(5分5R)。  2019年10月25日、インドネシア・ジャカルタ大会でゼバスチャン・カデスタムに判定勝利し王者となったキャムラン・アバソフ(キルギス)が、ジェームス・ナカシマ(米国)を挑戦者に迎え、初防衛戦に臨む。  MMA22勝4敗のアバソフは、2018年3月のONEデビュー戦こそルイス・サントスに判定負けも、以降は、2018年8月にヌルスルタン・ルジボエフに判定勝ち。2018年12月のマレーシア大会で地元の英雄アギラン・タニをリアネイキドチョークで絞め上げ一本勝ち。2019年5月には岡見勇信も2R パウンドでTKOに下しており、カデスタム戦含め、4連勝中だ。  挑戦者のナカシマは12勝無敗。米国在住の父が日本人一家の養子として育ったため、日本姓を持つファイター。全米短期大学体育協会(NJCAA)のレスリング全国王者に輝き、2015年にMMA(総合格闘技)デビュー。LFAでは二階級制覇を成し遂げ、ONE初戦ではロシアのレイモンド・マゴメダリエフに判定勝ち、2戦目では阿部大治をKOに下しているルイス・サッポにTKO勝ち。さらに2019年8月には、元UFCファイターの岡見勇信と対戦し、ダウン奪う判定勝利で、ONE3連勝中だ。  強靭な肉体とパワフルな打撃を誇るアバソフに対し、強いグラップリング力を武器とするナカシマがいかに止めるか。注目のウェルター級タイトルマッチだ。  1R、オーソドックス構えのアバゾフ。サウスポー構えのナカシマは早めにシングルレッグからダブルレッグもテイクダウン出来ず。アバゾフの蹴りの打ち終わりに組んで行くが、ここもアバゾフは突き放す。左ローには左ハイを返すナカシマだが、詰めるアバゾフは左フック! ナカシマも下がりながら左を返す。  2R、大きな左を見せるアバゾフは右インロー。右ストレートを突くアバゾフに、シングルレッグはナカシマ。ここも切られたナカシマは左インローを突く。アバゾフの右をかいくぐって脇を潜り組みに行くナカシマ。しかし金網際で体を入れ替えるアバゾフにナカシマも体を入れ替える。インターバルでアバゾフは折れた鼻を気にせず、コーナーから立ち上がる。  左インローはナカシマ。2発目はローブローに。再開。左で差して押し込むナカシマ。そしてダブルレッグテイクダウンを狙うが、左足を掴んで押し込み右を振るアバゾフ。中央で左アッパー右フックも放つ。左インローはナカシマ。しかしその蹴り足を掴んで金網まで押し込むアバゾフはハイクラッチからテイクダウン! しかし尻を着いたナカシマはすぐに立ち上がる。左インローを当てるナカシマ。ワンツーを折れた鼻に受けるアバゾフ。 3R、サウスポー構えからじりじりと詰めるナカシマ。しかしアバゾフも右ハイをガード上に突く。低いシングルレッグテイクダウンはナカシマ! ガードを開くアバゾフ。背中を着きながらも右で小手に巻く。バタフライガードのアバゾフは下からギロチンチョーク。そこにナカシマはヴァンフルーチョークも狙う。脇差しパスガードはナカシマ。アバゾフは出血。下のまま3Rを終える。  4R、チャンピオンシップラウンドに。サウスポー構えのナカシマの蹴りがオーソ構えのアブゾフの股間に入りローブローに。再開。左で差して押し込むナカシマ。ダブルレッグに切り替えるが、切るアバゾフ。詰めるナカシマのテイクダウン狙いにアバゾフは右ヒザ! これを効かされたナカシマにアバゾフはダーティーボクシング! さらに頭が下がると右の蹴り! 立ち上がろうとするナカシマに右の蹴りを突き上げ、しがみつくナカシマに右アッパー! レフェリーが間に入った。  逆転勝利で王座防衛に成功したアバゾフは両肩にキルギスの国旗をまとった上で、右肩にベルトを掲げ、「誰の挑戦でも受ける」と力強く語った。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R○ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)[判定3-0]×ピーター・バウシュト(オランダ)  ライト級では、170cmのティモフィ・ナシューヒン(ロシア)と188cmの長身ピーター・バウシュト(オランダ)が対戦する。4位のナシューヒンは前戦2019年3月にエディ・アルバレス(米国)を強烈な右フックで2R KOに下したばかり。  3位のバウシュトは2019年5月のONEデビュー戦で下石康太をグラウンドヒザでTKOに下すと、10月にトニー・カルーソにも判定勝利、2020年1月にはエドゥアルド・フォラヤンにスプリット判定で競り勝っており、ONE3連勝、MMA8連勝中と勢いに乗る。フォラヤンを極めに行った三角絞めで腕十字に加え、グラつかせた右ハイなど長い手足を活かした攻守に長けている。  王者クリスチャン・リーに2位のザイード・フセイン・アサラナリエフ、さらに10月30日には1位のユーリ・ラピクスが敗れたいま、次期挑戦者に名乗りを挙げるのはナシューヒンかバウシュトか。  1R、ともにオーソドックス構え。じりじりと圧力をかけ大きなワンツーを振るナシューヒン。金網を背にするバウシュトもワンツーを返すと右ローに。その蹴り足を掴んだナシューヒンが右ストレート! ハーフから強いパウンド。起き上がるバウシュトのバックに回り、コントロールする。  2R、バウシュトのローに右ストレートを狙うナシューヒン。右の関節蹴りも。サウスポー構えにスイッチするバウシュトだが、再び右ローを掴まれテイクダウンを奪われる。シングルレッグから立つバウシュト。ナシューヒンは左ジャブ。右ローはまたもナシューヒンに捕まれる。そのまま金網までドライブするナシューヒンがダブルレッグテイクダウン。  立ち上がるバウシュトにボディロックテイクダウンはナシューヒン。あっさりと倒れるバウシュトのインサイドからヒジを突く。しかしバウシュトもクローズドガードの下からパウンドを返す。  3R、右ロー、ワンツーの右を当てるバウシュト。さらに左ジャブも。手数が減ったナシューヒン。しかしバウシュトの右の蹴り足を掴むナシューヒンは右ストレートを突く。さらに右の蹴りの戻しが遅いなか、ついていってダブルレッグテイクダウンはナシューヒン! 腰を殺して抑え込もうとするナシューヒンだが立ち上がるバウシュトは右ミドルで前に。しかし時間は足りず、ゴング。  判定は3-0で蹴り足を掴んでテイクダウンを奪ったナシューヒンが勝利した。アルバレス戦に続き2連勝をマークした。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R○若松佑弥(日本)[1R 1分46秒 KO] ※右ストレート×キム・キュソン(韓国) フライ級では、日本から若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)がシンガポール大会に登場。韓国のキム・キュソン(JEONJU FIRST GYM)と対戦する。  2019年3月の両国大会でデメトリアス・ジョンソンに2Rギロチンチョークで敗れた若松だが、8月2日のマニラ大会でジェヘ・ユスタキオに1R、右ストレートでKO勝利。続く10月の試合でも韓国のキム・デファンを相手に1Rに右手を骨折しながらも判定勝利。今回、約1年ぶりの復帰戦に臨む。  HEATやTFCで活躍したキュソンは2019年5月にONEデビュー。いきなりジェヘ・ユースタキオと対戦し判定負けも、184cmの長身と長いリーチでユースタキオと競った試合を繰り広げており、2019年11月の前戦では、藤澤彰博を1R 右アッパーでKOに下している。  ONEフライ級では、王者アドリアーノ・モラエスを筆頭に、1位のデメトリアス・ジョンソン、2位のダニー・キンガッド、3位のカイラット・アクメトフに次ぐ4位に若松はつけているが、5位のリース・マクラーレンが10月大会で戦慄のヒザ蹴りで1R 衝撃のKO勝ちを見せているため、若松は王座戦線に上がるためにも、キュソン相手にインパクトのある勝ち方をマークしたいところだ。  1R、ともにオーソドックス構えから。低く構えるキュサンは左ジャブをヒット。さらにジャブ&ローの対角線攻撃を見せる。そこに鋭いワンツーで入る若松に、右で反撃するキュサン。離れる若松に右の長い蹴りはキュサン。さらに追ってローキック! 詰めて右フックを打ちに行くキュサンに、若松は右ストレート! キュサンががくりとヒザから崩れ、すぐにレフェリーがストップした。  サークルケージの中で若松は、「1年間、試合が出来なくて自分が強くなったか自問自答していました。最後いいのが入りましたが、相手も気合入っていました。とりあずKO出来て気持ちいいです」と勝利のコメント。  さらに今後を問われ「次、リース・マクラーレン選手とやってKOして、次タイトルマッチをやりたいです」と、10月大会で戦慄のヒザ蹴りKOで勝利した豪州のグラップラーを指名。そこでKO勝利して王者に挑戦したい、とベルト獲得への展望を語った。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R○エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)[1R 4分07秒 リアネイキドチョーク]×ラモン・ゴンザレス(フィリピン)  ONE3勝1敗のサプトラと、ONE3勝3敗のゴンザレスの対戦。  1R、ともにオーソドックス構え。低いダブルレッグテイクダウンはサプトラ。下のゴンザレスはサイドからリバースするが、すぐにサプトラが上を取り返す。  片足を抜きハーフになるサプトラは、パスガードすると右足だけ鼠径部にかけてリアネイキドチョークを極めた。サプトラはONE4連勝。 [nextpage] ▼女子アトム級 5分3R○メン・ボー(中国)[1R 1分20秒 KO] ※右ストレート×ルンバン・ガオール(インドネシア) 女子アトム級では、2位のメン・ボー(中国)とルンバン・ガオール(インドネシア)が対戦。 2013年11月のMMAデビュー戦で、現UFC世界女子ストロー級王者ジャン・ウェイリに判定勝利しているボー(※ウェイリもデビュー戦だった)。2019年11月のONEデビュー戦ではラウラ・バリンを右ストレートで1R TKOに下しており、14勝中、4つのKO/TKOと5つの一本勝ちとフィニッシュ力も高い。  対するガオールは、ウーシューをバックボーンにONE7勝4敗。2019年は1月にプジャ・トマールにスプリット判定負けも、5月にノウ・スレイ・ポブに判定勝ち。10月にもボツヘナ・アントニアを判定で下しており、3連勝中だ。  1R、サウスポー構えのガオールにオーソドックス構えのメン・ボー。互いにローキックの打ち合い。詰めるメン・ボーは、ガオールの右のサイドキックに、左ジャブでガオールの右手をはたいて落とすと、右ストレート! ガオールがダウンし、そこにパウンドですぐにレフェリーが間に入った。  王者アンジェラ・リーが出産が出産のため産休に入るなか、2021年1月にスタートするという女子アトム級GPに向け、後のUFC王者も下したメン・ボーが、2試合連続の衝撃ワンパンKOで大きくアピールした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事