GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】メインは安保瑠輝也vs挑戦者ゲーオ、女子トーナメント決勝がセミ=12・28名古屋の全対戦カード&試合順決定

2019/12/14 22:12
【K-1】メインは安保瑠輝也vs挑戦者ゲーオ、女子トーナメント決勝がセミ=12・28名古屋の全対戦カード&試合順決定

ゲーオ(左)と安保の王者と挑戦者の立場を入れ替えたダイレクトリマッチがメインに

2019年12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』の全対戦カード&試合順が発表された。

 今大会では本戦15試合+プレリミナリーファイト5試合の合計20試合が組まれ、メインイベントはK-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチの王者・安保瑠輝也(team ALL-WIN)vs挑戦者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)。

 両者は今年6月のK-1両国国技館大会で対戦し、この時は王者ゲーオに安保が挑戦する形で、延長戦に及ぶ接戦の末に安保が判定勝ちして王座を奪取した。立場を入れ替えてのダイレクトリマッチは両選手からの再戦アピールがあり、今回は完全決着戦。


 セミは「K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント」の決勝戦。第2代・第4代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)vs ISKA女子世界-48kg級王者クリスティーナ・モラレス(スペイン)が第3試合、IFMA世界女子フライ級王者ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン)vs第3代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者メロニー・ヘウヘス(オランダ)が第4試合で行われ、その勝者がK-1史上初の女子王座を争う。


 第13試合はK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(POWER OF DREAM)が、ラジャダムナンスタジアム認定スーパー・バンタム級4位、ルンピニースタジアム認定同級4位スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ)と対戦する注目の一戦。


 第12試合は、この試合が2019年全KO勝ち、6連続KOがかかるK-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)が、WMCムエタイ-67kgイギリス王者マーセル・アデイエミ(イギリス/ナイジェリア)と対戦。


 そして第11試合は名古屋が生んだ“天才”第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者・野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs2016年WFCA -68kgヨーロッパ王者&2015年WFL -65kg王者ハッサン・トイ(トルコ)、第10試合は大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vsスタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)、第9試合は元WBCムエタイ世界スーパー・ライト級王者の大和哲也(大和ジム)vs KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者・不可思(クロスポイント吉祥寺)となっている。

◆全対戦カード&試合順はこちら

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事