K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】挑戦者が到着せず王者・佐々木大蔵が一人会見「今はノビシロ真っただ中」

2020/10/16 15:10
【Krush】挑戦者が到着せず王者・佐々木大蔵が一人会見「今はノビシロ真っただ中」

挑戦者・中野は到着が遅れて計量・会見ともに出席せず、王者・佐々木が一人で会見に臨んだ

 2020年10月17日(土)東京・後楽園ホール『Krush.118』の前日計量&記者会見が、16日(金)都内にて13:00より行われた。

 メインイベントで中野滉太(POWER OF DREAM)を挑戦者に迎えて2度目の防衛戦を行うKrushスーパー・ライト級王者・佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、リミットちょうどの65.0kgで計量をパス。挑戦者の中野は到着が遅れ、その後の記者会見にも間に合わず佐々木一人での会見となった。


 会見に同席した石川直生Krushエヴァンジェリストは「佐々木選手は絶対王者。攻防に応じてどちらもハイレベルな安定感がある。何よりも練習が楽しい、自分が強くなるのが楽しい、格闘技が好きという純粋さが伝わってきます。試合が成立すれば佐々木選手はいつも通りプレッシャーをかけまくって詰め将棋にもっていくのではないか。でも中野選手は攻撃力が高くとても危険な相手です」と両選手を評した。

 佐々木は「石川さんから嬉しい言葉をいただきました、その言葉通り、純粋に格闘技が好きで毎日触れられる時間が貴重で幸せで日々過ごしているんですが、3日前に公開練習があっていよいよ試合が近づいてきたなって想いです。いよいよ明日試合ってことで格闘技漬けの毎日ですが、それが自分にとって凄く幸せ。しみじみと格闘技への想いっていうものがさらに強まります。明日、中野選手と一緒にリング上でいろいろなもの、2人の想い、お客さんや関係者の想いがある中で試合ができることが楽しみです。客観的に見て僕も楽しみです」と、試合が楽しみで仕方がない様子。

 挑戦者がこの場にいないことについては「今日、僕も来る途中で渋滞があってギリギリ間に合ったけれど、道の混み具合とかあるので、今は何とも言えません。一緒に会見やりたかったけれど仕方がないですね」と、特に何も思っていないようだった。


 改めて中野の印象を聞かれると「中野選手はKrushのベルトへの想いが強いファイターだと思います。僕もKrushのベルトは常に目標にしながらライト級のベルトを獲ったので素直に嬉しいです。あとは中野選手も好青年だし、礼儀正しいところだったり、そういう選手と戦えるのが楽しみです」と、挑戦者にふさわしい相手だと答えた。

 技術面での向上を問われると「僕が楽しいと思うのは、そういう技術を高めるためにやると言うよりは格闘技が楽しくて練習が苦しいと思わないんですよね。全部向上しているから楽しいんでしょうね。公開練習でも言ったんですが、それがいつ止まるのか分かりませんが、今はノビシロ真っただ中って感じです」と、自分の成長を感じることが多々あるとする。

 今回の試合で見せたいものは、公開練習に引き続き「アートですね」という佐々木。「僕にとってのアートは自分が見せたいから見せられるものではなく、その瞬間がアート。明日は明日のアートを見せたいと思います。画面越しでも伝わる、感じ方は一人一人違うと思うので、いろいろなアートを感じてもらって、僕は中野選手と思い切り戦うだけです」


 タイトルマッチ前日にも関わらず普段と全く変わらない様子の佐々木。そのことを聞かれると「変わってはいると思いますけれど。会場に入ったら違う緊張感も生まれるでしょうし。緊張しているのかなって思うこともあります。まあ、人としても成長していると感じます」と、これが45戦目になるベテランはそういう部分にも成長を感じているとした。

 そして「明日、セミファイナルで鈴木(勇人)選手も試合ということで、鈴木選手と一緒の大会で試合をするのが4回目になるんですよね。運命的なものを感じます。あと、ベルトを巻いてリング上で子供を上げたいと思っているので。前回は肩の上に乗せたらむすっとした感じだったので、息子も笑顔を見せたいと言っていたのでそれを叶えたいですね」と、今回は親子そろっての笑顔でタイトル防衛の記念撮影に収まりたいと話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事