K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】元王者との対決に佐野純平「喰ってかかりたい」迎え撃つ島野浩太朗「簡単には喰わせないよ」

2020/07/29 22:07
2020年9月26日(土)東京・後楽園ホール『Krush.117』の記者会見が、7月29日(水)都内にて行われ対戦カード第一弾が発表された。スーパー・フェザー級3分3R・延長1Rで島野浩太朗(菅原道場)と佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が対戦する。  島野はMA日本キックボクシング連盟をホームリングに、2011年からK-1 JAPAN GROUPに参戦。強打を武器にトップ戦線で活躍し、北井智大、レオナ・ペタスらをKOし、皇治、卜部功也、卜部弘嵩らトップファイターたちと拳を交えてきた。2018年6月に郷州征宜を破り第7代Krushスーパー・フェザー級王座に就くと、同年12月に大岩龍矢を退けて初防衛に成功。しかし、2019年3月の2度目の防衛戦で西京佑馬に敗れ、ベルトを失った。2019年12月の再起戦ではSATORU成合とド突き合いを演じて勝利している。戦績は24勝(14KO)13敗。  佐野はK-1カレッジ2017 -65kg王者で、2017年12月にKrushでプロデビュー。これまでに3勝(2KO)3敗2分の戦績を残している。前回は2020年1月のKrushで竜樹にKO負けを喫した。  元王者を相手に抜擢とも言える佐野は「試合の話をいただいた時は凄く嬉しくてこの試合は何が何でも勝ちます。島野選手は凄いタフで、ずっとパンチを振り回して相手を倒す印象があります。本当にビッグチャンスだと思っているので、前回負けていてこんな大きな対戦を組んでもらえると予想していなかったのでここは喰ってかかりたいと思います。僕も(島野と同じ)アツいファイトで喰らいついていきたいです」と、島野を喰う気十分。  迎え撃つ島野は「昨年12月ぶりの参戦となりますが、期間が空いた分、大きく溜めたものを全てぶつけられると思う。佐野選手はK-1カレッジで王者になって、そこから階級を落としてプロのリングでもベルトを目指している選手だと思います。会長のご指導の下、選手は1週間前のオファーでも常に戦えるようにというスタイルで日頃練習していました。すぐにでもいつでもやりたい気持ちはありました。参戦が決まって改めて大きく溜めてきた気持ち、想いをぶつけられると思います」と、昨年12月から溜めてきたものをぶつけると言い放つ。  その想いとは何か。島野は「ファイターとしては試合に出場して、ひとつ結果を出すことが一歩前進すること。自分のファイター生活の中でストーリーや現役生活を進ませる唯一のものだと考えています。試合をしなければファイターとして自分は前へ進むことが出来ない。そういう気持ちを感じながらの生活になると思うんですね。その中でどうしても進みたい自分と試合のタイミングが選手としては1日でも早くやりたい気持ちになります。言葉で言うのは難しいですが、試合か決まることが前へ進むための唯一の道だと思っています」と、自身の哲学を語った。  そして「9月大会はしっかり盛り上げて島野選手を倒したい」と宣言する佐野に、島野は「Krushのリングは魂のぶつかり合い。ここは簡単には喰わせないよって気持ちです。必ず勝って一歩ずつ這い上がっていきたいと思います」と、佐野を迎え撃つと答えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事