キックボクシング
ニュース

【RISE】秀樹が再起戦で麻原将平とライト級実力者対決、良星はMA王者の戸井田大輝を迎え撃つ

2020/07/25 07:07
2020年8月23日(日)東京・後楽園ホール『RISE 141』の対戦カード第一弾が発表された。今大会は7月19日に開催された『RISE 140』よりも200名ほど収容人数を増やした700名規模での開催となる。もちろん、マスク着用必須や距離を空けた座席配置など新型コロナウイルス対策は引き続き行われる。  ライト級3分3R延長1Rで、RISE同級1位・秀樹(新宿レフティージム)が同級4位で元HOOST CUPスーパーライト級王者・麻原将平(パウンドフォーパウンド)と対戦。  秀樹はフィジカルの強さを活かしたパワフルな打撃でRISEライト級のトップクラスに君臨。2019年2月には白鳥大珠と第5代ライト級王座決定戦を争っている(白鳥がTKO勝ち)。また、『KNOCK OUT』のスーパーライト級トーナメントでも準優勝を果たした。今年1月、原口健飛と白鳥が返上したRISEライト級王座決定戦を争ったが、1R2分23秒、KO負けを喫して悲願だった王座獲得ならず。今回が再起戦となる。  麻原は正道会館空手出身で、RISEライト級のトップランカーとしてタイトル挑戦経験もある。『K-1 WORLD MAX』にも出場した2008年プロデビューの34歳ベテラン選手だ。ローキックと飛びヒザ蹴りを得意とし、新人時代からK-1ヘビー級で活躍した武蔵の指導を受けている。RISEには昨年7月の大阪大会以来の参戦となった。  パワーの秀樹か、スピード&テクニックの麻原か。新旧ライト級実力者同士の激突となった。  バンタム級3分3R延長1Rでは、RISEバンタム級1位・良星(らすた=平井道場)がMA日本キックボクシング連盟スーパーバンタム級王者・戸井田大輝(戸井田道場)を迎え撃つ。  良星はスピードを活かした常に動き回るアグレッシブなスタイルで会場を常に沸かせる。得意技はハイキック。第4代Bigbangスーパーバンタム級王者でもあり、2018年7月に鈴木真彦に敗れて以降は破竹の7連勝(3KO)を飾っていたが、今年1月に鈴木とのタイトルマッチ再戦で敗れて王座奪取ならず。再びベルトを目指して再起戦を迎える。  対する戸井田は空手をベースに持ち、パワフルな攻撃が持ち味。フルパワーのロー&ミドル、構えを左右にスイッチして放つ回転力のあるパンチ連打が目立つスタイル。2019年9月にKO勝ちで7戦無敗のままMA日本スーパーバンタム級王座に就いたが、11月のBigbangでK-1の亀本勇翔とBigbangスーパー・バンタム級王座を争い判定3-0で敗れて初黒星。戦績は8勝(4KO)1敗。  両者とも手数が多いタイプだけに、ノンストップバトルが期待される。  また、今大会には京谷祐希(山口道場)とRISEライト級3位・北井智大(チームドラゴン)の参戦も決定した。 <決定対戦カード> ▼ライト級(-63kg) 3分3R延長1R秀 樹(新宿レフティージム/同級1位、K-1 REVOLUTION FINAL-65㎏級世界王者)麻原将平(パウンドフォーパウンド/同級4位、元HOOST CUPスーパーライト級王者) ▼バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R良 星(平井道場/同級1位)戸井田大輝(戸井田道場/MAキックボクシング日本スーパーバンタム級王者) ▼ライト級(-63kg) 3分3R久保田有哉(TARGET)野口紘志(橋本プレボ)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント