MMA
ニュース

【RIZIN】佐々木憂流迦vs大雅、殺陣担当は渡辺華奈のアクション映像公開、佐々木はアゴ骨折が完治間近も報告

2020/07/05 21:07
 MMAファイターの佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム)がキックボクサーの大雅(TRY HARD GYM)とコラボし、アクションムービーを制作した。  佐々木は2019年10月12日『RIZIN.19』大阪大会で、朝倉海(トライフォース赤坂)に1R0分54秒、TKO負けしてアゴを2カ所骨折、15日に手術を行って24日午後に退院。今年7月14日に神経の手術&プレートを抜く手術が決定し、8月には完治の予定だと自身のSNSで報告しており、いよいよ復帰へ向けて動き出していく。  その佐々木が自身のYouTubeチャンネルにて「ずっとコラボしたかった」という大雅とのコラボが実現。「僕はアゴが痛いのでがっつりスパーリングとかできないので」ということで、アクションムービーを制作することになったという。 (写真)アクションシーンのディレクターは渡辺華奈が務めた そして、アクションシーンのディレクターを務めたのは、アクション映画が好きで自身のSNSにもたびたびアクションの動きをムービーで投稿している渡辺華奈(FIGHTER'S FLOW)というトリプルコラボとなった。  佐々木のYouTubeチャンネル『憂流迦草子絵巻』にはその撮影模様と完成したムービーが公開されており、佐々木と大雅がMMAルールで戦うストーリーでかなりクオリティの高い仕上がりとなっている。大雅のオモプラッタからの三角絞め、それを返して佐々木が得意のバックチョークを極めるといったアクションが繰り広げられる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事