MMA
インタビュー

【TTF】KIDさんの思いを胸に──『格闘代理戦争』出身スソンがプロMMAデビュー=本日19時から大会生配信

2020/06/27 04:06
 2020年6月27日(土)19時から、「無観客大会」として「TTF CHALLENGE 08」が、チケットぴあの「PIA LIVE STREAM」にて有料生配信される。  メインでは、大道塾から2017年の北斗旗全日本空道体力別選手権の最重量級(身体指数260以上)優勝の岩﨑大河がMMAに初挑戦することで話題となっているが、アンダーカードにも注目の選手が出場する。  バンタム級で、ABEMA『格闘代理戦争』に山本“KID”徳郁推薦として出場したスソン(KRAZY BEE)がプロMMAデビュー。ITF系「世界Jrテコンドー選手権大会U18組手-63kg級ベスト8」の実績を持つスソンは、KRAZY BEE所属として、打撃を軸としたMMAでプロ初陣を飾れるか。  試合を直前に控えたスソンに話しを聞くと、自身のバックボーンであるテコンドーのこと、KRAZY BEEとの出会い、『格闘代理戦争』のこと、師匠・山本“KID”徳郁への思いを、語ってくれた。 12年間テコンドーを続けながらも、総合格闘家になろうと決めてました ――『格闘代理戦争』で注目されたスソン選手ですが、9歳からテコンドーを始め、日本代表にもなっているそうですね。テコンドーは国際競技連盟としてITF(国際テコンドー連盟)とWTF(世界テコンドー連盟)の2つの系統があるかと思いますが、スソン選手はITF系出身であると。競技者から見て、ITFとWTFの違いをどのように感じていますか。 「ご存知の通り、WTFはオリンピックの競技で、手足だけでなく打撃がヒットしたかどうかを感知するセンサーが埋め込まれた胴プロテクター、ヘッドギア、そして電子ソックスを身に着けて試合に臨み、そのヒットのポイントで勝敗を決めます」 ――電子ソックスと防具が触れると、蹴りの圧を基にセンサーが有効にヒットしたと感知した攻撃のみがポイントになると。  ジャッジの正確性が向上した一方で、電子防具が導入される以前は、相手との距離を測る前蹴りのカットがクリーンヒットしても審判がポイントとして認めることはなかったそうですが、いまは態勢が崩れた蹴りでもポイントになると聞きました。特に頭部は、安全面から軽い蹴りでも有効打とされるようにセンサーが設定されているため、長身選手が軽い二段蹴りのようなダイナミックな技を多用する傾向にあるとも。 「そうなんです。“一撃”とかではなくて、技の精度とかは関係なくポイント加算型です。一方、ITFは元々、松涛館空手から派生して作られたテコンドーに科学的なエッセンスを取り入れて、一撃必殺や技の精度を競うような競技になっている感じです。スポーツというより武道寄りというか」 ――有効打、正確にしっかり当たっているかどうかが評価される? 「そうですね。しっかり当たっていないとポイントにもならないです」 ――そのITF系のテコンドーで、スソン選手は世界Jrテコンドー選手権大会U18組手-63kg級ベスト8、第29回全日本テコンドー選手権大会、東日本予選会男子マッソギ64kg級優勝。日本代表としてアジア大会にも出場されているそうですね。 「アジアでは、団体戦の型(トゥル)で銀メダルでした。組手(マッソギ)は団体戦で出て、カザフスタンの選手とやって、そこでは1回戦で負けてしまいました」 ――9歳から始めたテコンドーを12年間続けながら、そもそもMMA、総合格闘技にも興味はあったのですか。 「子どもの頃に総合を見て、総合格闘家になろうと決めてました。テレビでK-1やPRIDEを見ていて、KIDさんと魔裟斗さんの試合とか、バダ・ハリとかを見て、『俺もこれやりたい、強くなりたい』と。それで最初はボクシングをやろうと思ったんですけど、頭へのダメージなどを心配されて親から反対にあい、テコンドーならば、とOKが出たんです」 ――テコンドーをやってきて良かったなと今でも感じることは? 「やっぱり技の精度とか身体の使い方です。そして一撃必殺に対する気持ち──ITFにもポイントはあるんですが、ライトコンタクト制で相手を倒すことに重きは置かれていないんです。でも自分はポイントよりは、もう一撃で倒すというほうに意識があったので」 ――伝統派空手の試合に出ていたときの堀口恭司選手のようですね。自分の打撃の方が入っていたと思ったときに総合格闘技でやろうと考えたように。 「そうですね。昔のゴン格さんで恭司さんの記事を読んでいた時に、“空手ベースのスタイルで総合でこんなに強い選手がいるんだ”“こんなにすごい人が育つ環境に自分を置きたいな”と思い、総合に転向しようと決め手になりました」 ――山本“KID”徳郁さんや堀口恭司選手への憧れもあり、KRAZY BEEに入ったと。 「いろいろなジムを見たんです。KRAZY BEEは家から遠かったけど、ジムを1回観たら直感で『ここ、俺の好きなものがいっぱいある』と思って。ストレッチマシンがあって広いジムで、心地良い場所だなと感じました。20歳のときでした」 KIDさんは「いまは我慢だけど、絶対お前ならできるから』と言ってくれて…… ――KRAZY BEEに入って、プロ選手たちと練習するようになったのはいつくらいからだったのですか? 「プロの人たちとは……最初からですね。テコンドーから転向して1、2カ月くらいでしたが、プロとアマチュアが合同で練習するときがあって、そこに最初から出ていました」 ――テコンドーから転向してプロ選手とスパーリングをやった当初に感じたことは? 「初期の頃で言うと『格闘代理戦争』の撮影のときに、(田村)一聖さんに後ろ回し蹴りでダウンを取ったことがあったんですけど、でも、その次の週に一聖さんにボッコボコにされて(苦笑)。ビギナーズラックだと自分でも理解していたんですけど……そんなに甘くないなと。打撃だけだったら正直、そうとうな自信があったんです。誰とやってでもダウンを取れるくらいの。でもやっぱり総合の厳しさというのは、『格闘代理戦争』の撮影とかは関係なしに、最初の頃からずっと味わってましたね。ひたすらに寝かされて。レスリングと柔術の大切さをヒシヒシと感じていました」 ――MMAではアマチュアの試合でも出ていますね。 「一番最初に出たのが、2017年のアマチュア修斗関東大会です。KRAZY BEEに入って2カ月くらいでした。1回戦はダウン取って、そこからバック取られて、チョークを極められそうになりながらも勝って。2回戦も、けっこう打撃で優位に立ったんですけど、どうしても首相撲の対処が出来てなくて負けちゃいました。アマ修には翌年も出たんですけど、1回戦でリングのロープ際の攻防でグラウンドとスタンドのコールのなか、相手がヒザを着いてる状態でこつこつパンチを入れてしまって。それで反則負けになりました」 ――それは苦い経験ですね。2017年のAbemaTV(ABEMA)『格闘代理戦争』1stシーズンのときは、KIDさんの推薦選手という形で、最初はK-1ルールに挑戦しました。 「小学生の頃から、HEROS、DREAMに出ていたKIDさんの左ストレートとか、キコ・ロペスをKOした右フックとか、ステップの仕方とかひたすら真似していて。テコンドーをやりながら、家の中でずっとシャドーで真似してたりしていたんです。それに魔裟斗さんとの試合もあって。自分の中では、KIDさんと魔娑斗さんという二大スターが出ている番組ですから、光栄でした」 ――『格闘代理戦争』の初回のK-1ルールのときは、K-1アマチュア全日本準優勝の中嶋志津麻選手と対戦しましたが、得意の出入りよりも打ち合いになって敗れたように感じました。 「K-1のルールではK-1のルールで評価される戦い方しか勝てないと思っていたので……KIDさんからはずっと『ミドルとかを蹴って、得意のステップを使って回りながら戦おう』と言われてたんですけど、そのときは自分も未熟で、自分の考えを押し通してしまい、相手も前に来る選手だったので、下がったらどんどん来るなと思って、逆に自分もずっと前に押して、3ラウンド目にミドルをパンパン当てられて終わってしまいました。いま思い返すと、KIDさんが言うように、もっと最初からミドル蹴ってたら良かったな、もっと違う戦い方もできたなと思いますね。その後の『格闘代理戦争』2ndシーズンも未熟で、判定負け(関原翔※2018アマチュアMMA全日本選手権バンタム級優勝、PANCRASEで3連勝中)してしまいました」 ――結果を出せなかった。KIDさんとはどんな話をしましたか。 「2018年の初夏に若手育成のための大会でクレイジーリーグが出来たんですよ。そこに自分も出る予定だったんですけど、出られなくなって。そしたらジムでKIDさんから声をかけられて、『年末か年明けにも大会を開くことを考えていて、俺はそこでスソンをメインで出したいんだよね』って言ってくれて。『えっ? 自分でいいんですか?』みたいな話をしたんです。テコンドーを経て、いろいろ遠回りもして、20歳過ぎてから総合格闘技を始めて。自分の直感に従って見たけど、はたから見たら年齢的に厳しいと思われるようなことをして。そうしたらKIDさんは『俺も27歳くらいまではずっと下積みだったから。それまではもっと経験積んで、いまは我慢だけど、絶対お前ならできるから』と言ってくれて……。自分はずっと、それをずっと信じてやっていますね、いまも。それが一番、印象に残っています」 [nextpage] 科学的なテコンドーの動きを活かすのにはMMAの土台が必要 ――スソン選手の中にはKRAZY BEEのいろいろなエッセンスが入っているように感じます。打撃のKRAZY BEEのこだわり、伝統派空手やテコンドーを採り入れるオープンマインド、身体作りも……。スソン選手の名前を最近聞いたのは、ONEで高橋遼伍選手がタン・リーと対戦する前に、テコンドーをバックボーンに持つリーについて、「ウチのジムの後輩に、リーと全く同じ流派のテコンドーをやっていたスソンがいて、リーのバックスピンの動きについて聞いている」と話していたんです。 「あのとき、自分が怪我していてリハビリ明けくらいで、あんまり動けなかったんですけど、できる限りの打ち込みとかは協力させてもらって。もっと高橋さんとスパーとか、一緒にやらせてもらいたかったです。タン・リー選手は手足が長いから、対戦相手はステップをうまく使わないといけない。ただ前に出ても、手足が長い上に、テコンドー特有の間合いのコントロールが本当に上手いので、タン・リーよりももっと早くステップで小刻みに動かないいけない、という難しさがあるように感じていました。ローやカーフも蹴りながら前にプレッシャーをかけていくスタイルに対し、手足の長いところから攻撃されてしまう。ほんとうにタン・リー選手、強いです」 ――あのときは高橋選手が蹴り足を取ってからの飛び込みに打撃を合わせられた。タン・リーの身体の強さも感じました。いま、MMAでテコンドーの動きを採り入れている選手が目立ちます。MMAの中でどう活きると感じていますか。 「テコンドーのいいところって、間合いのコントロールであったり、足をうまく使えるところにあると思います。ただ、テコンドーの技をそのまま総合に活かすのは結構、難しいんです」 ――それはどんなところが難しいんですか? 「例えばテコンドーの競技の中でやっている技。回転蹴りであったり、蹴りを連続でパンパン蹴るとか、そういう動きは総合ではリスクが多過ぎる。総合のベースがあった上で、フィジカル、レスリング、柔術も出来た上で、テコンドーの技術を使えればいいのですが、それがないまま、テコンドーのスタイルだけで総合をやると弱点しかない。負ける可能性が8割はあって、自分もずっとその8割で負けていたように感じています」 ――MMAの土台が出来ている上で、テコンドーの動きが活きていると感じるのは? 「柔軟性やフィジカル面が一番大きいかなと。例えば、片足を持たれたときのバランスであったりとか、蹴った後のパンチであったり。タン・リーがよくやる追い突きとかもそうだと思います。MMAの中では、技としてはシンプルにならざるを得ない。いかにシンプルに一撃で倒せる技をスピーディーにやるか。テコンドーの表面的な、一般的にすげえといわれるようなダイナミックな技を総合とかで出すのは、ちょっと意に反しているように思います。テコンドーは元々、一撃必殺のシンプルな技を科学的に引き出せるようにした競技なので。『人間の持ち得る力を最大限に利用するにはどうすればいいか』という考え方からなんです」 ――科学的、というのは力学的なものでしょうか。 「重力であったり、あとは脱力からの集中であったり呼吸ですね。全ての動作に、吸って吐くという呼吸の動作が全部決められています。脱力しているときに吸って、集中、この技の決めになる瞬間に吐き切る。それによって横隔膜を収縮させて、身体を一気に硬直させる。そこに力を一点に集中させる」 ――息を吐くことによって打撃力を高め、防御時にはダメージも最小限に抑える、と。脱力と呼吸はスタミナにも関わってきますね。重力は落とす、ということでしょうか。 「『サインウェーブ』というのがあって。最大の運動エネルギーは質量×速度で生まれるので、空手の型でいう正拳突きが、テコンドーでは1回上に上がってから、そこで空気を吸って、落ちる瞬間に吐きながら、地面に落ちる瞬間に一点に集中させるです」 ――質量を増加させると。MMAの中ではそのいったん浮く動きが難しそうですが、堀口選手は飛び込みのなかでも死に体になることはない。テコンドーの体を下げると同時に打撃に体重を注ぎ込む動きは、MMAの中でも使っているのですか。 「いや、まだ自分はそこに達していないです。まずはMMAの土台が出来てからじゃないと、そこの応用はできないかなと思っています」 ペスカタリアンは自分に合っている ――なるほど。そして、スソン選手は、KIDさんや朴光哲選手のようにビーガンだとも聞いています。 「はい。ペスカタリアンです」 ――ということは、肉は食べずに魚は食べていると。ご自身の身体に合っているのですか。 「自分はずっと高校生くらいのときから、長友佑都選手(糖質量をコントロールしながら、良質の脂とタンパク質を摂取するファットアダプト食事法を実践)や、ノバク・ジョコビッチ(グルテン不耐症のためグルテンフリーを実践)の食事方法に影響されて、パフォーマンスを上げるために小麦粉を止めたり、健康的な食事について実践していました。そういうのを調べていたら、KIDさんや朴さんがビーガンをやっていることも知って。ただ、日本だとビーガンをやるのが難しい面も多くて。外食が難しい。落ち着いたらペスカトリアンが一番、自分には合っていました。日本人の体質にも合っていると思います」 ――ペスカタリアンの場合、乳製品や卵は食べると聞きますが。 「僕は食べないです。1年前くらいまで卵や乳製品とかも食べていたんですけど、いまは一切、動物性は、魚以外は止めました。最初はパフォーマンスのためだったんですけど、だんだん世界の環境問題とかもいろいろ考えてそうすることにしています。動物を食べることのデメリットが大きいので」 ――畜産がもたらす環境問題なども考えているのですね。しかし、ファイターにとっては、試合で強くあること、身体を動かせることが重要ななかペスカタリアンでどんないい影響がありますか。 「例えば、内臓は胃もたれは一切ないです。内臓が軽い。動物性の、お肉を食べたりすると、胃の中で消化をするために、ある程度分解をするんですけど、分解できない物質があって、そのことで内臓が炎症を起こすとされています。その炎症によって、疲労が抜けにくくなったりするのは避けたい。それに、内臓にダメージが蓄積していくと、歳を取ったときにも悪影響があると考えています。元々人間の腸って、肉食動物に比べてめちゃくちゃ長いじゃないですか。ゴリラとかサルのように、元々の野生の身体を維持するためには、たぶん草食のほうがいいんじゃないかということで、ベジタリアンになってから、2年近くにはなります」 ――玄米をミキサーにかけたりは? 「そこまではしないです。朴さんの域は、ちょっとまだ自分には早いかなと思ってます(笑)」 今このタイミングで試合をするしかないと思っていた。TTFを開催してくれて感謝しかない ――さて、MMAでは今回の「TTF CHALLENGE 08」がプロデビュー戦ということになります。どんな自分を出したいですか。 「MMAの選手として、テコンドーを使える選手という部分はありますが、さきほども言った通り、技術的にはやっぱりMMAの土台があった上で見せられるものなので、テコンドーだけにこだわる感じは自分の中では無いんです。ただ、自分の持ち味として、蹴りをうまく使いたいなという気持ちはあります」 ――今回の対戦相手の真人ガーZ選手はサウスポー構えのごりごりのグラップラーのように感じますが、動画なども見られていますか。 「もうずっと、徹底的に研究しています。相手の印象は、やっぱ寝て極めるというスタイルだと思うので、かつての自分が苦手だった部分を超えたい。やるからにはもう超えている自信はあります。ケージレスリングも先輩方にやられて(笑)。自分は元々腰の強さに自信がありますから、自分本来の力というか、元々の持っているものをしっかり出せればまったく問題ないと思っています」 ――長南亮代表による「TTF CHALLENGE」がこのコロナ禍のなかで復活した。そこで試合が出来ることについて、どのように感じていますか。 「最初にTTF CHALLENGEの試合の計画みたいなものをツイッターで見たんです。佐藤将光さん(※KRAZY BEEに出稽古)がリツイートしていて。それを見る前に、自分の中でも、今このタイミングでプロデビューしないと強くなれないという思いがあって。コロナ自粛の中で、モチベーションも簡単には続かない。まだアマチュアで、スポンサーもついてないし、練習環境とかを整えるのもすごく難しくて、多くの選手がそうだと思うんですけど、アルバイトをしながら格闘技を続けている。でもそんな片手間のままだと、自分が最終的に目指す、ONE ChampionshipやUFCのチャンピオンになることは難しい。その目標に近づくためには、プロデビューして、しっかり自分の実力をみんなに見てもらって、スポンサーについてもらって、練習環境を整えてもっと強くならないといけないという気持ちがありました。  そう考えてやろうと決めた朝に、佐藤さんのリツイートが回ってきた。ここしかないと思いました。6月まで1カ月か、と一瞬早いなとも思いましたが、自粛の中でもずっと自主トレーニングは続けていたので出場したいと。ジムは閉鎖されていましたが、山に走りに行ったり、公園でメディシンボールとかを使ってフィジカルをやったり。それに、矢地(祐介)さんも見ているフィジカルトレーナーの稲垣純弘さんについていただき、浜辺でトレーニングをしたりしていました。KRAZY BEEの若手3人で稲垣さんに、週に1回お願いして」 ――フィジカルは鍛えていた。対人練習は最近になって出来た感じでしょうか。 「そうですね。対人は本当に6月に入ってから始めました。ただ、期間が短いといっても、相手も同じ条件ですし、これからもそういうタイミングは絶対来ると思うので、いつ試合しても同じだと考えていました。そんな中で、本当にありがたいことに、この時期に長南さんがTTF CHALLENGEを企画してくれた。このタイミングで試合が出来ることに感謝しかありません。今回は当日計量で水抜きもしなくて免疫力を下げずに試合に臨むことが出来ますし、ベストコンディションで戦います」 ――メインで出る岩﨑大河選手もプロMMAデビューということで注目されています。注目度でも負けたくないですか。 「そこはもう別に考えてないです(笑)。今回は『格闘代理戦争』に出ていたときのように魅せようとは思っていないので。もう動きで、試合で見せたいと思っています。それに、たぶん試合が終わったら、自分のほうが注目度が上がると思います」 ――力強い言葉です。スソン選手のみならず、真人ガーZ選手も含め、今回のすべての出場選手がそれぞれの思いを抱いて、試合に臨むのだと思います。最後に、「PIA LIVE STREAM」による生中継を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。 「ずっと応援してくれている方々、ありがとうございます。結構、いろいろなことがここ2、3年の間にあって、ずっと自分は谷を経験してたんですけど、やっと這い上がるチャンスをいただきました。やっと山のふもとに立てた。ここからまだまだ山あり谷ありだと思うんですけど、月日をかけて、着実にトップに立てる自信があるので、今回の試合も応援をよろしくお願いします!」 「KRAZYBEE沖縄」ジム支援はこちら
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事