ONEONE
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来の次戦はタイトルマッチを予定、修斗世界王者・斎藤裕とは「もう1~2試合やってから」

2020/08/10 14:08
【RIZIN】朝倉未来の次戦はタイトルマッチを予定、修斗世界王者・斎藤裕とは「もう1~2試合やってから」

RIZINバンタム級王座を獲得した弟・海と抱き合って勝利を喜ぶ朝倉未来。次は未来がタイトルマッチか 

 2020年8月10日(月・祝)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.23- CALLING OVER -』の大会終了後、榊原信行RIZIN CEOが大会総括を行った。

 第7試合で、修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)がRebel FCフェザー級王者・摩嶋一整(毛利道場)に2R24秒、ヒザ蹴りでTKO勝ち。この試合を解説席で見ていた朝倉未来(トライフォース赤坂)が「これがフェザー級の1位の戦いでしょうか。これが1位の戦いなら、俺がやってやりましょうかね。僕もベルトを獲るので、次の大会でやります」と斎藤との対戦を口にした。


(写真)ついにRIZIN初参戦を果たした修斗世界王者・斎藤裕

 これに斎藤は「自分は相手を選ばないので。いいタイミングでみなさんが望む状況になれば自然とやるのではないでしょうか」と、対戦が組まれればやるとの意向を示した。

 榊原CEOはこの件について「実現の可能性はある」としながらも、「ただプロモーターとしては青井人選手(第5試合で朴光哲に判定勝ち)、斎藤選手、クレベル・コイケもあと何戦かやらせたい。未来と戦わせる前に磨いた方がいいかなと思っています。もう1~2試合強烈なインパクトを残して勝ってほしい」と、RIZINで存在感を示すような試合をやってから、との見解。


 さらに「朝倉未来選手にはフェザーのタイトルを作ってタイトルマッチで次、行かせたいと思っているんです。初代王者を決めるのに外国勢が入ってこれるかどうかのタイミングを見ながら、次の試合は未来選手には大きなテーマ、兄弟でベルトを巻けるのか、フェザー級の強いヤツとやりたいと豪語しているので、だったらファンの人たちも僕らもこれだったら朝倉未来と戦うにふさわしい選手だというのを磨けたタイミングで行かせたいし、タイトルマッチにしたい。そうすると秋の大会に間に合うかどうか。ちょっと考えます」と、次の朝倉未来の試合はRIZINフェザー級王座を懸けた王座決定戦にしたいとのプランを明かした。

 修斗世界王者の斎藤ならその相手にふさわしいとも思えるが、榊原CEOは「斎藤選手といきなりというのはないかな。斎藤選手にはもう1~2試合、例えば昨日勝った萩原(京平=白川陸斗にTKO勝ち)選手と斎藤選手がやって、もう1試合くらい斎藤選手がきちっと修斗の王者として未来を追い詰めるためにインパクトを残して欲しい」と話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事