K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KRUSH】レオナ・ペタスがKO防衛で武尊に宣戦布告、弟・虎於奈も牧平圭太をKO

2019/12/15 22:12
【K-1 KRUSH】レオナ・ペタスがKO防衛で武尊に宣戦布告、弟・虎於奈も牧平圭太をKO

打ち合いに来た山本を迎え撃ち、マットに沈めたレオナ

「K-1 KRUSH FIGHT.109」
2019年12月15日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/王者)
KO 2R 2分08秒 ※3ノックダウン
×山本直樹(優弥道場/挑戦者)
※レオナが初防衛に成功。


 レオナは“石の拳”と称される強打を武器に、大雅、山本真弘、朝久泰央らを撃破し、今年6月のK-1ではK-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準優勝(優勝は武尊)の実績を持つ小宮山工介をもKOした。9月16日の『K-1 KRUSH FIGHT.105』で西京佑馬を下し、第9代王座に就いたばかりで今回が初防衛戦。戦績は25勝(10KO) 5敗1分。


 山本はK-1 WORLD MAXで活躍した山本優弥の弟で、2015年4月にプロデビュー。兄と同じくパンチ&ミドルキックのスタイルで、日本vs中国の対抗戦では2年連続でワン・ジュンユーに勝利している。戦績は9勝(3KO)6敗1分。


 1R開始と同時に山本は意表を突き、パンチで一気に襲い掛かる。この猛攻に飲み込まれるレオナだが、いつも通り距離を取って前後にステップを踏み始めると、右フックの3連打でダウンを奪う。その後も山本はパンチでラッシュを仕掛け、レオナも打ち合いに応じる。


 2Rも前に出て右ストレートを中心にパンチを放ってくる山本に、、レオナは右フックでグラついた山本を右ミドルで転倒させてダウンを奪うと、ジャブで距離を取りながら打ち合い、両者フルスイングのパンチを交差させる。右のショートでレオナがダウンを追加、そしてまたも打ち合いになりレオナのパンチとヒザ蹴りで山本が倒れ込んだところでストップ。


 KO勝ちで初防衛に成功したレオナはマイクを持つと「僕、やっぱ強いでしょ。弟も強いでしょう。僕の後にこのベルトを渡すつもりはないし、弟も次はタイトルに挑戦したいと言っているので、弟の一歩先を行きたいと思っていて。武尊選手、Krush王者としてK-1王者のベルトを懸けて戦ってもらえないですかね? 僕、K-1のベルトをかあちゃんが元気になれるように獲りたいのでやってもらえると嬉しいです。武尊選手、中村プロデューサー、待っています」と、武尊に挑戦をアピールした。

▼セミファイナル(第7試合)K-1 KRUSH FIGHTウェルター級 3分3R・延長1R
×牧平圭太(HALEO TOP TEAM/第3代K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者)
KO 2R 2分48秒 ※左フック
〇加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)


 牧平はサウスポーから繰り出す蹴り技を武器にKRUSHのトップ戦線で活躍。2014年4月に山本優弥を破り、王座に就いた。2015年7月に開催された初代K-1スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントでは一回戦で強豪ディラン・サルバドールを撃破。日本人として唯一のベスト4進出を果たした。KRUSH王座は2016年1月の防衛戦で敗れて失い、その後は連敗が続いたが2017年3月にKENJIからTKO勝利を奪うと再び波に乗った。前戦は4月に松岡力に敗れ今回が再起戦。戦績は20勝(7KO)14敗2分。


 対する加藤はレオナ・ペタスの弟で、2017年12月にKRUSHでプロデビュー。左右どちらにも構え、豊富な運動量で動き回る独特な戦い方で戦績は3勝(2KO)2敗。前戦は7月の日本vs中国対抗戦で敗れ、同じく今回が再起戦となる。


 1R、加藤が左右に構えを変えながら変則的な動きでパンチと蹴りを出す。牧平は左ミドルで応戦し、加藤のローに左ストレートを合わせてダウンを奪う。それでも加藤は細かく手を出しながら前進し、左ストレートでダウンを奪うが、これはゴング後と判断されてノーカウント。


 2R、まだダメージが残る牧平だが、ロー、ヒザ蹴り、左ストレートで加藤の手数に対抗する。加藤はパンチを次々と繰り出し、左ハイがかすめると牧平はバランスを崩す。そこへ加藤がパンチをまとめて左フックでダウンを奪い返す。


 最後も左右フックの連打で牧平をダウンさせた加藤がKO勝ち。激闘にピリオドを打った。


 加藤はマイクを持つと「まさか倒れるとは思思わなかったです。面白かったですね。弟がこんな感じで勝ったので兄ちゃんもやってくれるでしょう。次、元チャンピオンをKOしたってことで化け物ですが木村選手、タイトルマッチをお願いします」と、木村“フィリップ”ミノルに挑戦状を叩きつけた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事