K-1K-1
K-1
インタビュー

【Krush】スーパー・バンタム級王座決定T決勝はずばりパンチ勝負! 二階級制覇を目指す軍司泰斗「何階級制覇できるか挑戦したい」vsタイトル初挑戦の玖村将史「ずっとKrushのベルトを巻きたいと思ってきた。何が何でも勝つ」=2月16日(土)「Krush.98」後楽園

2019/02/16 09:02
【Krush】スーパー・バンタム級王座決定T決勝はずばりパンチ勝負! 二階級制覇を目指す軍司泰斗「何階級制覇できるか挑戦したい」vsタイトル初挑戦の玖村将史「ずっとKrushのベルトを巻きたいと思ってきた。何が何でも勝つ」=2月16日(土)「Krush.98」後楽園

 (C)Good Loser 

 2月15日、東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.98」の前日計量・記者会見が行われた。

 2月16日(土)のメインイベントは昨年からスタートした第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントの決勝戦=軍司泰斗vs玖村将史の王座決定戦だ。公開計量では両者ともに55.0kgジャストでリミットをクリアし、調印式・記者会見で試合への意気込みを語った。

 軍司は一回戦で森坂陸に判定勝ち、準決勝ではアマチュア時代からの宿敵・椿原龍矢を延長判定の末に下して決勝に駒を進めた。対する玖村は一回戦で大岩翔大を左フックでKO。準決勝ではビクトー・サラビアの圧力に手を焼いたが、延長戦に突入すると勝ちに徹する新たな一面を見せて難敵を退けた。

 バンタム級に続く二階級制覇を目指す軍司は「減量が僕の中で一番きつい部分だったので、クリアできて良かったなと思います。明日は僕がチャンピオンになって、また王座に返り咲きます」と意気込みを語り、課題だった減量についても「減量は過去で一番落としたぐらい体重があった。今回はしっかり長い期間で体重を落とせるようになりました。あとはリカバリーも指導してもらっていて、明日が本番なんで、そこでしっかり力を出せるように、しっかりやろうと思います」と現在の減量方法に手応えを感じている。

 対する玖村はこれがタイトル初挑戦となるが「チャンピオンになる準備はできたんで、後は明日やるだけです」とリラックスした表情で語り「自分の良いところも悪いところも、このトーナメントの2試合で出た。でも確実に成長はできてるので、決勝でも一回戦・準決勝よりも良い動きができると思います」とトーナメントを通しての自らの成長に自信を見せた。

 公開練習では「バチバチに打ち合う」と真っ向勝負を宣言していた軍司とは対照的に「相手に何もさせず、自分だけ攻撃を当てる試合をしようと思います」と完封宣言をしていた玖村。これに対して軍司は「僕は1Rから打ち合いに行くと言っていますけど、多分相手は打ち合ってはこないと思うんで。無理やりにでも打ち合いになる場面を作って、パンチの攻防にしたい」と強引に自分のペースに持ち込みたいと話す。

 その中で勝敗を分ける鍵を聞かれると、両者は揃って“パンチ”と明言。軍司は「どっちの方がスピード、回転力、パワーが上か出ると思う。明日はそこを見てもらえればなと思ってます」と総合的に上回った方が勝利を手にすると発言した。

 眼前に置かれたベルトを前にして「僕はKrushに参戦した時からずっとこのベルトを巻きたいと思って、これを目標にやってきたんで、やっと明日巻けるなって感じで、何が何でも勝ってベルトを巻きたい」と改めてタイトル奪取への想いを語る玖村。

 一方、バンタム級時代に1度はベルトを手にしている軍司は「昨年6月の試合でベルトを失ってしまって、明日勝てばやっとベルトが手に入るってワクワクしてる部分もある。でもしっかり落ち着いて冷静に試合が出来ればなと思ってます」と平常心を強調した。

 チャンピオンになった後の目標を問われると、玖村は「このベルトを獲ることによって色んなチャンスが増えてくると思うんで、ベルトを獲ってから目標を言いたいと思います」。対する軍司は「Krushのスーパー・バンタム級だけじゃなくて、K-1もそうですし、Krushでもフェザー級くらいまでは全然行けると思う。ここをしっかり獲って、その上で何階級制覇できるか挑戦したい。Krushだったら四階級ぐらいまではいけるかなというのあるんで」と更に階級を上げての三階級、四階級制覇も狙うプランも明かした。

 最後に両者は「今Krushで一番熱いスーパー・バンタム級だと思ってるんで、その中で一番になるんで、注目よろしくお願いします」(玖村)、「トーナメントなんで色んな選手が出ていて、ここに勝ち残るってことは(相手も)強いということ。明日はまた勝ってチャンピオンになりたいと思ってます」とファンに向けてメッセージを送った。

 軍司が二階級制覇を達成するのか? それとも玖村が初タイトルを獲得し、更なる飛躍への足がかりとするのか?

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント