GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【RIZIN】浜崎朱加、ハム・ソヒとの再戦実現できる日まで「やってくれるのであれば誰でもいいです」

2020/08/09 15:08
 2020年8月9日(日)神奈川・横浜みなとみらいのぴあアリーナMMにて、RIZIN2デイズの初日『RIZIN.22-STARTING OVER-』が開催された。  セミファイナルの第8試合では元RIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(AACC)とDEEP JEWELSアトム級王者・前澤智(リバーサルジム立川ALPHA)が対戦。浜崎が2R1分26秒、キムラロック(アームロック)で一本勝ちを収めた。  試合後、インタビュースペースに現れた浜崎は「一本勝ちができたのはよかったんですけれど、1R目は堅かったのと、打撃の方でまだ課題が山積みだなって印象です。何発かストレートをもらったのでその部分がダメだったのかなと思う。やっぱりKO勝ちしたいなっていうのがあります」と、打撃でのKOを奪いたかったと反省。 「前澤選手は凄くいい選手だと思いました」と相手を称え、「この状況だから仕方がないんですが、試合間隔が空いてしまって、ここで1回試合ができたのはよかったと思います」と試合ができたことに喜びを感じたという。  次の目標には「(昨年の)年末にハム・ソヒ選手に負けているので、もう一回挑戦できる位置までいければいいなと思います」とリベンジを誓い、「いつでもいいです。どこかで対戦できればと考えています。(それまでは)やってくれるのであれば誰でもいいです」と、ハム・ソヒと戦えるまで誰とでも戦うと言い放った。  一方、敗れた前澤は「(7月23日の対戦アピールから)まさかこんなにポンポンと組まれるとは思わなくて、今日の日を迎えるために動いてくださった周りの方、迷惑をかけたジムの代表を始めジムのみんなにありがとうと言いたいです。本当は勝って恩を返したかったです」と話し、「一言でいうと格が違うことは分かっていたんですが、同じ人間なのでどこか穴があるんじゃないかなと自分はビビらず研究して向かっていったつもりなんですけれど、思っていたよりも距離的、間合い的な意味で遠いなって。懐が深いというか。自分が持っていきたかった距離に入れなくて詰めれなかったです」と浜崎の強さを評した。  そして今後については「今はすぐに思いつかないんですが、DEEP JEWELSのベルトを持たせてもらっているので、しっかりもう一回防衛したいのがひとつ。それ以外はよく分からないです」と、DEEP JEWELSのタイトルを保持していくことをあげた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事