K-1K-1
K-1
レポート

【KHAOS】鵜澤悠也と森川侑凜が優勝、ご褒美の夢は「ラウンドガールと食事会」「一日ラウンドガールになる」

2020/09/05 13:09
「KHAOS.11」2020年9月5日(土)東京・新宿FACE ▼第9試合 DREAM KAHOS KHAOSバンタム級・決勝戦 3分3R・延長1R〇鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)KO 2R 1分59秒 ※3ノックダウン×大石和希(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)※鵜澤がトーナメント優勝。  バンタム級のワンデートーナメントは、小島に1RでKO勝ちした鵜澤と、高橋に判定2-0で勝利した大石が決勝を争う。  1R、サウスポーの鵜澤は多彩な蹴り技を見せて大石をけん制。大石は鵜澤が左ミドルを蹴ってくると右ローを蹴り返す。  2Rが始まってすぐ、打ち合いに行った鵜澤が左フックをクリーンヒットさせて右フックのフォローでダウンを奪う。ここから一気に畳みかける鵜澤が左ストレートから引っ掛けるような右フックでダウンを追加。大石も右フックで反撃を試みるが鵜澤の勢いは止まらず。ロープを背にした大石へ左の連打で畳みかけ、3度目のダウンを奪い、2試合連続KO勝ちでトーナメント優勝を飾った。  そして今回のトーナメントのご褒美である叶えられる“夢”は「俺は女が大好きなので。バンタム級のKrushトーナメントが決まっていて萎えていたんですが、優勝したので1週間くらい練習を休んで女遊びしようと思います。夢はKHAOSガールズ(ラウンドガール)との食事会。まあ、食事だけで終わるか分からないですが」と発表。場内からはヤンヤの喝采が起こる  鵜澤は続けて「まだまだ強くなるので次の試合を見てもらえたら嬉しいです。コロナのこういう状況で応援してくれる人たちに勝った姿を見せられてたので、これからもついてきてくれたら嬉しいです」と、さらなる飛躍を誓った。 ▼第8試合 DREAM KAHOS KHAOS女子アトム級・決勝戦 2分3R・延長1R〇森川侑凜(サポートスクールグレス)判定3-0 ※30-28×2、30-26×豊嶋里美(TEAM OJ)※森川がトーナメント優勝。  女子アトム級のワンデートーナメントは、加藤にダウンを奪われながらも延長Rで逆転判定勝ちした森川と、同じく谷田に延長Rで判定勝ちした豊嶋が決勝で争う。  1Rが始まってすぐ、バックハンドブローを放った森川が打ち合いに行く。豊嶋もこれに応えて打ち合うが、豊嶋はボディへ前蹴りも連打。森川の勢いが止まったかに見え、さらに豊嶋の右をもらった直後、森川が右フックでダウンを奪う。  2Rは開始から両者ノーガードのガムシャラな打ち合い。思い切りパンチを振り回してお互いに当て合う。それが3分間続いた。  3Rもガムシャラに打ち合う両者。手を出し続ける森川のスタミナが尋常ではない。豊嶋も負けじと打ち返して何度も相打ちが見られるが、前に出る森川は手数でもヒット数でも優る。  2分3R、パンチを出し続け、打たれても打たれても前へ出ていった驚異的なスタミナとド根性を発揮した森川が判定3-0で勝利。優勝を飾った。  そして今回のトーナメントのご褒美である叶えられる“夢”は「私の夢は、殴られすぎて顔がボッコボコなんですが、一日ラウンドガールになりたいです。いいですか?」と、ラウンドガールになることだと発表。場内から大きな拍手が沸き起こった。  続けて「優勝するのが目標で夢を叶えたいと思っていましたが、1試合1試合勝つことで、応援してくれるみんな、セコンドの支えてくれる人たちの喜ぶ顔が見れて幸せに思っています」と、涙で声を詰まらせた。 [nextpage] ▼第7試合 KHAOSライト級 3分3R・延長1R〇鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス)判定3-0 ※30-29、30-28×2×山下和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)  左ローを蹴るサウスポーの山下に、鈴木は右ミドルと右ストレート。この右ストレートが何度も山下の顔面を捉える。その展開は変わらず、3Rには左ストレートとヒザ蹴りで逆転を試みた山下だったが、鈴木の右をもらう場面がやはり目立ち、鈴木の判定勝ちとなった。 ▼第6試合 KHAOSスーパー・ライト級 3分3R・延長1R×川越亮彦(K-1ジム総本部チームペガサス)KO 2R 2分46秒 ※右フック〇齋藤紘也 (WSRフェアテックス三ノ輪)  攻撃がほぼパンチの川越に齋藤は右ローを多用。左ミドルも蹴ってパンチvs蹴りの図式に。しかし2Rになると齋藤もパンチを打ち始め、ボディを狙ってくる川越には蹴りを見舞う。右アッパーを連打した齋藤は向かってくる川越へ右フック。この一発がクリーンヒットし、川越はバッタリと倒れた。 ▼第5試合 KHAOSスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R×鈴木一晴(キックボクシングアカデミーROOTS)判定0-3 ※27-30×2、28-30〇新井優騎(Y’ZD GYM)  1Rから右ローを狙い撃ちしていた新井が2Rに右フックのカウンターでダウンを奪う。鈴木は前へ出て挽回を狙ったが、新井が右フックとローを当て続けて判定勝ち。 [nextpage] ▼第4試合 DREAM KAHOS KHAOSバンタム級・準決勝第2試合 3分3R・延長1R×高橋享祐(戦-IKUSA-GYM)判定0-2 ※29-29、28-29、29-30〇大石和希(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)※大石が決勝へ進出。  大石は第8回K-1アマチュア全日本大会チャレンジAクラス -55kgトーナメント優勝の実績を持ち、今回がプロデビュー戦。高橋はプロ1勝1分の戦績。  1R、ジャブを多用して右を狙う大石に、高橋は思い切り右フックを振り抜いてヒットを奪う。パンチをフェイントしての飛びヒザ蹴りも放ち、高橋が優勢。  2R、パンチを狙う大石に高橋は右ローを徹底的に蹴っていく。時折、右フックも放ってヒットを奪う。  3R、お互いに一発を狙って大きなスイングのパンチを打ち合い、高橋はハイキックも繰り出すが失速。前に出る大石に対して転倒する場面もあり、最後まで大石が手数を出して前へ出て攻め、判定2-0で勝利を収めた。 ▼第3試合 DREAM KAHOS KHAOSバンタム級・準決勝第1試合 3分3R・延長1R〇鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)KO 1R 1分20秒 ※左フック×小島卓也(優弥道場)※鵜澤が決勝へ進出。  鵜澤は『格闘代理戦争』で久保ファミリーの一員として活躍した25歳のサウスポー。第27回K-1アマチュアチャレンジAクラス -60kgで優勝した実績も持つが、4月のプロデビュー戦はハイキックでKOされる苦い初陣となった。対する小島は29歳ながら今回がデビュー戦。  1R、サウスポーの鵜澤は左、オーソドックスの小島は右で序盤からパンチを当て合う。至近距離でパンチを打ち合う中、鵜澤の左フックがヒットして小島がダウン。立ち上がるも鵜澤がもう一度左フックで倒してKO勝ちした。 [nextpage] ▼第2試合 DREAM KAHOS KHAOS女子アトム級・準決勝第2試合 2分3R・延長1R〇豊嶋里美(TEAM OJ)延長R 判定3-0 ※10-9×3 ×谷田美穂(K-1ジム大宮チームレオン)※豊嶋が決勝へ進出。本戦の判定は29-30、29-29、29-29  豊嶋は参加選手の中で最もキャリアがあり、戦績は4敗2分。谷田は最年長の34歳で戦績は0勝4敗。  1R、谷田は伸びあがるように左右のストレートを連打して前に出る。豊嶋は左ミドルを合わせに行き、カウンターで決まるが谷田は前に出る。豊嶋は右ストレートもヒットさせるが手数で谷田が上回った。  2Rは豊嶋が前蹴りで突き放しつつ、ミドルを蹴ってペースを握る。豊嶋は左右のパンチも繰り出して谷田を下がらせ、谷田はパンチを伸ばすが届かず後半はローを蹴る。  3R、谷田は左右に構えを変えながらフックを狙っていき、豊嶋は前へ出ての右ストレートと蹴りを出していったが判定はドロー。  延長Rも谷田は左右のパンチを出して前へ出る。豊嶋は序盤こそ受けに回ったが、中盤からはワンツーの連打とミドルで前へ出る。手数を出す谷田よりも豊嶋のワンツーの方が力強く、判定3-0で豊嶋が決勝へコマを進めた。 ▼第1試合 DREAM KAHOS KHAOS女子アトム級・準決勝第1試合 2分3R・延長1R×加藤りこ(K-1ジム五反田チームキングス)延長R 判定0-3 ※9-10×3 〇森川侑凜(サポートスクールグレス)※森川が決勝戦へ進出。本戦の判定は29-28、28-28、28-28  森川は第8回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-45kg優勝の実績を持ち、年間表彰式の『K-1 AWARDS 2019』ではアマチュア最優秀選手賞を受賞している。プロ戦績は1敗1分。  加藤は第30回K-1アマチュアチャレンジBクラス女子-45kg優勝の実績を持ち、プロ戦績は1勝。今回のトーナメントにエントリーしている谷田美穂に勝利している。  1R、前蹴りとミドルで先制した森川だったが、サウスポーの加藤の左ストレートをもらって動きが止まる。その後も左を連続で被弾し、加藤が左ストレートでダウンを奪う。しかし終盤、森川も右のパンチを当てて左右連打で逆襲。  2Rも森川の逆襲が続く。パンチを思い切り繰り出して加藤を後退させる。加藤は右肩を故障したか、手があまり出なくなった。  3Rは激しい打ち合い。手数を出して前に出る森川に対し、加藤は下がりながらも左ストレートをヒットさせる。時折ハイキックも放つが森川の突進を止められない。  森川の逆襲が功を奏し、本戦の判定は1-0でドロー。延長Rに突入する。ここでも森川の手数と突進は止まらず、加藤も左フックと左ストレートでカウンターを狙うが森川が左右のパンチを出しながら突進し続け、判定で逆転勝利をもぎ取った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント