その他
ニュース

【チャクリキ】元全日本プロレスの王者がグラップリングマッチ挑戦、佐藤嘉洋や長島☆自演乙らK-1レジェンドがタッグマッチ

2020/05/21 12:05
2020年10月23日(金)愛媛・西条市総合体育館にて『日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7~水の都バトル~』の開催が発表された。  セミファイナルではICO認定グラップリング・ウェルター級王者で、チャクリキMMAのエースである安楽ヂエゴ(グレイシーバッハ姫路)に元全日本プロレス世界ジュニアヘビー王者・大和ヒロシが挑戦する異色のタイトルマッチが組まれた。  ヂエゴは2017年7月に『INOKI ISM』で行われた異種格闘技戦トーナメントでヘビー級選手たちに連続一本勝ちして優勝。今年2月27日の『CHAKURIKI 5』にてトーナメントを制し、グラップリング王座に就いた。  大和は高校・大学はレスリング部で活躍。高校3年生の時は千葉県高校総体で85kg級優勝、その年の国体ではグレコローマンでベスト16入り。さらに大学時代にはJOC杯ジュニアオリンピックにて76kg級3位の成績を残している。  また、旧K-1で活躍したレジェンドK-1ファイターたちが愛媛県西条市に集結。天田ヒロミ、ノブ ハヤシ、中迫剛、富平辰文、佐藤嘉洋、長島☆自演乙☆雄一郎が6人タッグマッチを行う。  大会メインイベントでは元山祐希(武勇会)と海外強豪選手によるICO認定インターコンチネンタル選手権試合を予定している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事