K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】初陣で鮮烈TKO勝ちの弘輝「関西からまた倒せるファイターが来たと覚えておいてください」斉藤雄太、龍華、志村力輝の一夜明け会見

2020/06/29 19:06
【Krush】初陣で鮮烈TKO勝ちの弘輝「関西からまた倒せるファイターが来たと覚えておいてください」斉藤雄太、龍華、志村力輝の一夜明け会見

K-1 JAPAN GROUPに初参戦でTKO勝ちした弘輝。戦績を6勝(5KO)1敗1分とした

2020年6月28日(日)東京・新宿FACEで開催された『Krush.113』の一夜明け会見が、29日(月)都内で行われた。

 第5試合のライト級3分3R延長1Rで、SEIYA(MAD MAX GYM) を3R31秒、TKOに破ってKrush初陣を勝利で飾った弘輝(team ALL-WIN) は以下のコメント。


「勝ててよかったです。1年半ぶりくらいに試合をして、自分でも倒せる力があると再確認した試合で倒せてよかったと思います。終始、セコンドの声を聞けていたのとプレスを掛けられていたのが勝因。(目標は)ゴンナパーが持っているベルトが欲しいですね。(1R開始直後に飛びヒザ蹴りを連発したのは)ずっと飛びヒザを練習していて倒せると思ったんですが、当たらなくてそれでバテちゃいました(苦笑)。よかったのはストレートとジャブですね。奇麗に入ったと思います。

 昨日は(セミファイナルの堀井翼vs金子大輝の)勝者とやらせてくれと言いましたが、勝者いるんですかね?(堀井の反則勝ち)。あの勝ち方した人とやってもしょうがないので、レベルの高い人とやりたいですね。ベルトにつながる人とやりたい。(タイトルマッチは)できるだけ早い方がいいですが、一戦やったくらいで絡んでいける安いタイトルではないので、一戦一戦結果を残してタイトルに挑戦させて欲しいですね。関西からまた倒せるファイターが来たと覚えておいてください」


 第3試合のスーパー・ライト級3分3R延長1Rで、大泉翔(SHOW TIME GYM)を延長戦の末に判定3-0(10-9×3)に破った斉藤雄太(K-1ジム五反田チームキングス)は以下のコメント。

「延長戦に突入してしまったので、昨日で一番長く戦ったなと。2019年は3試合とも1Rで終わったので、昨日は1日で4Rやったから1年ぶんやった気がします。終わってから動画を見たんですが、作戦的には相手がサウスポーのボクサーだったので、右ミドルを多く出そうというものでちゃんとやった結果でした。反省点は反則(つかんでのヒザ蹴り)で減点をもらってしまったので、あれは気を付けないとダメだと反省しています。勝因は1Rに2回ダウン取ってそこだと思う。パンチは見ている人から見ると奇麗な戦い方ではないかもしれないですが、やると当たるので。右のパンチが当たりやすい、当たれば倒れるという武器あればの勝因だと思います


 大泉選手とは話題性のあるいいマッチメイクをしていただいて、勝てたから一歩進めたと思います。次回またいいマッチメイクを用意してくれると思うので次につながったかな。来月に34歳で年齢的に先がないので、とりこぼさないようにしていきたいと思います。(1Rに2度パンチでダウンを奪ってもパンチで行かなかったのは)昔の自分だったらあのまま畳みかけたと思います。過去の試合はダウンを取った時にそこで行っちゃうので、相手のカウンターをもらったりして負けるパターンでした。ダウンを取っても行くなとセコンドにも言われていました。落ち着いてやるのが目標だったので、そういう意味では右ミドルはいけたのかなと思います。

 右ミドルを出して殴り合っているので、殴り合うきっかけになっているので結局は“殴り愛”(斉藤のキャッチフレーズ)です。チームメイトからも『ダウンを2回取っているのに延長に入る人は初めて見た』と言われました(苦笑)。ある意味、面白い試合を作るなと思ったので、これからも試合自体は面白いのかなと思うので注目しておいてほしいです」


 第2試合のライト級3分3R延長1Rで、塚本拓真(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)に判定3-0(30-27×2、30-28)で勝利した龍華(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)は以下のコメント。

「作戦通りに行けたが倒し切れなかったので反省すべき点がたくさんありました。家に帰って試合を見なおしたんですが、1Rと2Rはよく戦えていたんですが、3Rはスタミナが切れて危ない場面があったので改善できたらと思います。試合の前からローを効かせていく作戦だったので、ローが効いて作戦通りに進んだかなと思います。次はK-1甲子園2連覇を目指して頑張っていきます。


(ジムを移籍して最初の試合で)プレッシャーは特になかったんですけど、いろいろ試したい技があって、そういうのをちょっと狙いすぎちゃったのかなと思います。距離感は相手の方がリーチがあったので、自分の距離で戦いたいとずっと思っていて。近くに来たらローとかそういう作戦だったので、距離感はいい感じで戦えたかなと思います。昨日は倒せなかったので、今度は8月2日の甲子園に向けてしっかり仕上げて絶対に連覇して、次はもっと上の選手と戦わせてもらえるように頑張ります。押忍!」


 第1試合のライト級3分3R延長1Rで、竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)に1R1分35秒、左ヒザ蹴りでKO勝ちした志村力輝(兼清流総本部)は以下のコメント。


「昨日の試合は思っていた通りの狙っていた技が出せて、完璧な高めの点数を上げたいくらいの試合が出来たと思います。昨日はアドレナリンが出すぎて全然眠れなくて。ここがダメだったと思うところもあるけれど全体的にいい試合ができたと思っています。最初の左ミドルで相手が嫌がったのが見えたので左ヒザ、左ミドル、左ストレート…それが上手くハマりました。今後はさらにパワーとスピードを磨いてKO量産できるように、もっとハイスピードな面白い戦いができるように精進していきたい。(試合後のハイテンションは)溜まっていたものが爆発した感じ。この期間で練習も満足にできず、メンタル面も喰らっていたのでそれが晴れての解放感ですね。左ヒザ、前蹴り、左ミドルキック、蹴り全般に自信あります。これからももっともっと結果を出していくので応援お願いします」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事