GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KRUSH】菅原美優、来春からは“戦う美容師”になって「いつかベルトに挑戦したい」

2019/12/16 16:12
【K-1 KRUSH】菅原美優、来春からは“戦う美容師”になって「いつかベルトに挑戦したい」

美容学校を卒業し、来春からは美容師とキックボクサーを両立させる菅原

2019年12月15日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『K-1 KRUSH FIGHT.109』の一夜明け会見が、16日(月)都内にて行われた。

 第2試合のK-1 KRUSH FIGHT女子アトム級2分3R・延長1Rで、元NJKFミネルヴァ・アトム級王者C-ZUKA(T-GYM)を判定3-0(30-28、30-27、30-28)で破り、プロ戦績を3勝1敗とした菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。


「初めての本戦出場で今までで一番落ち着いて試合が出来て、3R考えながら試合ができたと思います。今回の試合でと言うよりも1年でいろいろなことがあって、デビュー戦では行きすぎて疲れることを勉強して、2攻目はプロの厳しさを学んで、3戦目は近い位置での戦い方を研究して。今回は遠い距離の選手とやって勉強して、一年を通していろいろなことを勉強できたと思います」


 デビュー前からAbemaTVのドキュメンタリーで取り上げられるなど、注目度が高い菅原。そのことでプレッシャーも感じていたのではとの質問には「最初はプレッシャーもあったけれど2戦目で負けて。それでも応援して下さる方がいて練習してくださる先輩方がいて、いろいろなことに気づいて、それからはプレッシャーとかはなくて純粋に格闘技を楽しくやれるようになりました。今回も今まで以上に楽しんでできたので、AbemaTVさんのおかげで楽しさを学んだと思っています」と、注目が力になったと振り返る。


 同門の先輩である第2代・第4代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)がセコンドに就き、「今までで一番褒めてもらいました。KANAさんにバトンをつなげるとのモチベーションが大きくて、つなげたいとの気持ちでした。試合前なのにセコンドに就いてもらえてサポートもしてもらって、KANAさんが褒めてくれて勝ったことを喜んでもらえてよかったです」と笑顔を輝かせる。


 今回の勝因は「練習したことがやっと出せました。今まではできないことを練習していたんですが、今回はできることを伸ばす練習をしてきました。それで自分が得意なのを使えた部分はありましたね。私はパンチよりも蹴りの方が得意なので、いっぱい使えたと思います」と、パンチにこだわらず得意の蹴りを出せたことだとする。


 2020年の目標を聞かれると「ベルトが欲しくて目標ではありますが、まだ練習環境を整えていないので。来春学校を卒業するので練習時間をとっていろいろな人と試合をして経験を積んでステップアップして、いつかベルトに挑戦したいと思います」と、まずは練習環境を整えて強くなったらタイトルマッチに挑戦したいとした。

 通っている美容学校は来春に卒業。その後は「サロンワークはやりたいので両方やります。応援してくださる方が練習しながら美容師もできる環境を作ってくださって。美容師をしながら格闘技をやれる人はあまりいないと思うので、両方できるなら一生懸命頑張ろうと思います」と、今後は“戦う美容師”として頑張っていきたいとした。



◆『K-1 KRUSH FIGHT.109』の全試合結果はこちら

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事