K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】タイ人強豪からダウン奪っての快勝にも不満の軍司泰斗「次はKOで勝ちたい」

2020/02/25 14:02
【Krush】タイ人強豪からダウン奪っての快勝にも不満の軍司泰斗「次はKOで勝ちたい」

K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹と激闘を演じたスリヤンレックに完勝を収めた軍司

2020年2月24日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.111』の一夜明け会見が、25日(火)都内にて行われた。

 セミファイナル(第7試合)のスーパー・バンタム級戦で、ラジャダムナン&ルンピニースタジアム認定スーパー・バンタム級4位スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ)を判定3-0で撃破した軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)が会見に出席。


「全体的に冷静に戦えたのはよかったけれど、KOまでいかなくて判定になってしまったので、次までに仕上げて次はKOで勝ちたいと思います」と、強豪に競り勝ったにも関わらずKOできなかったことが不満そうな軍司。

「3Rは絶対来るなと思ったので打ち合いにいこうと思っていて。単なる打ち合いでなく、そこで隙を狙ってという形でやろうと考えていました」とクレバーな戦い方を見せ、「武居選手との試合だけじゃなくムエタイでの試合も見て、ボディがポイントになると思ったのでずっと1Rから狙っていました」と研究・対策も万全だった。


「今までの試合の中ではだいぶ研究しました。正直打たれ強さは凄くあって、簡単にボディで倒れてくれない選手だと1Rで分かりましたね。しっかり打ち分けて、ローとかもできたからよかったです」

 これで2試合連続ボディブローでダウンを奪い「前まではストレート、フックでダウンさせるることが多かったけれど、ボディでダウンをとれたのでひとつの武器が増えたと思いました」と自信を深める。


 3Rにはローブローを受けて試合が一時中断したが「痛かったんですが試合が終わる寸前だったので、気持ちを切り替えていこうと思いました。気持ちはそこまで切れなかったですね」と精神的タフさも。


 テクニックでポイントアウトすることもできた内容だったが、あえて打ち合いにも行った。「自分の中ではポイントでやり合うのは好きじゃない。ダウン、KOにこだわっています。そこでしっかり倒せる選手になりたい」と言い、「打ち合ったら負けないと試合前から分かっていました。大振りなのも分かっていたので、自分は当たらない距離でやる、もらわずに打つ、それが出来てよかったです」と相手のパンチはよく見えていたことも明かした。

 今後については「最終的に武居選手とやれればいいので、負けた3人の誰でもいいのでやりたい」と、玖村将史、金子晃大、椿原龍矢にリベンジしたいとする。


 その玖村と金子は3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~』での対戦が決まっており、「お互いにクリーンな試合をしていて打ち合いになる場面も多いと思うので、注目度が高い試合なので自分も注目しています。どっちが勝っても自分はいいけれど、どっちにしろ2人とはやりたいので頑張ってもらいたいです」と、今後の再戦が楽しみだとした。

<関連ニュース>
佐々木大蔵が鈴木勇人を返り討ちにして2階級制覇、軍司泰斗はスリヤンレックにダウン奪う快勝

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事