MMA
レポート

【ONE】女王陥落! スタンプがロドリゲスに敗れる。ロートレックがクラップダム下しノンオーに挑戦へ。ザンボアンガ兄妹が鮮烈勝利、ワンダーガールが連勝=「ONE: A NEW BREED」

2020/08/28 12:08
ONE Championship「ONE: A NEW BREED」2020年8月28日(金・現地時間) タイ・バンコク インパクト・アリーナABEMA放送 ▼ONEムエタイ世界女子アトム級(52.2kg)選手権試合 3分5R×スタンプ・フェアテックス(王者/タイ)[判定0-2]○アリシア・ヘレン・ロドリゲス(挑戦者/ブラジル/Phuket Fight Club)※ロドリゲスが新王者に  スタンプがONEスーパーシリーズ初参戦となるアユタヤ・ミラクル世界王者のロドリゲスを相手に防衛戦に臨む。  ロドリゲスは、タイ・アユタヤで開催された『ミラクル・ムエタイ』51kgミニトーナメント覇者。また、ONEと同じくMMAグローブで戦う『ムエ・ハードコア』にも参戦しており、MMAグローブでの戦いは経験済み。  女王スタンプは、2020年7月31日のバンコク大会で、約半年ぶりのMMAマッチに臨み、スニーサ・スリセンを1Rでパウンドアウト。2月28日のキックボクシングルールでのジャネット・トッド戦での判定負けから再起を遂げている。ONEムエタイ戦は2019年6月のアルマ・ユニク(豪州)戦以来となる。  スピードとパワーはスタンプが上回るが、身長157cmのスタンプに比べ、ロドリゲスは161cmと手足が長く、タナンチャノックを出血させたヒジ、さらにKOしたボディ攻撃は、スタンプにとっても注意が必要だろう。  スタンプはMMAと二足の草鞋を履いている難しさもあり、ボクシンググローブをつけての立ち技での前戦ではトッドに敗れたが、今回のムエタイマッチはMMAグローブ使用のため、距離・組みともに、MMAの練習と大きな違和感無く臨むことが出来るだろう。スタンプが虎の子の王座を守れるか、それとも同世代の新星が王座を奪うか。  1R、慎重な出足の両者にレフェリーからアグレッシブが促される。スタンプはボディへのワンツーと前蹴り、ロドリゲスが前に出てくると4連打を放つ。ロドリゲスのミドルにパンチを合わせにいくスタンプ。狙いはボディのようだ。  2R、右ローを蹴るスタンプにロドリゲスは右ミドルを返す。再びレフェリーはアグレッシブを促す。すると前へ出るスタンプはジャブを伸ばしていき、右ミドルを蹴ってロドリゲスの右ミドルはスネブロック。左手をロドリゲスの右手に引っ掛けながら右を連打してきたスタンプに、右ヒジをヒットさせて仰け反らせたロドリゲスだが、スタンプは退かずに前へ出て右フック。スタンプはワンツー、同じモーションで右ヒジを打つ。  3R、スタンプの右ストレートを左ミドルで迎え撃つロドリゲス。左目の下が腫れるスタンプだが、パンチで積極的に攻めていく姿勢は変わらない。力強いワンツー、そしてヒジ打ち。ロドリゲスは左右のミドルで応戦し、右ヒジも繰り出す。スタンプは鼻血。前へ出るロドリゲスが打ち合いにも応じる。  ムエタイのセオリー通り、3Rから勝負を仕掛けてきたロドリゲス。4Rも前へ出て左右ミドルを蹴り、スタンプのパンチにもミドルを合わせる。ロドリゲスは強烈な左ボディを打ちつつ、打ち合いになるとヒジを繰り出す。スタンプはパンチの打ち方が粗くなり、ロドリゲスの右をまともにもらう。  5R、右ストレートを当てに行くスタンプにロドリゲスは前へ出て左ヒジ打ち。サウスポーに構えを変えて前へ出るロドリゲスが左ヒジ。ミドルの蹴り合いでも負けない。スタンプは右を狙うが、ロドリゲスは前蹴りで流す態勢。スタンプはほとんど攻められぬまま、試合終了のゴングを聞いた。  判定はロドリゲス! 初参戦のロドリゲスがスタンプを攻略し、新王座に就いた。ロドリゲスは人差し指を力強く立て、涙を流して戴冠を喜んだ。 [nextpage] ▼第6試合 ONEバンタム級(65.8kg)ムエタイトーナメント決勝○ロートレック・PKセンチャイムエタイジム(タイ)[判定3-0]×クラップダム・ソー・チョー・ ピャッウータイ(タイ)  7月31日の準決勝では、セーマペッチ・フェアテックスが判定2-0でロートレックを下していたが、怪我により欠場。敗者のロートレックが代わりに決勝に進出した。  もうひとつの準決勝では、“近代ムエタイの最高傑作”と称されるセンマニー・クロスアンプルリゾートを、左ストレートでKOに下したクラップダムが決勝進出を決めており、“鋼の肉体を持つ”ロートレックと、21歳の“強打者”クラップダムによる、無骨な一戦が期待できそうだ。両者とも日本で梅野源治と対戦しており、日本のムエタイファンにもお馴染みの選手だ。  このトーナメントの勝者は、“生ける伝説”と称される現世界王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)とのONEバンタム級ムエタイ世界タイトルマッチの挑戦権を獲得する。  1R、サウスポーのクラップダムの前足にロートレックは右インローを多用。クラップダムの武器であるパンチにウェイトが乗らないように仕掛けていく。ロートレックは前へ前へと出て右ストレートをクリーンヒットさせ、クラップダムがジャブを出すとすかさずワンツーを突き刺す。どんどんプレスをかけるロートレックにクラップダムは完全に先手をとられたラウンドとなった。  しかし2R、クラップダムも前へ出る。至近距離でパンチを出し合い、ローを蹴り合う。ロートレックの右フックがクラップダムにヒットするが、クラップダムは一歩も引かずに打ち返しに行く。さらに縦ヒジをも繰り出す両者。ロートレックの右のヒットが目立つ。組み付いたクラップダムは左ヒジを思い切り振り抜き、ロートレックを大流血に追い込むが、ロートレックが左フックからの右ストレートでクラップダムにロープを背負わせ、右アッパーからの左フックでダウンを奪う。  3Rも前に出るロートレック。左フック、ヒジをヒットさせると応戦するクラップダムに首相撲からのヒザ蹴りでダウンを追加。左右のボディで攻めるロートレックはヒザ蹴りで畳みかける。クラップダムは左ストレートで対抗するが右インローと左ローで前足を蹴られてバランスを崩す。  勝負あり。両者とも30秒を過ぎるとほとんど手を出さず、ロートレックが前へ出ながらフェイントをかけて試合終了。ゴングが鳴るとクラップダムはロートレックの前に跪づいた。判定は2度のダウンを奪ったロートレックが3-0勝利。まさかの敗者復活となった。 [nextpage] ▼第5試合 ONE女子アトム級(52.2kg)5分3R○デニス・ザンボアンガ(フィリピン)[1R 1分28秒 アメリカーナ]×ワシャピニャ・ガオコー(タイ)  フィリピンの無敗のスター、スタンプの練習パートナーでもあるデニス・ザンボアンガ(フィリピン)が、タイのワシャピニャ・ガオコーと対戦する。  2020年2月の前戦で山口芽生(V.V Mei)を破り、女子アトム級世界王者アンジェラ・リーへの挑戦権を手にしていたザンボアンガは、MMA7戦無敗でONE2連勝中。山口との試合ではレスリング、柔術の対応も目覚ましく、山口の距離で戦うことなく打撃を当て、判定で元王座挑戦者を下している。その後もフィリピンに帰国せず、兄妹でタイに残り続け、今回の試合を迎えた。  対するガオコーはMMAデビュー戦。ムエタイで46勝12敗、柔道でタイの国内王者という肩書を持つが、実力者ザンボアンガとどこまで戦えるか。  1R、オーソドックス構えのサンボアンガに、サウスポー構えからのガオコー。ワンツーの連打から首相撲ヒザ蹴りはザンボアンガ! さらにダブルレッグテイクダウン! そのままサイドポジションを奪うと、アメリカーナでタップを奪った。  フィリピン国旗を背に、笑顔で勝者コールを受けたザンボアンガ妹は、リング上でのソーシャルディスタンスを保ったインタビューで、「兄と一緒に勝てて嬉しかった。全てを出して戦えて良かった」と語った。  ガオコーの実力に疑問符は残るが、危なげなく一本勝ちしたザンボアンガが、山口戦に続く連勝で女子アトム級戦線で、トップコンテンダーの座を不動のものとした。 [nextpage] ▼第4試合 ONEムエタイ女子ストロー級(56.7kg)〇ワンダーガール・フェアテックス(タイ)[2R 1分06秒 TKO] ※ドクターストップ×KC カルロス(米国)  スタンプと同門のワンダーガールは、7月のONEデビュー戦で1R KO勝利しての連戦。前に出て戦うアグレッシブファイターで、組み付いてのヒザ蹴りが得意だが、タイガージムのブルック・ファレル(豪州)を相手にパンチ主体の圧倒的なKO勝利を見せている。  対するフィリピン系米国人のカルロスはヒューストン育ち。テコンドーを12年間習った後にムエタイを学び、プーケットに移り住んだ。オーソドックス構えから、長い前蹴り、強い右ストレートを武器に右ミドルも放つが、パンチでの打ち合いにも応じる好戦的なファイターだ。  1R、ワンダーガールは右ローと右ミドルで先制し、首相撲に持ち込むとヒザ蹴り。カルロスはヒジを放つ。パンチの連打で前へ出ていくワンダーガールにカルロスは防戦一方。  ようやくカルロスが右ストレートを返すが、ワンダーガールはうなり声をあげながらパンチで突進し、右の縦ヒジをカルロスの額に連打する。力量の差がかなりありそうだ。  2R、両腕閉じブロックでワンダーガールのパンチを防ぐカルロスだが、ワンダーガールは首相撲に持ち込んでヒザ蹴りと縦ヒジ。カルロスがパンチで入り込むところで右の縦ヒジがカルロスの鼻に直撃。 カルロスの顔が大きく歪み、ドクターチェック。鼻が折れたかストップがかかり、TKO勝ちでワンダーガールが連続KO勝ちを飾った。 [nextpage] ▼第3試合 ONEフライ級(61.2kg)5分3R○ドレックス・ザンボアンガ(フィリピン)[2R 4分58秒 リアネイキドチョーク]×デッチャディン・ソンシリスッパティン(タイ)  デニス・ザンボアンガの兄ドレックス・ザンボアンガが同じ大会に参戦。タイのデッチャディン・ソンシリスッパティンと対戦する。 MMA8勝5敗のドレックスは、URCCバンタム級世界王者。フェザー級で斎藤裕と韓国のムン・ギボムに3R TKO負け後、バンタム級で石橋佳大に判定で敗れ、3連敗を喫したが、2019年4月の前戦「URCC 77」では、かつて日本の「BLADE.2」で谷山俊樹に敗れているチョ・ソンヒュンを相手に、フライ級(56.7kg)で3R TKO勝ちを収めている。今回はONEフライ級(61.2kg)でのONE初参戦となる。妹のデニスとともにタイで練習を続けていたことで今回の試合参戦が可能となった。  デッチャディン・ソンシリスッパティンは、MMA8勝5敗。バンコク開催の「Full Metal Dojo」などで活躍し、ONEやDEEPに参戦しているドリームマンことクリッサダ・コンスリチャイとのバンタム級王座戦で敗れて以降は6勝2敗と好戦績をマークしている。「ONE Warrior Series」には「1」から出場し、2勝2敗で本戦出場を決めた。  フルコンタクト空手出身でキックでも活躍したドレックスは173cmの長身。斎藤戦で見せた後回し蹴り、さらに右ハイキックを着地させてそのまま右の突きを放つなど変則的な打撃に加え、オーソドックス構えから長いワンツーでソンヒョンをダウンさせるなどスタンドを得意とする。また柔術・グラップリングも学び、グラップリングが強い石橋佳大にバックを取られるも極めさせない防御力も持つ。  対するデッチャディンは160cm、オーソドックス構えから右ミドル、相手の頭を下げさせてのヒザ蹴りなど際の打撃を得意としており、組み技寄りの打撃はドレックスを苦しめそうだ。   1R、ザンボアンガはコールに空手式に十字を切る。ともにオーソドックス構え。速い右を振るソンシリスッパティン。右ローの打ち終わりはザンボアンガが右を狙う。詰めて左で首後ろを掴み、ダーティーボクシングで右を突くザンボアンガ。右で差してコーナーまで押し込むソンシリスッパティン。ブレーク。  前に出るザンボアンガは回転速く連打で前に。ソンシリスッパティンはシングルレッグでテイクダウン! 足を束ねて腰を殺そうとするソンシリスッパティンだが、抜いて立ち上がるザンボアンガ。ブレーク。ソンシリスッパティンの左右の打ち終わりも懐の深いザンボアンガは右ショートフックを当てる。  2R、低い手の位置からヘッドムーブせずに左右を連打するザンボアンガ。ソンシリスッパティンも右オーバーハンド。詰め返すザンボアンガはコーナー際で飛びヒザ! ソンシリスッパティンは額から出血する。ダブルレッグからリフトしてテイクダウンするザンボアンガ。ブレーク。  互いに打ち合いもリーチあるザンボアンガが優勢。左右を振り前に出るソンシリスッパティンにザンボアンガは下がりながらも低い手の位置から右を当てる。さらにコーナーに詰め尻下でクラッチしテイクダウン! 背中見せて立つソンシリスッパティンのバックを奪い、パームトゥパームでリアネイキドチョークを極めると、ソンシリスッパティンは1回タップもレフェリーは止めず、そのまま失神した。 [nextpage] ▼第2試合 ONEムエタイ フライ級(61.2kg)5分3R×ファン・ディン(中国)[1R  2分52秒 KO]〇ソク・ティー(カンボジア)  ファンは7月大会でファディ・カレッド(チュニジア)に判定負け。対するティーはカンボジア版ムエタイと呼ばれるクン・クメールの世界王者。2019年5月にはロッタン・ジットムアンノンに挑んだが、2R1分36秒、ロッタンの強烈なローとボディでKO負けを喫している。7月大会では、タイのモンコルペット・ペッティンディーアカデミーを相手に判定まで持ち込んだ。  1R、上背で優るファンは序盤から強烈な左ボディを連発。ソクは早くも身体をくの字に曲げる。さらにファンはヒザ蹴り、後ろ蹴りでティーのレバーを徹底的に狙い撃ち。しかし、ティーが得意の左フックからの右ロー、左インローを放っていくとファンは後退。  ティーはファンの右ミドルをキャッチすると、右ボディストレートをみぞおちに直撃。吸い込まれるように決まったこの一発で、ファンは悶絶。序盤にボディを攻められていたティーが逆にボディで倒すという結果になった。 [nextpage] ▼第1試合 ONEフライ級(61.2kg)5分3R○ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)[3R 1分21秒 TKO]×アレックス・シールド(米国)  フライ級で、マックススタジアムムエタイ王者のヨッカイカー・フェアテックス(タイ)が、グラップラークエスト王者のアレックス・シルド(米国)と対戦。  ヨッカイカーは7月31日大会で英国のジョン・シンクと対戦。サウスポー構えからシンクの右にカウンターの左ストレート効かせ、右から左ストレートでKOしたばかり。「Full Metal Dojo」や「Kunlun Fight MMA」で活躍し、ONEデビュー戦での勝利でMMA5勝2敗1分となっている。  米国のシールドは、MMA5勝3敗。タイガームエタイ所属で、タイを主戦場に「WSOF Global Championship 1」にも出場。2019年10月の「ONE Warrior Series 8」では、内藤頌貴に強い右ミドルを当てたが、内藤の左の打撃をもらい判定負け。しかし鼻骨骨折をしながらも最後まで気持ちを折らすことなく戦うハートの強さも見せている。  1R、サウスポー構えのヨッカイカーにオーソドックス構えのシールド。先に圧力をかけるヨッカイカーにテイクダウン狙いはシールド。がぶりから首狙い、ノーアームギロチンチョークはヨッカイカー! それを外しバックテイクするシールド。背負うヨッカイカーは前転スラムするが、シールドはついていき4の字ロック。腰をずらし正対するヨッカイカーは立ち上がる。  打ち合いの中でテイクダウン狙いを混ぜるヨッカイカー。さらに四つの展開にも持っていく。コーナーに詰めてワンツーの左はヨッカイカー! シールドは嫌って低いテイクダウン狙いに入る。  2R、引き込みはシールド。そこに入って行き、潜りのシールドを潰すヨッカイカー。さらにサウスポー構えからワンツー! ダウンから引き込みを狙うシールドに付き合わないヨッカイカーは、スタンド勝負に。シールドのテイクダウン狙いからの引き込みには付き合わず。さらにスタンドで左ストレート! 続く左ハイ、左ローにシールドは再三ダウン! ヨッカイカーはスタンド勝負。レフェリーは止めずスタンドをうながす。ローを蹴られてダウンしたシールド、パウンドで仕留めにいかないヨッカイカー。立ち上がることを求めるレフェリー。MMAとしてあり得ない展開が続く。  3R、左ローを奥足に突くヨッカイカー。さらに左ハイ。崩れるシールド。立ち上がると遠間から低いダブルレッグも、がぶるヨッカイカー。シールドは引き込みを狙うが、突き放すヨッカイカーは、寝転ぶシールドの右太腿に蹴りを連打! ようやくレフェリーが試合を止めた。ヨッカイカーがTKO勝ち。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事