SirikaSirika
柔術
ニュース

【RIZIN】品川祐が中井祐樹チームで参戦「柔術を始めるのに年齢なんて関係ない」、サトシと柔術エキシビションマッチ=2月22日(土)浜松

2020/02/08 11:02
2020年2月22日(土)静岡県・浜松アリーナにて開催される『RIZIN.21』の追加対戦カードが発表された。 「柔術エキシビションイリミネーションマッチ」として、ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)が、中井祐樹率いる5選手による「チーム中井」と“抜き勝負”を行う。 ルールは、試合時間内にサトシが「チーム中井」の5選手全員から一本取れば、サトシの勝ち。「チーム中井」の5選手のうち誰かがサトシから一本取るか、もしくは1人でも残ればサトシの負け。サトシに一本取られた選手は順に抜けていく形式だ。 サトシは、浜松在住で柔術、MMAで活躍するソウザ兄弟の三男。RIZINでは、北岡悟、廣田瑞人にKO・TKO勝ちし、2019年10月のライト級GP1回戦でジョニー・ケースに敗れキャリア初黒星を喫した。今回は、柔術でのエキシビションマッチで復帰となる。 対する「チーム中井」は5選手でサトシに挑む。 中井祐樹は日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)会長。ヒクソン・グレイシーとも戦うなど、日本の総合格闘技の礎を築いた。今回は「チーム中井」のキャプテンとして、“柔術界の至宝”ホベルト・サトシ・ソウザに挑む。 エジソン篭原はアジアスポーツ柔術連盟(ASJJF)A会長。IBJJFワールドマスター、SJJIFワールドの2大世界大会で優勝した実績を持つ。柔術を普及させるべく、アジアを含む世界中で活動を行っている。 重水浩次は、左腕に分娩麻痺という障害を持つパラ柔術家。2017年、2018年のアブダビワールド柔術パラの部優勝、2017年SJJIF世界柔術選手権パラの部フェザー級、パラの部無差別級ニ階級優勝などの実績を持つ。テコンドーでもパラリンピック出場を目指していた。 木村由菜は中学生の女子柔術家。3歳から柔術を始め、キャリア10年以上。2018年ヒクソングレイシーカップで優勝。19年4月にUAE(アラブ首長国連邦)で行われた、アブダビワールドプロ柔術世界大会キッズ部門に出場し、優勝を果たした。 (C)JBJJF/Jiujitsu Kyoujin そして、品川祐は、品川庄司のコンビ名で活躍するお笑いタレント。お笑い以外にも映画、小説などマルチな才能を発揮し、柔術を愛することでも知られている。サトシやマルキーニョスから柔術の指導を受けており、マルキーニョスと柔術エキシビションマッチの経験もある。2018年6月には東日本柔術選手権にBONSAI表参道所属で出場している。 今回の柔術エキシビション出場に向け、「一流のサトシ先生とたくさんの観客の前でエキシビションマッチをさせていただけるなんて光栄過ぎる。柔術を始めるのに年齢なんて関係ない。僕みたいな47歳の白帯でも動けるところを見せたいです」とのコメントを発表している。試合時間10分の1対5の変則マッチ。「チーム中井」はどんな順番でサトシに挑むのかも注目だ。各選手のコメントは以下の通り。 なお、同大会はA席が完売。また、浜松アリーナの駐車場利用については、プレイガイドにて「RIZIN.21駐車券」(千円)の購入が必要(※大会当日販売は無し)となることも発表されている。 ◆中井祐樹「柔術の素晴らしさを感じて」 「現役選手と手を合わせられる機会をいただき感謝しています。チームの皆も普段からの稽古の成果を思い切りぶつけられる良いチャンス。観客の皆さんには柔術の素晴らしさを感じて下さい」 Yuki Nakai身長:170cm/体重:70.0kg/出身:北海道/パラエストラ代表/帯色:黒帯 ◆エジソン篭原「柔術の素晴らしさ、楽しさを世間に広めたい」 「このような機会を与えていただき、サトシ選手ならびにRIZINには誠に感謝しています。柔術という競技の素晴らしさ、楽しさを少しでも世間に広められるよう、このチャンスを無駄にせず、精一杯頑張りますので宜しくお願い致します」 Edison Kagohara身長:160cm/体重:66.0kg/出身:ブラジル/OverLimit Jiu Jitsu Association所属/帯色:黒帯 ◆重水浩次「障がいがあってもチャレンジ出来る柔術の無限の可能性を披露したい」 「わたしは、生まれつき左腕が麻痺しており、自由に動かすことが出来ない障がいを持っています。そんな自分でも、柔術は出来ます。左腕の代わりに足を使い、頭を使い、自分だけの柔術を作ってきました。そして、諦めずに柔術を10年以上続けてきたことで、今回憧れのRIZINのリングに上がるチャンスをいただきました。障がいがあってもチャレンジ出来る柔術の無限の可能性を、当日披露できればと思っております」 Koji Shigemizu身長:162cm/体重:59.0kg/出身:鹿児島県/トラスト柔術アカデミー鹿児島所属/帯色:紫帯 ◆品川 祐「柔術を始めるのに年齢なんて関係ない」 「一流のサトシ先生とたくさんの観客の前でエキシビションマッチをさせていただけるなんて光栄過ぎる。柔術を始めるのに年齢なんて関係ない。僕みたいな47歳の白帯でも動けるところを見せたいです」 Hiroshi Shinagawa身長:170cm/体重:70.0kg/出身:東京都/色帯:白帯 ◆木村由菜「サトシ先生の胸を借りるつもりで」 「相手は黒帯なのでサトシ先生の胸を借りるつもりで頑張ります」 Yuna Kimura身長:153cm/体重:47.3kg/出身:神奈川県/アラバンカ柔術アカデミー所属/帯色:オレンジ帯 【柔術エキシビションイリミネーションマッチ】 試合時間:10分 勝敗:試合時間内にサトシが「チーム中井」の5人全員から一本取れば、サトシの勝ち。「チーム中井」の5人のうち誰かがサトシから一本取るか、もしくは一人でも残ればサトシの負け。サトシに一本取られた人は順に抜けていく「柔術エキシビションイリミネーションマッチ」。ロープ際で動けなくなったり、一本取られて交代する時はタイムストップがかかり、タイマーが止まる。※消極的な試合運びには警告および失格も。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事