GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
レポート

【新日本キック】REBELSからの刺客・潘隆成が勝次の強打を封じて勝利

2020/09/27 23:09
新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS 27」2020年9月27日(日)東京・後楽園ホール ▼スペシャルメインイベント(第9試合) 63.6kg契約 3分3R〇潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/元WPMF日本スーパーライト級王者)判定3-0 ※30-28、30-28、30-29×勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級王者)  勝次は2003年にプロデビューし、2015年にキャリア12年目にして新日本キックボクシング協会の日本ライト級王座に就いた。2017年にKNOCK OUT初代ライト級トーナメントへ参戦すると、1回戦の不可思戦、準決勝の前口太尊戦といずれも倒し倒されの大激闘を演じて一気に名を挙げ、決勝では森井洋介に敗れるも大きなインパクトを残した。2019年10月には悲願であったWKBA世界王座をTKO勝ちで獲得。12月にはREBELS王者の丹羽圭介を激闘の末に下したが、2月大会ではロンペットY’Z D GYM(タイ)に判定負け。   勝次はこれまで所属していた藤本ジムが藤本勲会長の他界により今年1月に閉鎖となったが、藤本イズム継承者の自覚が強く、伊原ジムを練習拠点にしながらも藤本ジム所属として出場する。 対する潘はREBELSをホームリングに様々な団体で活躍し、健太、小川翔、スアレックらと対戦。2016年9月にはWPMF日本スーパーライト級王座を手にした。2019年10月からタイへ単身武者修行に渡り、タイの名門PKセンチャイジムに住み込みで練習。タイで試合経験を重ねていたが、コロナの影響で帰国していた。  1R、潘は距離を保ち左ミドル、右ロー、勝次が前に出ればテンポよく前蹴りで突き放してペースを握る。勝次は強引に前に出てパンチを振るうもヒットはない。  2R、一気に距離を詰める勝次がパンチラッシュを仕掛けるも、潘は冷静に両腕ブロックで決定打を許さない。このラウンドも左ミドル、前蹴りを当て、勝次が距離を詰めれば組み付いて攻撃を寸断していく。  3R、圧力をかける勝次に対し、潘はヒジによるカットに成功。ドクターチェック後に再開すると、勝次はガンガン前に出てパンチを振るうも、潘は変わらず左ミドル、前蹴り、組んでのヒザで対抗。勝次の前足を刈ってこかしも多用し、最後までペースを握らせない。潘がフルマークの判定勝ちを収めた。 ▼ダブルメインイベント(第8試合) 70kg契約 3分3R△リカルト・ブラボ(伊原道場本部/日本ウェルター級王者)ドロー 判定1-0 ※29-29、30-29、29-29△津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)   ブラボは前戦となった2月のチェ・ジェウク戦ではTKO勝ち。対する津崎は2019年に開催されたREBELSスーパーウェルター級リーグ戦で決勝に進出した実績を持つREBELSからの刺客。  1R、津崎の2度のローブローでペースを乱されたブラボだが、左ボディブロー、組んでのヒザ。パンチで出るが、津崎に組まれてペースを掴めない。  2Rはお互いに組む展開が目立ち決定打はないが、終盤にブラボが右ハイをヒット。3Rはブラボが右ストレート、ヒジで前進するが、津崎もパンチで応戦し組んでの攻防で引けを取らない。一進一退の攻防はドローに終わった。 [nextpage] ▼ダブルメインイベント(第7試合) 62kg契約 3分3R〇高橋亨汰(伊原道場本部/日本ライト級王者)TKO 1R 2分19秒 ※ドクターストップ×野津良太(E.S.G)  高橋は極真空手出身で多彩な蹴り技を持つ日本ライト級王者。対する野津は2019年6月に行われたNJKFライト級タイトルマッチで挑戦者として出場したが、結果はドローとなり王座まであと一歩まで迫った選手。  1R、サウスポーの高橋は左ミドル、左インローと蹴り分けていき、左ストレートも当てていく。主導権を握る高橋が野津をコーナーに詰めて左ストレートを当てると、この一発で野津が右目尻をカット。出血が激しくドクターストップとなり、高橋がTKO勝ちした。 ▼第6試合 53.0kg契約 3分3R〇心直(REON Fighting Sports Gym)判定2-1 ※30-28、29‐30、30-29×泰史(伊原道場本部)  1R、右ミドル主体の泰史に対し、心直は素早いリターンで左ミドル。打ち合いでも引けを取らない心直は左ミドルをテンポよく当てて主導権を握る。  2R、左ミドルを出しながら圧力をかける泰史に、心直は左ミドルを主体とした攻めで左ストレートも当て始めた。優勢を印象付ける心直は3Rになると、泰史の圧力をうまく回り込んで流して左ミドルを当てる巧者ぶり。泰史は最後までアグレッシブに攻めたが、有効打の印象が強い心直が判定2-1で勝利した。 ▼第5試合 57.0kg契約 3分2R〇平田尚人(Tri.Studio)※デビュー戦TKO 1R 0分55秒 ※レフェリーストップ×中村哲生(伊原道場本部)※デビュー戦 39歳の平田と55歳でデビュー戦となる中村の一戦。1R、ゴングと同時に平田がパンチラッシュを仕掛けて2度目のダウンを奪ったところでレフェリーがストップした。 [nextpage] ▼第4試合 57.5kg契約 3分3R〇新田宗一朗(クロスポイント吉祥寺)判定2-0 ※30-28、29-29、30-29×瀬川 琉(伊原道場稲城支部) お互いにミドル主体の攻防の中、瀬川のパンチで新田は苦戦。3Rには左ストレート、ヒジで反撃する新田が、ヒジでカットにも成功し判定勝ちした。 ▼第3試合 女子51kg契約 2分3R〇ERIKO(ファイティングラボ高田馬場)判定3-0 ※三者とも30-27×アリス(伊原道場本部)  アリスは現在16歳。日本人の父とイスラエル人の母のハーフで、4歳から伊原道場で練習を積み、2019年3月にプロデビュー戦を勝利で飾った「ミスセブンティーン2018」の美少女モデル。今回、プロ2戦目を迎えた。対するERIKOは昨年9月にデビューし、今回が3戦目(戦績は1勝1敗)。  1R、ガードを固めるアリスに対し、ERIKOはローからパンチにつないでラッシュを仕掛ける。アリスは動きが硬く、攻撃されると組み付いて防御に徹してしまう。2RもERIKOの一方的な攻撃となり、3Rにはようやく前蹴り、パンチが出るようになったが、ERIKOの手数が上回る。ERIKOの判定勝ちとなり、アリスはプロ2戦目で初黒星を喫した。 ▼第2試合 62.0kg契約 3分3R〇吉田凛汰朗(VERTEX/NJKFフェザー級3位)不戦勝 ※甲斐が負傷欠場のため×甲斐康介(伊原道場本部/日本フェザー級5位) ▼第1試合 ミネルヴァ女子52.1kg契約 2分3R〇NA☆NA(エスジム)判定3-0 ※29-28、29-28、30-28×芳美(OGUNI/ミネルヴァ スーパーフライ級3位) 1RからNA☆NAが前進し左右ローと右ストレートで追い込む。後手の芳美はバックブローなどで反撃するも、圧倒的な手数のNA☆NAが判定勝ち。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事