キックボクシング
ニュース

【REBELS】ぱんちゃん璃奈が早くも始動、王者になっての第一戦「私には勝つ選択肢以外は一切ない」

2020/09/19 18:09
2020年11月8日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.67』の対戦カード第一弾が発表された。  8月30日の『REBELS.65』でMISAKIを破り、REBELS-BLACK 女子46kg級初代王者となったぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)が、早くも王者としての第一戦を行う。王者になって以降、RIZINバンタム級王者・朝倉海とのYouTubeコラボや、23日発売の『ゴング格闘技』で表紙を飾るなど、さらなる活躍を見せている。  2019年2月のプロデビュー以来、8勝(1KO)無敗の快進撃を続けるぱんちゃんの今回の対戦相手は、元ミネルヴァ・ピン級王者MARI(ナックルズGYM)。MARIは2018年4月に百花を破り、NJKFミネルヴァ初代ピン級王座を獲得。シュートボクシングではMIO、MISAKI、女神といったトップクラスと拳を交えている。前戦は7月のRISEに参戦し、小林愛三に敗れた。 (写真)MARI(右)はパンチ主体の選手で多くのトップ選手を拳を交えてきた ぱんちゃんは自身のSNSにて「試合決まりました! MARI選手、REBELSに来てくださりありがとうございます! 私には勝つ選択肢以外は一切ないですが、今回は、久々の打撃をしっかり見せられるのが楽しみです。闘いたい選手はみんな、MARI選手と闘ってるので、私が1番差をつけて勝ちます! 応援よろしくお願いします。気合いはいる」と、前回のMISAKI戦は首相撲で勝負を懸けたが、今回は打撃で戦うと意気込んでいる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事