AbemaTVAbemaTV
空手
レポート

【極真会館】上田幹雄が16年ぶり空手母国の日本に世界王座を奪還、女子は永吉美優が世界女王に

2019/11/24 23:11
【極真会館】上田幹雄が16年ぶり空手母国の日本に世界王座を奪還、女子は永吉美優が世界女王に

昨年の全日本王者で24歳の上田が日本に世界王座を取り戻した

極真会館「第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」
2019年11月24日(日)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ

4年に一度開催される階級無差別の『第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会/2019世界女子空手道選手権大会』が11月22日(金)に開幕し、24日(日)に決勝日を迎えた。

 初日にトーナメント1回戦、2日目に2回戦と3回戦、そして決勝日には4回戦から決勝までが行われた。


 最初の波乱は5回戦第1試合で起こった。日本の“四強”の一角である鎌田翔平(日本/東京城西支部)が、4回戦で安島喬平(日本/茨城支部)を後ろ蹴りで破ったイゴール・ザガイノフ(ロシア)に延長戦で左上段廻し蹴りをもらい一本負けを喫したのだ。

 もう一人の四強、荒田昇毅(日本/千葉中央支部)も準々決勝で姿を消し、準決勝はザガイノフを降したオレクサンダー・イエロメンコ(ロシア)vs高橋佑汰(日本/東京城北支部)、アンドレイ・ルジン(ロシア)vs上田幹雄(日本/神奈川横浜北支部)に。


 そして決勝はイエロメンコと上田で争われ、延長2回を戦っても決着がつかず。勝敗は試割り判定(4回戦前に行われる、正拳・足刀・ヒジ・手刀の4種類の技で板を割り、その合計枚数を得点とする)に。上田が23枚、イエロメンコが17枚で上田の優勝が決定した。

 日本代表選手が優勝したのは、2003年に開催された第8回大会以来で実に16年ぶりの快挙。空手母国である日本に世界王座を奪還した。


 また、女子は海外勢との体格差をものともせず、永吉美優(日本/東京城西世田谷東支部)と佐藤七海(日本/東京城西国分寺支部)が決勝へ進出。こちらも延長2回で決着がつかず、試割り判定で永吉が初優勝を飾った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事