キックボクシング
ニュース

【REBELS】ぱんちゃん璃奈「そのワンピースはムキムキすぎてもう似合わなさすぎる」と言われたけれど…

2020/07/14 02:07
【REBELS】ぱんちゃん璃奈「そのワンピースはムキムキすぎてもう似合わなさすぎる」と言われたけれど…

トレーニングの成果で鍛えられた腕と肩がたくましいぱんちゃん

2020年8月30日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.65』の記者会見が、7月13日(月)都内にて行われた。

 会見には今大会のダブルメインイベント第1試合で【創世のタイガ presents】REBELS-BLACK女子46kg級初代王座決定戦を争う、ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)と元J-GIRLSミニフライ級王者MISAKI(TEAM FOREST)が出席。


 ぱんちゃんは夏らしいノースリーブのミニワンピースで出席。フォトジェニックぶりを発揮したが、これには裏話が。会見終了後、ぱんちゃんは自身のSNSを更新し、「家族に、そのワンピースはムキムキすぎてもう似合わなさすぎるから、辞めた方がいいと言われたけど着てやりました!笑」と投稿。

 ぱんちゃんは緊急事態宣言が出た4月、ジムが閉館してキックボクシングの練習が出来ない時期に「今は自分でできる事しっかりする。階級が上がらない程度にフィジカルモンスターになってもいいですか?」と、ジムワークができない期間中にフィジカルを鍛えるとSNSでファンに報告。パーソナルでフィジカルトレーニングを集中的にやるとした。


 その甲斐あってか、ワンピースから伸びる腕や肩回りはかなりたくましい。しかし、ファンからは「普通の服装をすると鍛えてるのが一目瞭然でさすがプロ格闘家だな!って感心しました」「ワンピース似合ってて可愛かったよ。確かに二の腕のたくましさが強調はされてたけど(笑)」「全然似合ってましたよ」「かわいくて全然よかったですよ」と、“そんなことないよ”との声が多数届いていた。

 この日は、タイトルを争う対戦者のMISAKIもノースリーブで出席。日頃のトレーニングの成果を表すようなたくましい腕・肩回りの競演となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事