GLORIOUSGLORIOUS
MMA
インタビュー

【RIZIN】地上波で放送されなかった朝倉未来の言葉「喧嘩とは全く違う」リング上の輝き

2020/05/05 13:05
【RIZIN】地上波で放送されなかった朝倉未来の言葉「喧嘩とは全く違う」リング上の輝き

(C)RIZIN FF

 2020年5月5日、テレビ朝日およびABEMAビデオにて、朝倉未来(トライフォース赤坂)が出演した『しくじり先生』が放送された。

 自著『強者の流儀』や未来が表紙となっている本誌『ゴング格闘技』5月号でも記されている通り、未来は同番組で喧嘩に明け暮れた中学・高校時代、少年院での生活、「THE OUTSIDER」で二階級王者となりRIZINで活躍、YouTubeで成功するまでを、教壇に上がり、そこで得た教訓とともに語った。

 多くの言葉は既出で、地上波向きの分かりやすいエピソードとともに紹介された構成となったが、ABEMAビデオでの拡大版では、地上波でカットされた、格闘技との出会いがいかに未来を変えたのかについても語られている。

 冒頭、「ヤンチャな人が死にかけないための授業をしていきたいと思います」とテーマを語った未来。

 7歳から相撲・フルコンタクト空手に取り組み、極真空手の全国大会で準優勝の実績を残した未来は、その力を過信し、「子どもの頃から僕は、人並み以上に自分を最強と信じて疑いませんでした。ただ、いま思うとこれが死にかけてしまう第一歩でした」と語り始めた。

 先輩に対して敬語を強いられることに不自由さを感じた未来は、公園や駐車場に先輩からの呼び出しを受けながらも、「空手とかもやってたので返り討ちにしました。ボコボコにさせてもらって」と語り、その後の“リヴェンジ無限ループ”について振り返った。

 トイレで1対10の喧嘩に「全員まとめてやろうよ」と退かなかったこと、50人の暴走族に囲まれたときは「この状況、ヤンキー映画の主人公みたいでワクワクした」という。

 しかし、「今考えると非常に危険」で、「後頭部を鉄パイプで殴打され、薄れゆく意識のなかでボコボコにされる。死ぬ寸前でした。1人と戦っていると横から鉄パイプでやられる。じわーんという感じ。パトカーが7台来て、みんな散っていった」と壮絶な敗北を振り返る。その結果、「左目がほぼ失明状態。0.02くらいまで落ちた。その後右目も同じ状態」となってしまう(※後に手術で回復)。

「結構、武器を使う人が多かった。木刀、金属バット……人の頭で木刀が折れたのを見たことがあります。ヤバイですね。金属バット相手には公園にあった自転車で防御して、植木バサミを持ってこられたときには仲間を呼んで武器を奪ってから戦ったりもしました」

「普通に考えたら50人相手に出来るわけない」と語る未来は、ヤンチャな人たちに伝えたいこととして、「漫画にある“ボコボコにされても人は簡単に死なない”を鵜呑みにしてはいけない。僕らの場合は殺人事件になる寸前だった。決して軽く考えてはいけない」と、現実の悲惨さを訴えかける。

 その後、自身も暴走族の頭になることで1対1での“タイマン”でリヴェンジを仕掛け、“族潰し”に成功する未来だが、「こんなリヴェンジを続けると障がいを負ってしまったり、最悪死んでしまったり、死なせてしまったり、一生かけても償えない罪を背負うことになる」と、自身のみならず周囲を“死なせてしまう”ことにもなると後に気づいたことを語っている。

 しかし、当時は「過密スケジュールでヤンチャな生活を続けていると刺激が足りない、もっと刺激が欲しいと心理状態がおかしくなり、刺激を求めて危険な場所に身を置いて、たびたび死にかけてしまう」と、自暴自棄な状態だったことを吐露する未来は、「刺激を求めた結果、路上でヘルメットで殴られたことに腹を立て、「アウトレイジ的な人の事務所に1人で乗り込み、拳銃を突き付けられた」ことを明かし、「脅しに対して怖がらなかった。この日だけじゃなく日常的に僕、死んでもいいと思ってたんで。結局、面倒くさいなと思われて解放された」と、捨て鉢になっていたことも明かす。

「無免許運転、暴走行為」等で16歳で逮捕され、少年院に。

「いまだから言えるけど、このとき逮捕されなければ、逮捕された3日後に上半身全体に刺青を入れる予定だったので、ほんとうに逮捕されて良かったです。極道で極めようと思っていました」と、人生の岐路に立っていたことを語る未来。当初は「少年院でも更生するつもりはなかった。出てもヤンチャしようと思っていたんです。むしろハクがつくと思っていた。極道になろうと思っていたので」

 しかし、この少年院でそれまでの人生観が変わる数々の体験をしたという。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事