MMA
レポート

【DEEP JEWELS】前澤智が青野ひかるに一本勝ちで有終の美飾り引退。さくら、山崎桃子、栗山葵が勝利

2020/10/31 17:10
skyticket Presents DEEP JEWELS 30 2020年10月31日(土)ニューピアホール開場 17:30 開始 18:00 ▼メインイベント(第8試合)DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ5分3R  〇前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA)王者[3R 0分57秒 ギロチンチョーク]×青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)挑戦者  前澤は青森県八戸市出身。八戸商業高校で柔道部に所属し、弘前市の東北女子大を経て、八戸に戻り就職。並行してパラエストラ八戸に通い、柔道のほかサンボ、ブラジリアン柔術を経験し、2012年にJEWELSでプロMMA(総合格闘技)デビュー。本格的に格闘技に取り組むために16年に上京すると、元UFC・金原正徳主宰のリバーサルジム立川 ALPHAに移籍。  17年8月に韓国のROAD FCで、当時しなしさとこを破るなど3連勝中だったイ・イェジにアウェイでスプリット判定勝利をもぎ取ると、2018年12月には黒部三奈もスプリット判定で破り、DEEPJEWELSアトム級のベルトを巻いた。  その後、2019年3月にケージで行われたDEEP JEWELSでのノンタイトル戦で浅倉カンナに判定負け、7月のRIZINでもハム・ソヒに1R TKO負けを喫するなど、王者として悔しい試合が続いたが、2019年10月の「DEEP JEWELS 26」でアトム級王座防衛戦に臨み、柔術ベースの富松恵美に判定勝ち。初防衛に成功した。  2020年8月のRIZINでは、対戦相手探しが難航していた前RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加に名乗り。日本格闘技界の女王に果敢に挑むも、2Rにキムラロックで一本負け。試合後、マイクを渡され、「DEEP JEWELSだったりRIZINだったり、どんどん若い選手が出て来て、格闘家になりたいという若者が増えてくれたらなと思います」と、競技人口の増加を願っていた。  今回の引退試合の決定に前澤は、「立場的にも、キャリア的にも、勝つことが当たり前だと思います。そして今回の試合を最後に引退したいと思ってます。結婚、コロナ、自分の格闘技への向き合い方、要因は様々です。引退という言葉を使うと、自分の戻る場所が無くなると思っていましたが、終わる覚悟ができました。青野ちゃんに私の最後を託します」と、「勝つことが当たり前」「最後を託す」という表現で、引退試合に臨む思いを表現。  さらにSNSでは、「前澤どうしたんだろう? と、思ってる方もいるかと思いますが、言葉よりも拳で語ります! よろしくです!」と、最後のMMA戦への意気込みを語っている。  前澤のベルトに挑戦する青野は静岡県出身。ロンドン五輪グレコローマン日本代表・長谷川恒平らを輩出した静岡県立焼津中央高等学校レスリング部を経て、日本大学レスリング部に進学。2013年、東日本学生女子選手権48kg級優勝、2014年、全日本社会人レスリング選手権大会48kg級優勝などの実績を誇る。  2017年12月のMMA転向後は、プロデビュー戦でMMAキャリア3年の佐藤絵実に敗れるも、以降、桐山安奈、古瀬美月、ARAMIを相手に3連勝。2019年3月にベテランの富松恵美にリアネイキドチョークで一本負け。同年6月の檜山美樹子戦、9月の古澤みゆき戦と連続一本勝ちを収めて2019年12月、事実上のDEEP JEWELSアトム級王座挑戦者決定戦をハム・ソヒの妹分パク・シウ(韓国)と争ったが1R3分40秒、TKO負けを喫した。  再起戦となった2020年7月のリオン戦では、柔術ベースのリオンに対し、青野は得意のダブルレッグでテイクダウンを奪うと、リオンの下からの腕十字の仕掛けを潰してパスガード。サイドからの鉄槌連打でリオンを出血させ、1R 4分53秒、TKO勝ちで復活を果たしている。  1R、ともにオーソドックス構え。いきなりダブルレッグテイクダウンは青野! しかし金網背に立つ前澤。ついていく青野は前澤の巻き込みにもついていき、ハーフから左で枕に巻き肩固め狙いも、腰ずらし立つ前澤。再びバックから崩し、左で枕に巻き抑え込む青野。またもヒザを立てて立つ前澤に左で差して払い腰テイクダウンは青野! 金網背に右で差して立とうとする前澤だが、右足を両足で挟んで後方に伸ばし、右手でパウンドは青野。そのままゴング。トータルジャッジではあるが青野のラウンドに。  2R、前澤の右ハイを潜ってテイクダウンは青野! 前澤の立ち際にバックに回り、右足で前澤の右腕を刈る。巻き込み前転から上を取ろうとする前澤に際で上を取る青野。がぶりから崩して上になり、背中を着かせて左手で細かいパウンド。ついに右で差した青野だが、この際で上を取り返す前澤! しかし青野も正対、そこに腕十字を合わせる前澤! ヒジを抜く青野。ゴング。  3R、青野のダブルレッグに小手に巻いて払い腰は前澤! しかしすぐに立つ青野がダブルレッグへ。いったんはニンジャチョークを狙う前澤。青野が首を下げたところに前澤はギロチンチョーク! がっちりクローズドに入れて絞りながら上に。青野がタップした。前澤は最終試合の名勝負を一本勝ちし、ベルトを巻いて最後にケージに残る勝者に。  師匠の金原正徳代表とがっちりハグする前澤。試合後、ライバルたちからのサプライズメッセージの動画が場内に流された。  SARAMI「前澤さんとばちばちにやりあったのはすごくいい思い出です。第二の人生も負けん気の強さを全面に出して幸せになってください。お疲れ様でした」  長野美香「前澤さんの試合を観て頑張っている姿に勇気をもらいました。同じ時、格闘技を一緒に出来たことを幸せに思います。またどこかでお会いできることを楽しみにしています」  富松恵美「前澤選手、現役生活お疲れ様でした。私みたいに高齢のおばさんが引退しないで、前澤選手が引退してしまうということで、すごくびっくりしていますが、何よりリヴェンジできないまま終わってしまうのが非常に悔しいです。ただ、前澤選手が格闘技と同じくらい、それ以上に素敵な大切なものを見つけて、さらに幸せな新たな人生を歩んでくれればとても嬉しいです。ほんとうにお疲れ様でした」  黒部三奈「前澤さん、まさか自分よりも先に引退するとは思ってもいませんでした。前澤さんとは3回試合をしてるんですけど、最初はほぼデビュー戦のときから、最後はタイトルマッチまで来て、思い返すといろいろ感慨深いです。今度ゆっくりご飯食べに行きましょう。お疲れ様でした」  パク・シウ「コンニチハ、女子ファイターとして困難に立ち向かい頑張ってきた前澤選手を応援します」  浅倉カンナ「前澤選手とは一度対戦させてもらって、引退は少し寂しいです。最後の試合、いままでやってきたことを出し切って、悔いなく頑張ってください」  浜崎朱加「前澤さん、現役生活、お疲れ様でした。RIZINで戦えたことを嬉しく思っています。落ち着いたらご飯を食べに行きましょう」  ハム・ソヒ「(すべて日本語で)日本から前澤選手の引退の知らせを聞きました。前澤選手、今までお疲れ様でした。これからの新しい人生も応援しています。頑張ってください」  試合後、佐伯繁代表から花束を受けとった前澤は「対戦してくれた青野選手、ほんとうに強くて、内心焦っていました。渡部選手が支えて青野選手が頑張る、二人三脚の格闘技人生が私には出来ず羨ましくも思いました。これからもRIZIN目指して頑張ってください。すごい欲を言えば、勝ったから言うんですけど、もう1度、RIZINでやりたかったです。RIZINでやりたい選手がまだ……RENAちゃんとか。今までは、死ぬことが生活の基準にあったんですけど、これからも生きていきたいと思わせてくれた旦那に感謝します。格闘技は……私にとってたったひとつで全部でした。格闘技は苦しいことも楽しいことも教えてくれた、奪っては、それ以上のことを与えてくれました。これからは人生という戦いの場で、ファイターとして誰かのセコンドとして頑張っていきます。ファンの皆さんと心は一緒に生きていきたいと思います。人間・前澤智をよろしくお願いします。これまでありがとうございました」と挨拶。マット上で10カウントゴングを聞いた。 [nextpage] ▼セミファイナル(第7試合)DEEP JEWELSフライ級 5分2R×アミバ(AACC)[判定3-0] ※20-18×3〇栗山葵(SMOKER GYM)  セミファイナルはベテランのアミバ(AACC)が栗山葵と対戦。アミバは2013年8月にプロデビューし、一気に3連勝を飾ったが減量に失敗して4戦目で前澤智に初黒星。その後は1年に1~2回ペースで試合を行い、前戦は2019年3月に赤林檎に敗れている。また、浜崎朱加の盟友としても知られるグラップラーだ。 【写真】浜崎朱加もサポートするAACCからアミバ、ミッコも出場  栗山は2019年12月の『DEEP JEWELS 27』に初参戦すると、和田千聖(毛利道場)と激しい打撃戦を繰り広げて判定勝ち。今年8月のDEEPではARAMI(フリー)に判定で敗れた。  1R、オーソドックス構えのアミバ。サウスポー構えの栗山。組んで右で差して金網まで押し込むアミバ。シングルレッグに切り替えテイクダウン。  しかしその際でバックに回る栗山。前に落とそうとするアミバ。栗山はリアネイキドチョーク狙いも落として亀から立つアミバ。ヒザを突く栗山。ブレーク。スタンドから打撃を振らず両手で組みにいくアミバだが切る栗山。  2R、左ジャブを突く栗山。アミバはヒザ着きのダブルレッグを狙うが入れない。詰める栗山。アミバは低いテイクダウン狙いから左で差して詰めて金網に押し込むが展開できずブレーク。シングルレッグに入るアミバだが栗山は取らせず。判定3-0(20-18×3)で栗山が勝利した。  試合後、栗山は「今日は東京でアミバ選手と戦えてメッチャ楽しかったです。これからもっと関西からも選手が出て来るんで、応援、よろしくお願いします」とマイクアピールした。 [nextpage] ▼第6試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R×KAI(リバーサルジム 立川 ALPHA)[1R 4分40秒 リアネイキドチョーク]〇さくら(フリー)  さくらは、柔術と柔道をバックボーンとして2019年12月の『DEEP 93 IMPACT』でプロMMAデビュー。國保小枝に1R3分17秒、腕十字による一本勝ちを収めて白星デビューを飾ると、2020年2月には永尾音波とのJK対決に臨み、永尾の打撃に苦しみながらも寝技で優位に立ち判定勝ち。しかし、7月の3戦目で大島沙緒里(AACC=9月のDEEPでDEEP女子ミクロ級王者に就いた)にプロ初黒星を喫し、今回が再起戦となる。  対するKAIは空手をベースに2014年からDEEP JEWELSに参戦。桐生祐子(鈴木祐子)、北野きゅう、ジェット・イズミに勝利も、両ヒザの手術で戦線を離脱。  1年半ぶりの復帰戦となった2019年9月の『DEEP JEWELS 25』では、キック出身のジェット・イズミ(元J-GIRLSミニフライ級王者)を相手にキックルールで判定勝ち。10月大会では古瀬美月に判定2-1(いずれもマスト判定)、今年7月大会でも永尾音波に判定2-1という僅差で連敗を喫している。  1R、さくらはサウスポー構え。オーソドックス構えのKAI。前手を伸ばして左ストレートを狙うさくら。詰めるKAIはボディ打ち。KAIは右ボディストレート。しかしさくらは中央を取って左ストレートを当て、KAIに鼻血を出させる。  左で差してクラッチを組んで崩したさくら。そのままサイドを奪うと上四方からバックに回り、リアネイキドチョークを極めタップを奪った。  試合後、さくらは涙を流しながら、「17歳高校3年生のさくらです。対戦してくださったKAi選手、練習してくださったみなさんありがとうございます。前回、負けてから3カ月、こんなに早く試合を組んでくださってありがとうございます。もともとそんなに気が強くないのに、戦うことが楽しいと感じられたのは、みんなが側にいてくれたおかげです。お父さん練習ありがとう。お母さん、いつも料理ありがとう。(妹に)世界一強いお姉ちゃんになるからこれからも見ててね」と感謝の言葉を語った。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R 〇山崎桃子(リバーサルジム 横浜グラウンドスラム)[判定3-0] ※20-18×2、19-19マスト山崎)×國保小枝(和術慧舟會船橋道場)  山崎は中学生時、転校をきっかけにいじめにあっていたが反撃を開始。喧嘩に明け暮れ、2014年からは『THE OUTSIDER』に参戦。2勝3敗の戦績を残し、本格的にプロ格闘家を目指すためDEEP JEWELSに参戦。アマチュアルールの3試合を経てプロに昇格したが、デビュー戦で肩を脱臼して川村虹花にTKO負け。手術とリハビリを経て2019年6月に復帰すると組みで圧倒し、プロ初勝利をあげた。  9月のにっせー(総合格闘技道場闘心)戦では腕十字に敗れて連勝ならず。その後は仕事と練習に専念していたが、3月にコンビニで50代くらいの酔った男に突然絡まれ、暴行を受けるという事件に巻き込まれてしまった。この事件は様々なメディアに取り上げられた。今回が1年2カ月ぶりの復帰戦となる。  対する國保はソフトボールと吹奏楽部を経て、大学に入ってから和術慧舟會船橋道場に通い始め、慧舟會の『Grappler's Game』等で柔術スキルを磨いてきた。2018年9月DEEP JEWELSアマチュア大会でトライフォース赤坂のAIKOに2R腕十字で一本勝ち後、12月の『DEEP JEWELS 22』ではANJUとドロー。2019年3月はあいにTKO負け、6月は永尾音波に判定負け、12月はさくらに一本負け、2020年2月は佐々木萌に判定負けと連敗中で勝ち星が欲しいところ。  1R、ともにオーソドックス構えから右ハイを打つ山崎。右で差して組んで行く國保と金網際で互いにヒザ蹴り。左で小手に巻く山崎は、國保が頭下げるとヒザを突く。首投げは山崎も、両足を4の字に組んだ國保は投げられず。巻いた首にパウンドする山崎。しかし國保も首を抜き、リアネイキドチョークを狙う。  2R、詰めて組む國保はシングルレッグ。足を抜く山崎にテイクダウン、バックテイクを狙うが、背中にはつかせない山崎。ブレーク。山崎の前蹴りに右を当てる國保は左で差して前に。しかし、崩した山崎が上に。クローズドガードを取る國保にパウンド。國保もすぐに足を解いて立ち上がりゴング。  接戦の判定は3-0(20-18×2、19-19マスト山崎)で山崎が勝利。ケージのなかで「こんな状況のなか会場に足を運んでいただきありがとうございます。まだまだ実力不足なんですけど、もっと頑張ります。今年から練習環境を良くしたので、もっと成長したところを見せたかったです。格闘技を通して出会った人たちが人生の財産です」と挨拶した。 [nextpage] ▼第4試合 DEEP JEWELS 54.5kg以下 5分2R×ARAMI(フリー)[判定0-3] ※18-20×3〇伊澤星花(高本道場)  ARAMIは、2017年に韓国の『Road FC 39』でプロデビューし、ホン・ユンハに判定勝ち。2戦目はDEEP JEWELSで古瀬美月にTKO勝ち。3戦目は青野ひかるに体重超過の減点2が響いて敗れ、4戦目はソ・ユジンに一本負け。しばらく試合間隔が空き、今年7月のDEEP JEWELSでは61kg契約で杉山しずかの対戦相手に名乗りを上げ、3Rまで奮戦するも最後は腕十字で敗れた。続く8月のDEEPでは55kg契約で新鋭の栗山葵から勝利している。48kgのアトム級でも戦っていたARAMIの適正階級はいかなるものか。  伊澤は今回がMMAプロデビュー戦だが、8月の『ZST BATTLE HAZARD 07』で女子グラップリングの強豪・杉内由紀(2019年4月のQUINTETで池本美憂、杉本恵、長野美香に一本勝ちで3人抜き達成)と7分1Rフルに戦って引き分け、注目を集めた。  東京学芸大学教職大学院生で22歳。小学生から柔道とレスリングを始め、レスリングでは2012年ジュニアクイーンズカップ52kg級準優勝、2012年沼尻直杯全国中学生選手権女子57㎏級で優勝。柔道は高校2年生の時にインターハイ3位と全国選手権5位に入賞。2019年東京学生柔道体重別選手権女子52kg級では準々決勝まで進出している。さらに女子相撲にも出場し、2019年の全日本選手権で準優勝と、組み技のハイブリッドガールだ。  1R、サウスポー構えのARAMIにオーソドックス構えの伊澤。ローを突くARAMIに伊澤はダブルレッグからスタンドバック。崩してテイクダウン! 立ち上がるARAMIに伊澤の蹴りがローブローとなり中断。  再開。ARAMIの蹴り足を掴んでシングルレッグテイクダウンは伊澤。下のARAMIの足をかついでパス狙い。立ち上がるARAMIのスタンドバックで崩しにいく。潜りから足関節を狙うARAMIを潰してパス狙い。ギロチンを仕掛けるがゴング。  2R、このラウンドもスタンドで組んでバック、バックマウントで4の字フックの伊澤に、前に落とすARAMI。伊澤は下から腕十字狙いも外してパウンド。しかし、伊澤も右で脇差し立つとかんぬきのARAMIに体を入れ替え大内刈テイクダウン。  しかしARAMIの立ち際に距離を空けるとARAMIに詰められる。ここでも恐るべきテイクダウン力を発揮する伊澤! ARAMIの手首をロックして空いた手で背後からパウンド。  判定は3-0(20-18×3)で、ダイナモパワーを発揮した伊澤が勝利。実力者ARAMIから金星を挙げた。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R〇村上 彩(フリー)[判定3-0] ※20-18, 19-19×2マスト村上×須田萌里(SCORPION GYM  村上は全日本柔術選手権2018茶帯ルースター級優勝&柔術アジア選手権2018茶帯ライトフェザー級優勝の実績を持ち、現在は黒帯(女子最速記録)。元キャバ嬢であることを隠さず、システムエンジニアとして働き、YouTuberでもあり、休日はコスプレイヤーとしてイベントに参加するなど様々な顔を持つ。  2月のアマチュアDEEP JEWELSで初MMAに挑み、Moochanに勝利したが、7月大会のオープニングファイトでは竹田有里(KRAZY BEE)に判定負け。しかし、その試合内容が評価され、須田との対戦が決まっていたリオン(フリー)の欠場を受けて急遽本戦に抜擢。今回がMMAプロデビュー戦となる。  須田は今春に高校生になったばかりで、ブラジリアン柔術、グラップリング、MMAのアマチュア試合で経験を積んだ16歳。2月のアマチュアDEEP JEWELSではグラップリングルールで敗れてしまったが、7月大会のオープニングファイトにてDEEP JEWELS SPルール49kg以下契約3分2RでMoochan(T'sキックボクシングジム)と対戦。1R3分ちょうど、鮮やかな腕十字による一本勝ちでプロ昇格を決めた。  1R、ともにオーソドックス構え。右の蹴りから詰める須田に村上は四つからテイクダウン。ハーフで攻めるが、須田は立ち上がり。すぐに詰める村上は小外がけテイクダウンからストレートフットロックへ。下の須田は外掛けから崩すが、村上もストレートフットロックで対抗し上に。ポジションを奪い、パスガードにいくが、下の須田も足を効かせてクローズドに戻す。  2R、右の前蹴りで村上に尻餅をつかせた須田に下から村上はストレートフットロック。鉄槌を落として外す須田。下から内ヒールを極めに行くがサドルが組めず、ヒザを曲げる村上が上に。抑え込めず立つ須田は左右の打撃で攻勢に。  しかし、組んでバックにつくのは村上! スタンドバックでリアネイキドチョークを狙うが、須田は前に落としてゴング。  判定は3-0(20-18, 19-19×2マスト村上)でポジションを奪った村上が勝利した。 [nextpage] ▼第2試合 DEEP JEWELS 58kg以下 5分2R 〇ミッコ・ニルバーナ(AACC)[2R 2分51秒 TKO] ※パウンド×ゆりな(COOL CHAMP)  ミッコはDEEP JEWELSのアマチュア試合で藤田翔子(リバーサルジム新宿ME.WE)に2勝、2019年6月にはブリットニー・ジョンソンからも勝利を収めた。今回がプロデビュー戦。ゆりなは柔道出身で、コンバットレスリングや柔術の大会に出場。アマチュアDEEP JEWELSではMMAとグラップリングで勝利を収めている。  日本人女子選手の中では重量級の58kg。DEEP JEWELSでは珍しい迫力のある試合となりそうだ。  1R、ゆりなのニータップを切ってスタンドバックから背中に跳び乗ったミッコ。いったん落としたゆりなにダブルレッグからヒザを突き、テイクダウンしパウンドするミッコ!   鉄槌連打に脇差し立とうとするゆりなにマウント合わせるミッコ。しかし正対に上を取るゆりなにミッコは下から腕十字! 外すゆりなは払い腰テイクダウンも巻ききれず上を取りマウントを奪うミッコがマウント&パウンド。  2R、左で差して組むミッコ。金網に詰めヒザを突く。体を入れ替えるゆりなはダブルレッグも足を広げて防ぐミッコはキムラのクラッチからマウント&パウンド! レフェリーが間に入った。 [nextpage] ▼第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 3分2R〇藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We)[判定3-0] ※20-18, 19-19×2マスト藤田×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE)  藤田翔子は極真会館で2014年全日本女子ウェイト制空手道選手権大会一般女子軽量級の部準優勝、2015年全日本女子ウェイト制空手道選手権大会一般女子軽量級の部第4位などの実績を持ち、世界選手権にも出場している。得意技は変則上段回し蹴り。弟の藤田大和はアマチュアボクシングからプロ格闘家に転向し、『RIZIN』での那須川天心戦でプロMMAファイターとして活躍中だ。  ケイトは小学生時代は空手、中学時代は柔道を学び、共に黒帯(初段)。空手では西日本大会優勝と全国大会で2度ベスト8進出。柔道でも県大会でベスト8入りを果たしているという。社会人になり、東京・恵比寿でパーソナルトレーナーを務めながらボディビルの大会にも出場して8位に入賞した。4月から神戸のKING GYMに入門し、プロを目指して本格的に練習を積んできた。今回はプロ昇格を懸けてのセミプロの試合となる。  1R、サウスポー構えのケイトは左の突き。オーソドックス構えの藤田も右ロー、左フックを返す。右ミドルを当てる藤田。ケイトの組み付きも切り、右の蹴り。ワンツーから右フックを当てるケイト。藤田の右ミドルにケイトは左の突きを当てる。ダブルレッグテイクダウンはケイト。しかし藤田が三角絞めにとらえ、ヒザ裏で三角を組む! しかし時間が足りずゴング。  2R、サウスポー構えから右のダブルを振るケイト。藤田は右ロー。しかしケイトは前進し、左右を振る。互いに鼻から出血。再び力強いダブルレッグテイクダウンはケイト。しかし藤田は再び三角絞めへ。かついで外すケイトだが、藤田は立ち上がり右、ケイトの鼻血が多くなる。  判定は3-0で的確な打撃を当て、三角絞めを仕掛けた藤田が嬉しい白星を挙げた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事