キックボクシング
ニュース

【NJKF】健太vs北野克樹のWBCムエタイ日本統一王者対決、勝者はS1世界スーパーライト級挑戦者に

2020/07/06 22:07
 2月以来となるNJKF主催の後楽園ホール大会『NJKF 2020 3rd』が9月12日(土)東京・後楽園ホールで開催される。その第1弾対戦カードが決定した。  ONE Championshipを舞台に世界で戦うWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)が昨年11月に続きホームのNJKFに参戦、“竜巻旋風脚”の異名を持つ蹴り技で活躍するWBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者・北野克樹(誠至会)と対戦する。 (写真)ONEで強豪ムエタイ選手に連敗を喫している健太(右)。再起戦となる 両者は健太がウェルター級、北野がスーパーライト級でともにWBCムエタイ日本統一王座を持つ同士。今回はスーパーファイト3分3Rで、「S1世界スーパーライト級挑戦者決定戦」として行われる。  長くトップ選手としてNJKFをけん引する33歳の健太に対し、北野は24歳と両者の対戦は世代対決ともなる。92戦59勝(17KO)26敗7分と国内屈指の戦績を誇る健太がその幅広い技術とインサイドワークで封じ込むのか、あるいは百戦錬磨の相手であっても北野の“竜巻旋風脚”がさく裂するのか。 (写真)2019年7月にはラウェイにも挑戦して初回KO勝ちした北野 健太は2019年8月にムアンタイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)に判定負け、同年11月にチョ・ギョンジェ(韓国)とドロー、2020年1月にセンマニー・サティアンムエタイ(タイ)に判定負けと2019年6月のジョー・セイシカイ(タイ)戦以来、白星から遠ざかっているが、超一流ムエタイ戦士との戦いを経てどのように進化しているか。対する北野は3連勝で健太の壁に挑む。  また6月に予定されていた『S1レディース バンタム級ジャパントーナメント』は出場選手に変更なく、今大会にスライドして実施。現在、1回戦の対戦カードに対する投票を募っており、投票者には『サイン入りメッセージカード』と『ミネルヴァ非売品ステッカー』がプレゼントとなる(応募締め切りは7月31日)。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事