キックボクシング
レポート

【RISE】鈴木真彦が圧倒的な攻撃力を発揮して良星をKO初V、原口健飛が初回KOで新王者になり白鳥大珠へ宣戦布告、トーナメント優勝は直樹

2020/01/13 19:01
「RISE 136」2020年1月13日(月・祝)東京・後楽園ホール ▼メインイベント(第9試合)RISEバンタム級(-55kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R〇鈴木真彦(山口道場/王者)[4R 2分49秒 TKO]※セコンドからのタオル投入×良星(平井道場/挑戦者・同級1位)※鈴木が初防衛に成功。  鈴木は軽量級離れしたパンチ力と卓越したテクニックで、昨年11月の両国国技館大会でトーナメントを制して那須川天心が返上したバンタム級のベルトを獲得。昨年9月には無敗の初代RISEスーパーフライ級王者・田丸辰に初黒星を付け、2015年8月の『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント』で那須川天心に敗れて以降、連勝記録を重ね5年間無敗、17連勝という驚異の記録を打ち立てている。  良星は昨年9月、鈴木にプロ初黒星を付けられた初代RISEスーパーフライ級王者・田丸辰と同門の兄貴分で、スピードを活かした常に動き回るアグレッシブなスタイルで会場を沸かせる。得意技はハイキック。鈴木とは2018年7月のRISEバンタム級王座決定トーナメント1回戦で初対戦し、両者ノンストップのハイスピードバトルを展開し、良星が判定で敗れたものの鈴木を手こずらせた。また、2019年4月には『KNOCK OUT』にも参戦し、かつて那須川天心と戦った軽量級日本トップクラスの宮元啓介にヒジ打ち、首相撲ありのルールで勝利を収めている。  1R、最初から圧力をかけて前へ出る鈴木。右ストレート、左右ボディとスピードのあるパンチを当てていく。良星も強気に打ち合い、離れると蹴りを繰り出していくが、鈴木はコンビネーションパンチを決めていく。良星のパンチをかわした鈴木はボディへヒザを突き上げ、すぐに右ストレート。流れるようなコンビネーションを繰り出す。  2R、鈴木は強い右ローを蹴ったと思ったらワンツー。一気に前へ出て左ボディブロー。その鈴木に右ハイを合わせた良星だが、鈴木はニヤリと笑う。左フック、右ストレートとパンチがヒットすると一気に連打で詰める鈴木。ローからワンツーの連打、そしてヒザ蹴りと攻撃の手が止まらない鈴木に良星もパンチで反撃するが、ほとんど手を出す暇もないほど鈴木の攻撃が続く。  3R、グイグイと圧力をかけて前へ出る鈴木。左右ボディ、ヒザ蹴り、ワンツーの連打、左フックと攻撃を続け、良星はもらっても倒れないがほとんど手を出せない。残り10秒、左フック、右ストレートでラッシュを仕掛けた鈴木。良星は右頬をカットして流血し、ドクターチェックを受ける。  4Rもグイグイと前へ出る鈴木が左フックと右ストレート、左ボディを当てていく。どんどん前へ出てパンチを叩き込んでいく鈴木だが、良星は立ち続ける。頬からの流血がひどくなり、良星は2度目のドクターチェック。再開後も追い回す鈴木に何とか一矢報いようとパンチを出す良星。  しかし残り10秒を切ったところで、鈴木の右ストレートが炸裂。良星は自軍のコーナーへ吹っ飛ぶように倒れる。良星のセコンドからタオルが投入され、鈴木のTKO勝ちが決まった。  鈴木はマイクを持つと「今年、僕自身初の試合でRISEも一発目の大会やったので、しっかりKOで締められてホッとしています。良星選手も一度対戦した時から勝ち上がってきて気持ちを見せてくれたので、僕自身も気持ちのいいファイトができました。大阪から応援してくれる人や東京の人も応援してくれるようになって、めちゃくちゃ力になっているので、アジアトーナメントは僕が優勝するので会場へ来てパワーをください」と、4月から開幕するアジア・トーナメントも制覇すると宣言した。 ▼セミファイナル(第8試合)第6代ライト級(-63kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R×秀樹(新宿レフティージム/同級1位、K-1 REVOLUTION FINAL -65㎏級世界王者)[1R 2分23秒 KO]※右フック〇原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/同級2位、Road to RIZIN KICK Tournament優勝)※原口が第6代王座に就く。  秀樹はフィジカルの強さを活かしたパワフルな打撃でRISEライト級のトップクラスに君臨。2019年2月には白鳥大珠と第5代ライト級王座決定戦を争っている(白鳥がTKO勝ち)。また、『KNOCK OUT』のスーパーライト級トーナメントでも準優勝を果たした。  対する原口は幼少期から空手を学び、17歳でプロボクシングデビューすると2016年西日本新人王戦で準決勝まで勝ち上がった。2017年にキックボクシングに転向するとデビュー2戦目でACCELフェザー級王座を奪取。RISE参戦後はライト級トップクラスの北井智大、RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リーなどに連戦連勝。さらに昨年11月にはイノベーション岡山大会に参戦し、元KNOCK OUTライト級王者・森井洋介をもTKOに破り、国内トップの実力を証明した。  この試合はライト級王座に加えて2020年4月より開幕する『RISE WORLD SERIES 2020 -63kg Tournament』への出場権も懸かっており、勝った方が総どりすることができる。  1R、両者サウスポー。序盤はローの蹴り合いとなり、残り2分になると秀樹が飛び込んでのフックを繰り出し始める。試合がアグレッシブに動き始めたかと思われたその時、秀樹のフックをかわした原口の右フックがヒットし、秀樹はダウン。立ち上がろうとするも足がもつれ、レフェリーが試合をストップ。衝撃の一撃KO決着となった。  ほとんどダウンしたことがない秀樹をキレのある右フックで初回KOに下した原口は「チャンピオンになったら言いたいことがあって。僕19歳の時に結婚して2人の娘がいます。チャンピオンになったら言おうと思っていました。今こうやってチャンピオンになれて2人の娘にとって自慢できる父親になれたと思います」と、涙ながらに語る。  続けて「今日は予想外の展開で勝っちゃいました。あとは王子に喧嘩を売りたいと思います。僕の方が強いと思うので、いつまでもチャンピオン面してるんじゃないぞと言いたい。トーナメントの抽選、僕は1回戦で指名するので王子も僕を指名してください」と、白鳥大珠に宣戦布告。  するとテレビの解説を務めていた白鳥がリングイン。マイクを持つと「原口選手おめでとうございます。僕はあまり言ってなかったですが、原口選手のことは純粋に強いと思っていたので、今日こんな試合を見せられてやらないわけないでしょう。1回戦でやろう。4月、大阪でやろう」と1回戦での対戦を受諾した(トーナメント組み合わせは抽選で行われる)。 [nextpage] ▼第7試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント決勝 3分3R延長2R×北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)[2R 2分50秒 TKO]〇直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/ライト級4位、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)※直樹がトーナメント優勝。WSへの出場権を獲得。  2020年4月より開幕する『RISE WORLD SERIES 2020 -63kg Tournament』への出場権を懸けたワンディトーナメントの決勝戦は、北井と直樹で争われることになった。  1R、前へ出るのは北井。右ローを蹴ってパンチを振るう北井に、直樹はパンチをかわしてパンチを打ち込む。北井の手数と右ストレートに直樹は的確なジャブで対抗。北井のパンチをガードして左フックを叩き込む。  2R開始と同時に仕掛けていくのは北井。打ち合いとなり、お互いに相手の頭をはげあげるが、直樹のパンチが思い。ヒザ蹴りも混ぜる直樹。次第に直樹の右を被弾する場面が増える北井。左右のショートが入ったところでレフェリーがダウンを宣告する。 北井のパンチをかわし、的確に左右フック、右ストレート、右アッパーをヒットさせていく直樹。連打からの左フックでダウンを追加し、最後に北井が血しぶきをあげながらガムシャラに打ち合いに行くが、直樹の左フックが入って北井がグラついたところでストップ。直樹が2試合連続KOでトーナメントを制した。  直樹はマイクを持つと「マイクを持ててよかった。僕はこれで2つKOしたので時間巻いたので長めに喋ってもいいですかね。今日成人の皆さんおめでとうございます。これで僕、次4月から始まる世界トーナメントの代表に決定しました。次、大阪で遠いですけど応援来てくれるでしょう? 世界トーナメント必ず優勝するので応援よろしくお願いします。この後、僕の階級のタイトルマッチですが、俺抜きでタイトルマッチやっているのおかしいでしょう。今年中に世界トーナメントとRISEの60kgのベルトを獲ります」と、思いつくままにマイクで語った。 ▼第6試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R〇志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)[判定2-0]※29-29、30-29、30-29×京谷祐希(山口道場)  志朗はジュニアキックを経て2009年8月にタイでプロデビュー、翌年1月に国内でプロデビューを果たした。新日本キックボクシング協会で活躍し、2016年1月にはISKAムエタイ世界バンタム級王座を獲得し、2度の防衛に成功している。2018年11月からは「打倒・那須川天心」を掲げてRISEに参戦。9月の「RISE WORLD SERIES」-58kg級決勝戦でついに実現したが、判定3-0(30-28×3)で敗れた。今回はそれ以来の再起戦となる。  京谷は強打と当て感の良さで連戦連勝。2010年に『DEEP☆KICK』で皇治と対戦し、当時無敗だった皇治に初黒星を付けた。2012年6月には『Krush』で武尊と対戦し、当時5戦5勝の武尊から2度のダウンを奪った末にドクターストップでTKO勝利、武尊にプロ唯一の黒星を付けている。2016年10月には『HOOST CUP』にて玖村修平からも勝利を収めるなど実力者ぶりを発揮。その後、怪我のため試合から離れたが今年9月のRISEで約3年ぶりに復帰。いきなりRISEバンタム級8位・金子梓をKOした。  志朗は2020年4月から開幕する『RISE ASIA SERIES 2020 -55kg Tournament』に出場が決まっているが、京谷はその前哨戦というにはかなりの難敵。注目カードの実現となった。  1R、サウスポーの京谷に対し、左へ回り込んでいく志朗。お互い慎重で手数はあまり出ない。志朗がミドルを蹴ると京谷はパンチを合わせに行くが志朗はブロックする。  2R、志朗の蹴りに左フックを合わせにいく京谷が、ローをフォローしたところでローブローになり一時中断。再開後も志朗の攻撃に必ずパンチを合わせにいく京谷。志朗もガードは堅く当てさせない。その展開が続く。  3R、志朗が強いミドルを蹴ると京谷は3連打、これをガードした志朗が右ストレートを放つと京谷がバランスを崩す。さらに左ミドルを強打していく志朗。左ミドルの数を増やす志朗に対し、京谷はローを蹴るも攻めあぐねた状態。最後に京谷の右フックに志朗が左フックを合わせて試合終了。  最終Rにしっかりとミドルキックを当ててポイントを取りに行った志朗が、判定2-0で勝利した。 [nextpage] ▼第5試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R×宮崎就斗(TARGET/同級4位)[判定0-2]※30-29、29-29、30-29〇澤谷大樹(HAWK GYM/同級6位)  1R、サウスポー同士。宮崎得意のローに澤谷はワンツーや左フックを合わせに来る。宮崎はそのパンチをブロックしながらのロー。2Rになると澤谷はパンチの手数を増やし、左フックをヒットさせていく。宮崎はパンチで切り込んでいくが、澤谷がジャブで出鼻を捉えたり、蹴り足をつかんでからの攻撃などで宮崎にペースをつかませない。  3R、澤谷はパンチの数を増やし、宮崎も打ち合いに応じる。澤谷はそれをかわしてのパンチを的確に入れ、カウンターも奪う。どうにか流れを引き寄せたい宮崎だが波に乗る澤谷が攻撃をかわしての攻撃を当てに行く。判定3-0で格上の宮崎を喰った澤谷はリング上で大喜びした。 ▼第4試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R〇SEIDO(Lara-Tokyo/同級13位)[判定2-0]※30-29、29-29、29-28×中澤良介(TRY HARD GYM/同級16位、2019年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝)  1RからSEIDOは回り込みながらコツコツとローを蹴り、中澤はボディを交えたコンビネーションパンチで対抗。中澤はパンチとヒザ蹴りでボディを攻めるが、SEIDOは一歩も退かずローを蹴り、飛び込んでのフックを繰り出す。乱戦模様になるとSEIDOが底力を発揮して手を繰り出し、判定2-0で17歳若い中澤を退けた。 [nextpage]▼第3試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント 3分3R延長1R〇直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/ライト級4位、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)[3R 2分50秒 TKO]※パンチ連打×山口侑馬(山口道場/スーパーライト級1位、元Innovationライト級王者、元DEEP☆KICK 60kg級王者)※直樹が決勝戦へ進出。  直樹は伝統派空手出身で、独特の間合い操作と当て感の良さでRISEライト級の上位選手として長く活躍。タイトル挑戦まであと一歩まで迫ったり、RISEのメインイベントも務めたりと主力選手の一人だ。2019年7月大会では『KNOCK OUT』で活躍した元J-NETWORKライト級王者・前口太尊を1RでKO、9月にはK-1 WORLD MAXで活躍した松本芳道を接戦の末に破った。  山口は大阪山口兄弟の弟で、Innovation、DEEP☆KICK 60kg級でタイトル獲得経験を持つ。近年はKNOCK OUTで活躍し、兄同様の倒すか倒されるかのド突き合いファイトを展開。2019年7月の後楽園ホール大会で、4勝4KO無敗のホープ森香津眞を2RにKOで仕留め、9月にはRISEスーパーライト級王座決定戦へ進出したが山田洸誓にKO負けを喫している。  1R、序盤から大きなパンチで仕掛ける山口に直樹はガードを固めつつ左フック、右ストレートを当てに行く。直樹は山口の空振りを誘って返しのフックを当てていき、ハイキックで脅からす。山口は左ボディを決めるが、頭部へのパンチは直樹が薄笑いを浮かべながらかわしていく。  2R、直樹は山口のローに右ハイを合わせ、ストレートのようなジャブを打ち込む。必ず山口のパンチに合わせるか、打ち終わりに当てに行く直樹。左フックでグラつかせるが、山口はパンチを出して前へ出る。残り30秒で打ち合いを挑む山口だったが、当たるのは直樹のパンチばかり。それでも山口は倒れない。  3Rもカウンターを狙い続ける直樹。右ストレート、左フックをまともにもらってグラつきながらも倒れない山口。左目が大きく腫れあがる山口は前へ出て打ち合いに行くが、左フックをもらってついにダウン。それでも前に出る山口だったが、直樹の連打をもらってグラついたところでレフェリーがストップ。直樹がTKO勝ちで決勝進出を決めた。 [nextpage] ▼第2試合 RISE WORLD SERIES 2020 -63kg出場決定トーナメント 3分3R延長1R〇北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)[2R 2分16秒 KO]×高橋一眞(真門ジム/NKBライト級王者)  北井はチームドラゴンのニューリーダーとしてRISEで活躍。後半戦の強さを活かして勝利することが多く、パンチでの猛攻で逆転勝利を飾ってきた。RISE随一の激闘派として、RISEのメインイベントを任される主力選手の一人だ。2019年9月にはKNOCK OUTで活躍した水落洋祐を迎え撃ち、初回KOでRISEの門番的役割を果たした。  高橋は日本キックボクシング連盟の看板・高橋三兄弟の長兄で、“怒突き合いお兄ちゃん”の異名通り常にド突き合いのファイトを展開。16勝のうち13勝がKOという倒し屋だ。近年は『KNOCK OUT』にも参戦していたが、2019年7月にRISE初参戦。RISEライト級3位・麻原将平を判定で下している。 1R、高橋は距離を保って左インローと左ミドル、北井のパンチはよく見えている様子でかわす。中盤になると北井が飛び込んでの左右フックから、高橋にロープを背負わせての右ストレートをヒットさせる。パンチで詰めて一気に打ち合いへ持ち込もうとする北井だが、高橋はブロックして右ストレートを返す。  2Rが始まってすぐ、吹っ飛ばすような右ストレートで北井がダウンを奪う。詰める北井にヒザで反撃する高橋だが、北井は構わずどんどん詰めて左フック、右アッパー、右ストレート。クリンチで逃れようとする高橋に、北井は自らコーナーを背負ってパンチを誘う。高橋はワンツー、ヒザ蹴りで攻め込むが、体勢を入れ替えた北井の左フックでゆっくりとマットに崩れ落ちた。北井がKOで決勝進出を決めた。 ▼第1試合 ライト級(-63kg)3分3R×畑中健太(蹴空ジム)[3R 1分18秒 KO] ※右フック〇KENTA(HAYATO GYM/JAPAN CUP 2016 -65㎏級優勝)  1R、さっそくの打ち合いのなか右フックでKENTAがダウン。猛然と左右フックで襲い掛かる畑中にKENTAも右ストレートで勝負を懸ける。その右がヒットし、ボディへのヒザが突き刺さると畑中が急速にスローダウン。KENTAの右ハイ、左右ストレートで畑中が棒立ちとなったところでスタンディングダウンが宣告される。  2R、拳を痛めたのかほとんど手が出なくなった畑中にKENTAが右フック 2連打でダウンを追加。畑中はほぼノーガードでKENTAの攻撃をもらう場面も。  3R始まってすぐ、畑中の左フックに右フックを合わせてダウンを追加するKENTA。クリンチからの離れ際にKENTAが強烈な右フックを打ち下ろし、畑中が前のめりにダウン。KENTAが逆転KOに成功し、会場を大いに盛り上げた。 ▼オープニングファイト第2試合 -61kg契約 3分3R〇齋藤奨司(FIGHT FARM/2018年KAMINARIMON全日本大会-65kg級優勝・大会MVP)[1R 2分40秒 KO]※右ボディブロー×KAZUMA(KASHIMA DOJO)  1R、齋藤が左右ボディから右ヒザを突き上げてダウンを奪う。以後もパンチとハイキックで齋藤が圧倒し、左フックからの右ボディでしゃがみ込むようにダウン。齋藤のKO勝ちとなった。 ▼オープニングファイト第1試合 バンタム級(-55kg)3分3R×七海貴哉(G-1 TEAM TAKAGI)[3R 1分17秒 KO]※右ストレート〇大森隆之介(EX ARES/JAPAN CUP 2019 -60kg級優勝)  2Rに左右ストレート連打からの右フックでダウンを奪った大森だったが、仕留めにいったところで逆に右ストレートをもらってダウンを奪い返される。しかし3Rに大森が連打からの右ストレートで倒し切り、KOでデビュー戦を飾った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント