AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【BOM】石井一成がBOMスーパーフライ級王者に! 名高が完勝。佐藤九里虎、稔之晟がWMC日本王座獲得

2020/06/29 04:06
【BOM】石井一成がBOMスーパーフライ級王者に! 名高が完勝。佐藤九里虎、稔之晟がWMC日本王座獲得

 2020年6月28日(日)、エイワスポーツジムにて、ムエタイ大会『BOM~The Battle Of MuayThai~』が「無観客」で開催された。

 コロナ禍のなか、今回は大会支援のクラウドファンディングが事前に実施され、当初の目標としていた250万円を達成。大会の模様は、YouTube「BOMチャンネル」と「17LIVE」で無料生配信もされた。

▼メインイベント(第8試合)BOMスーパーフライ級王者決定戦 3分5R
◯イッセイ・ウォー・ワンチャイ(=石井一成/ウォー・ワンチャイ・プロモーション/KING OF KNOCK OUT初代フライ級王者、WPMF世界フライ王者、IBFムエタイ世界フライ級王者)
[判定3-0]※49-47×2, 50-47
×HIROYUKI(RIKIX/第6代日本フライ級王者、第12代日本バンタム級王者)

 メインイベントはBOMスーパーフライ級王者決定戦3分5Rとして、イッセイ・ウォー・ワンチャイとHIROYUKIが初激突。

 イッセイ・ウォー・ワンチャイこと石井一成はジュニアキック出身で、アマチュアでは14冠王を達成。タイを主戦場に6連続KO勝利を飾り、2017年2月にはTrue4Uフライ級タイトルを高校生で獲得。2017年6月からは『KNOCK OUT』に参戦し、2018年12月、トーナメントを制してKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座に就いた。那須川天心に対して“西の神童”と呼ばれている。

 また、2019年2月にはKO勝ちでWPMF世界フライ王座も奪取。6月にもKO勝ちでIBFムエタイ世界フライ級王座を獲得している。当初は4月12日(日)エディオンアリーナ大阪・第一競技場で開催の『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2020 1st Round』に参戦が決まっていたが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止となっていた。

 HIROYUKIは目の良さと身体能力の高さを活かし、打たせずに打つ試合を持ち味とする。時折、派手な蹴り技も見せるが、得意技はヒジ打ち。新日本キックボクシング協会の第6代日本フライ級王者&第12代日本バンタム級王者で、近年では他団体選手との試合を望んで実現させてきた。今年4月には『Road to ONE』でポン・ピットジム(タイ)にKO勝ちしている。軽量級実力者同士のスピード感あふれるテクニカルな試合に注目だ。

 1R、圧力をかけていくのはHIROYUKI。胴廻し回転蹴りもイッセイはブロック。イッセイは足を使って回り、左右ミドルと回転の速いフック、レバー打ちで応戦。組みの強いHIROYUKIを回してコカすのはイッセイ。2R、ロープに詰まるとブロッキングするイッセイに、HIROYUKIはボディに散らして上下に突く。さらに左ミドルと三日月蹴りを打ち分けると、押し返してくるイッセイの入りにカウンターを狙うHIROYUKI。縦ヒジ、カウンターの右ストレートか右ハイの影響か、イッセイの左目が腫れる。

 しかし、3R、左目下の腫れが大きくなりながらもイッセイは身体の強さを見せ、右ロー、左ハイと対角に蹴ると、ロープに詰めたHIROYUKIに前手を伸ばしておいて右ヒジ! HIROYUKIの左側頭部をカットさせる。ドクターチェック後、再開。勝負どころの畳みかけがイッセイの強さ。3R終了間際には、前がかりに反撃してきたHIROYUKIに跳びヒザ蹴り! HIROYUKIが後方にダウンする。

 4R、後がないHIROYUKIは前に出るが、イッセイはその前足に左右ローで突き、左ミドルもヒット。HIROYUKIは右をヒットさせるがイッセイは追打を許さず。5Rはイッセイがムエタイの流儀でHIROYUKIの攻撃をしっかりさばいてフックをまとめてゴング。判定はダウンを奪ったイッセイが3-0(49-47×2, 50-47)で勝利。BOMスーパーフライ級のベルトを腰に巻いた。

 激戦を制したイッセイは、生配信の視聴者や関係者に向けて、「このような状況で試合の機会を与えていただき、またクラウドファンディングで応援してくださった皆様、ありがとうございますた。今回、7カ月振りの試合で感覚もダメダメだったし、チャンピオンになったけど、まだまだ成長しないといけないなと思います。選手一同これからも頑張って行きますので、変わらず格闘技界を応援してくれたら嬉しいなと思います。また次の試合を楽しみにしていて下さい」と語り、メインを締めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事