MMA
ニュース

【DEEP JEWELS】杉山しずか、勝利の陰にあった過酷な減量記録を公開

2020/07/26 06:07
2020年7月23日(木・祝)東京・新宿FACEで開催された『DEEP JEWELS 29』で、ARAMI(フリー)と熱闘の末に3R1分49秒、腕十字で勝利を収めた杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)。  その杉山が試合2日後の25日、自身の公式YouTubeチャンネル『しぃやんチャンネル』にて試合までの減量の様子を記録した映像を公開した。 「減量中なんです、今。試合に向けて大体7~8kg落とすんですが その記録をしたいと思います」との言葉から始まる映像。朝6時に起床して体重を計り、朝食にプロテイン、サプリメント、バナナ。「減量は1カ月かけてゆっくりやります」という。  主婦でもある杉山は家族の朝食の準備、子供を保育園に連れていき、パソコンを使った仕事。さらに練習、夕食の準備など忙しい1日を送る。  計量2日前には水分が溜まらないようにするため塩分を抜き、夜は何も食べない。そして計量前日にはかなり疲れた様子で「今から水抜きをします」と、サウナではなく自宅のお風呂にて半身浴。午後5時から開始し、1時間お湯に浸かってタオルと毛布にくるまって休むことを繰り返す。ため息をつき、みるみるうちに憔悴していく様子が分かる。  汗の出が悪いのでサウナスーツも着て、5セットを繰り返したところで体力・精神的にきつくなり、残り1.2kgで就寝。気を失うように眠りについたという。  起床後、計量前にもう一度水抜きをする予定だったが、体重を計ったところ1kg落ちていたので完了。残り200グラムは自然代謝にかけるとし、計量会場へ向かう。「通常はさらに4kg軽い階級のため(今回は61kg契約)簡単に落ちると思ったが大きな間違いだった」と、苦しい減量だったことを告白する杉山。また、自宅の体重計と計量で使う秤では誤差があると不安も口にする。  しかし苦しんだ甲斐があり、計量では60.8kgの200グラムアンダーでパス。笑顔を輝かせて写真撮影に応じるが、過酷な減量に苦しんだからこそのこの笑顔がある。  計量後は夫でMMAファイターの中村K太郎と合流し、「計量後に必ず食べる」というサムゲタンで栄養補給。午後4時に帰宅して体重を計ったところ「3kgしか増えていません」とやはり不安を口にする。  そして試合当日の様子と、勝利した後のコメントで映像は終わる。普段は見ることができない、試合へ向かうファイターの苦労の一端を知ることができる貴重な映像だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事